停導士の引き籠もり譚

山田 武

練習結果を見てみよう



王城 自室


「……ハァ。疲れた疲れた」

 ベットにダイブしてぐったりとするが、日本のベッドより硬いから気持ち良くない。
 ……文明チート(睡眠関連)が来れば良いのにな~。

 あれから俺は、ワコとかいう女子と一緒にスキル習得の特訓を行った……ということも無く、単独で弓を使って遊んでいた。
 俺も最初は二人でやらされるのか、面倒だな~と思っていたのだが、ワコとかいう女子は俺が来る前に(投擲)を習得したらしい。
 ……異世界補正、凄いんだな。

 その為彼女は投擲トリオが向かった場所へと自身も行き、俺は一人ぼっちになって自由であったというワケだ。

 (神聖武具術)の補正もあってか、俺も直ぐに(弓術)を習得した。
 そして、最後まで弓で遊んでいたお蔭で(狩弓術)も習得できたよ。
 狩弓を使っていると、狩弓専用のスキルも派生してできるんだと俺は思っていたが……ミルによると、派生は直ぐにはできないものらしい。

 確かに異世界人のスキル習得速度は速いらしいのだが、派生スキルは選ばれた者だけができるもので、才能の壁によって異世界人でもできないことがあると教えて貰った。

 ……俺に弓の才能は特にないだろうから、きっと(神聖武具術)の力だよな。

「ステータスオープン」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ステータス
名前:イム・トショク (男) 
種族:異世界人Lv4 職業:【停導士】Lv2

状態異常:催眠

 HP:230/130 
 MP:47/130 
 AP:172/130 

 ATK:60
 DEF:61
 AGI:60
 DEX:62
 INT:62
 MIN:61
 LUC:0

通常スキル
(言語理解)(鑑定)(精神魔法)(儀式魔法)
(魔法知識:制限)(回眠)(限界突破)
New
(弓術)〔+(狩弓術)〕(集中)(鷹の目)
(付与魔法)(魔力操作)(身体強化)

唯一スキル
【停導士】
\(催眠魔法)(過剰睡眠)(意識遮断)(解析夢)〔+(龍躯強化)(付与魔法)(神聖武具術)〕

祝福
(地球神の加護)(睡眠神の加護)

称号
『召喚されし異界の魂』『限界を超えし者』
『【■■】に選ばれし候補者』『眠り王子』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 今回の練習で最もな成果は、Newの方に記されている(付与魔法)である。
 ……そう、武器に掛けられた呪いのような効果を、俺は(付与魔法)を発動することで打ち消したのだ。
 なんとなくで取った(付与魔法)だが、(魔法知識:制限)のお蔭でどうにかする方法を見つけられた。
 そして、それを維持し続けていると……習得できたのだ――クラスメイトのチートを。

 まぁ、さっき説明した(弓術)と同じような理由だろう。
 今回は同じスキルそのものを生じしていたからこそ、コピーができた。
 ただそれだけだろう。
 とある創作物では一度消失したスキルは、前に使用した時よりもLvが向上し易いというシステムがあった。
 多分それと似たようなことなんだろうな。

 ――(限界突破)も前にコピーできたが、案外そういう理由なのかもな。

 後は、弓で遊んでた時に習得したスキル(集中)と(鷹の目)、(龍躯強化)を試した結果手に入れたスキル(魔力操作)と(身体強化)だな。

 どこにてようかと悩んでいると、(集中)が手に入った。
 意識すると頭の中が冴え渡っていき、より一層弓が上手くなったよ。

 その(集中)を目に籠めると、今度は(鷹の目)を習得した。
 視界をズームできるようになって、覗きもできるようになったな。
 ……面倒だし、やらないけど。

 また、(龍躯強化)を発動させた状態で同時に(集中)を使用すると、体の中で動く変なものを掴めた。
 それを適当に動かすと(魔力操作)が、体に循環するように動かすと(身体強化)を習得できたよ。

「でも、やっぱり(神聖武具術)はまだまだ駄目だよな~」

 なにせ【勇者】様のスキルだ。
 敵対者に簡単にコピーされるような代物ならば、殆ど意味も無いだろうしな。
 全武具の統合スキルでもあるし、コピーにはかなりの時間が掛かると思われる。
 同じく龍のスキルである(龍躯強化)も、相当掛かるんじゃないか?
 こっちに関してはもう保持者が死んでるんだし、早く習得しないと……夢って、いつまでも保存できるんだっけか?
 コピーは、自分がそれで苦労することは無いんだろうから別に待つことは良いのだが、そうなるとコピーできるスキルが一つに絞られてしまう。

「何か良いスキルは無いかな~」

 手に持った紙――クラスメイトの鑑定結果が書かれた物を見ながら、そう思う。
 きっと誰かは(隠蔽)をしていると思うが、寝れば使える(解晰夢)を使えばそれも暴けるしコピーできるだろう。

「偽装系のスキルも良いし、収納系のスキルも欲しいな~。それがあれば、もっと俺は誤魔化す為の手札が増える」

 偽装系は言わずもがな、ステータスを偽装して隠す為だ。
 収納系は食事をそこに溜め込めるし、どんな時でも武器を隠し持つことができる。

「う~ん、どれにしようか……まぁ、寝てから考えるか」

 とりあえず、夢の世界でそれは決めることにした俺は、前回同様にスキルや称号を強く念じて寝ることにした。


「停導士の引き籠もり譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く