話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

最強転生者の異世界無双

mizuki

ゴブリン討伐

ゴブリン討伐のために再び門を出て森に来たわけだが、俺の出身地の森より魔物が少なく、なかなか見つからない。あの森なら散歩すれば、魔物に会うぐらい多かったのに。そう思っていると、前の茂みが揺れた。いや、まあ気配で分かっていたんだが、こういうのはノリだからな。

「グギャッグギュグギュ!」
「グギーグガッグギュ」

気持ち悪っ!え、何?こんなに気持ち悪いの?ゴブリンって。緑の肌の動く汚物じゃねえか!言葉もなんかうめき声みたいだしなあ。

「ま、とっとと倒して帰りますか!」

ゴブリンの数は4匹。そのうちの1匹は筋肉が発達しているが問題ないだろう。だが、知能の低い魔物は力に依存することが多い。あのゴブリンがこいつらのリーダーと言ってもいいだろう。だからあいつを最初に倒せば連携も無くなって倒しやすくなるだろう。だから…放っておこう・・・・・・
俺は強い・・。父さんに勝ったんだ、油断も慢心もするつもりはないがそこは勘違いするつもりはない。相手の実力を図る目も養ってきた。だが、故郷の森は1匹1匹が独立していて、集団では襲ってこなかった。だからここで集団との戦い方を学ばせてもらう。

まず2匹が左右から襲ってきた。その攻撃をしゃがむことで避け、そのまま足を回転させることで足払いをかけ、転倒させる。そこで別のゴブリンが後ろから棍棒をなぎ払って来たので上に飛んで避ける。上に飛んでいるところを狙って前から筋肉質なゴブリンが攻撃してくるが、さっきのゴブリンの棍棒を蹴ってさらに上斜め前に飛んで避けきた。そのまま筋肉質なゴブリンの肩に乗り、その顔を思いっきり蹴り飛ばす。倒れていくのを感じ取ってから今度は後ろに回転しながら飛ぶ。その勢いを利用して別のゴブリンの後頭部に膝蹴りを入れ倒す。そこでようやく地面に着地して一度距離を取る。

「ふう、初めてだからあまりならないが思ったよりもいけるな。慣れてきたし、今回はここまでにしておこう。そろそろ仕留めるか」

そう言うと瞬時にゴブリンとの距離を詰め、剣を抜いて斬る。その速さと力でゴブリンは真っ二つになった。そこで最後のゴブリンがこちらに向かってきていたのが分かったのでそちらの方に向けて無詠唱でウインドカッターを放つ。そしてゴブリンはそのまま真っ二つになって倒れた。

「俺は『賢者』の息子でもあるんだぜ。剣だけだと思ってたら大間違いだ」

すでに聞こえてないであろうし、聞こえていたとしても理解できるとは思えないが、そう言い放ち討伐証明部位である耳を剥ぎ取り空間魔法のアイテムボックスに収納して、ある程度狩ったら帰ることにした。


帰ってきてミリーナさんのところへ向かった。ミリーナさんはこちらを向いて驚いた表情をすると話しかけてきた。

「ユーマさん!帰ってきたんですね!」

喋り方が変わっていることを聞いてみると、たとえ子供でもキチンとした喋り方をしないとダメだと先輩に怒られたらしい。

「ユーマさん、早いですね。やっぱり今日はやめておいたんですか?」
「いえ、キチンと倒してきましたよ。と言っても依頼のことを途中で忘れていたのであまり狩れなかったですけど」
「ええ⁉︎ここから森を行くのにもそこそこな時間はかかると思うんですけど⁉︎」

話を聞くと、ここから森まで行くには俺が行ったのにかかった3倍近い時間がかかるそうだ。俺としては全力で走ったと言うわけでもないのでとても驚いた。そのあと証明部位を出してくださいと言われたのでアイテムボックスからゴブリンの耳を取り出した。…50匹分。
自分でも狩り過ぎたとは思っているが、元オタクの性か、今まで単体としか戦ったことがなかったことによる反動か。少々調子に乗ってやり過ぎてしまったのだ。

「お、多いですね」
「ええ、50匹ほど狩ったはずです」
「まあ、あり得ない体ほどでもありません。いえ、こんなに短時間で狩ってこられたのは初めてですが、数に関しては前例がないというわけでもありませんので大丈夫です。では、換金してきますので、ギルドカードを出してください」

そう言ってミリーナさんはギルドカードを受け取って奥に入っていった。そして数分待つと、何やら色の変わったギルドカードと金が入っているのであろう袋を持ってきた。

「伝え忘れていましたが、冒険者ギルドではポイント制を導入しております。ゴブリンは1匹で2ポイントですのでEランクへの昇格条件に達しました」
「随分早いんですね」
「ええ、ゴブリンを想像以上に討伐してこられたのと、Fランクはほとんどお試しランクと言ってもいいぐらいですから」
「へー、そうなんですね。でもそれだと雑用系の依頼を受ける人がいなくなるんじゃないですか?」
「いえ、雑用系の依頼には依頼自体にポイントがありますし、街中でやるものがほとんどですから、ちょっとした暇つぶしや小遣い稼ぎとして案外やってくれる人は多いんですよ」
「そうなんですか」

そのあとも少し質問をしているとギルドが混んできたので帰ることにした。
もちろん宿屋を取り忘れたということもなく、宿屋に帰って食事をとって水魔法で水浴びをしたら、今日色々あったなあ、と考えていたら眠気が襲ってきたのでそれに逆らうことなく眠りにつくことにした。

「最強転生者の異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く