話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

最強転生者の異世界無双

mizuki

冒険者登録

冒険者ギルドに到着し、テンプレもどきを経験した俺は、受付に向かい、受付嬢に話しかけた。すると、受付嬢はさっきの会話を聞いていたようで、スムーズに話が進んだ。

「こんにちは、冒険者登録に来ました」
「こんにちは、聞いてたわ。冒険者登録ね。じゃあ、この紙に氏名と性別、使用武器を書いてね」

紙を受け取って、必要事項を記入し、受付嬢に返した。紙を受け取った受付嬢はしばらく紙を眺めていたようだが、突然慌て始めた。どうしたんだろう。

「も、申し訳ありません!貴族様でしたか!冒険者になる貴族は少ないので気づかなかったのです!どうかご容赦を!」

ああ、なるほどそういうことか。この世界では、家名を持つのは貴族だけだものな。でも、俺がそんなことするって思われているのには少しイラッときた。

「顔をあげてください。別に危害を加えたりしませんし、敬語も別にいりません。俺をそこらの腐った貴族と一緒にしないでください」

若干の怒気を込めてそういうと、受付嬢は顔を少し青ざめさせて、言ってきた。

「申しわけありませ…ごめんなさい。普通貴族の人たちは少しでも気に触るとすぐに何かしてくるから、ああするしかなかったのよ」

敬語をなくしたら、気が楽になったのかそれとも開き直ったのか最初と同じ態度になった。
そこから冒険者についての話を聞いた。
要点をまとめると、
⚪︎冒険者同士の諍いにはギルドは関知しない。でもギルドの備品を壊したら弁償してもらう。
⚪︎冒険者のランクはFからSの7段階あり、Sでもさらに際立った強さを持っていればSS、SSSとなるらしい。
⚪︎指名依頼というものがあり、別に受けなくてもいいが、通常の依頼よりも高額であるため、お得。
⚪︎緊急依頼は冒険者である以上、受けなければい けない。受けなかった場合、冒険者ランクを下げるか、冒険者の資格が剥奪される。
とのことだ。
まだ受付嬢が何か話しているが、大して重要な話でもなさそうだったので、適当に相槌をうっていると、扉が開く音がした。誰かがギルドに入ってきたのだろう。
それでも話し続ける受付嬢をぼうっと見ているといきなり後ろに人がやってきて、俺のことを突き飛ばしてきた。

「よう、ミリーナ。俺がクエストから帰ってきてやったぜ」

俺を突き飛ばした男は、そのまま受付嬢もといミリーナさんに話しかけた。
ミリーナさんは嫌そうな顔をして適当に男をあしらおうとしていた。

「お疲れ様です。では、依頼完遂の証明書を出していただいてもよろしいでしょうか」

うわあ、完璧な営業スマイルだ。なるほど、適当にあしらうのではなく、そこらにいる冒険者の1人として扱うことで誰にも迷惑はかからないというわけか。
でも、そんなことを気にした様子もなく、男はミリーナさんに話しかけている。そんな様子を傍目に見ながら、そういえば俺が先に並んでたよな、と思った俺は男に話しかける…こともなく男の横っ面に蹴りを叩き込んだ。父さんと戦えるほどの蹴りを耐えられるほど強そうでもなかったので、全力で手加減をした上で蹴り飛ばした男は、そのまま飛んでいった。

「ああ、すいません。俺が先に並んでいたので譲ってもらってもいいですか?」

俺は優しく微笑んで男に話しかけるが、返事がない。

「全く、割り込んだ上に人の言葉に返事もしない。無礼な人ですね。あ、ミリーナさん、ギルドカード貰ってもいいですか?」
「は、はい!」

なにやら慌てて取りに行った。なんでだろう。ああ、突然呼び捨てにしてしまったからかな。なんてことを考えていると、ミリーナさんが戻ってきた。さっきとは違って落ち着いた様子だ。

「ごめんね、遅くなって。それにしてもすごいわね。あれでもあの人はCランクなのに」
「あれでCランクですか。まあ、あれぐらいなら普通にできるでしょう」

いやいや、できねえから!という声が聞こえてきた気もしたが、気のせいだろう。

「父さんにずっと鍛えて貰っていましたからね。それに最後には父さんも倒すことができたんです。あれくらいできなければ怒られてしまいます」
「へー、お父さんって貴族なのにとっても強いのね」
「ええ、まあ。うちは成り上がり貴族ですので」

へー、と気のぬけた返事をしていたミリーナさんだが、何かに気づいたように固まった。と思ったら急いで俺がさっき渡した登録用紙を確認して、呟いた。

「ユーマ=シーザー…シーザー⁉︎『剣聖』と『賢者』の息子⁉︎」
「ええ、そうですよ」
「ええ⁉︎本当にライオス様を倒したの⁉︎」
「え、ええ。それが俺が冒険者になるための条件だったみたいです」

すごい剣幕で聞いてくるミリーナさんに若干引きながらも返答する。そう、あの後聞かされたが父さんの打倒が冒険者になるための条件だったらしいのだ。別に目指してたわけじゃないのになあ、なんて思いながら周りを見回すと他の冒険者たちも驚愕の表情でこちらを見ている。
面倒なことになりそうだ、と思った俺は若干強引に依頼を受けることにする。

「ミリーナさん、もう俺は冒険者になったんですよね。なら、依頼を受けてもいいですよね。じゃあ、常駐依頼のゴブリン討伐を受けますので失礼します」

早口でまくし立てた俺は誰かな声をかけられる前にギルドを出た。やっぱり初依頼はゴブリン討伐だよね!と思いながら、誰からも反応されない蹴り飛ばした冒険者に若干哀れみを感じて、ゴブリン討伐に向かうのだった。

「最強転生者の異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く