話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

大和戦争 - Die was War -

葉之和駆刃

『.vs 第三線』

 雪太達は朝、食堂で朝食を振る舞われた。思えばここ数日、ろくなものを食べていなかった。この日は、全部隊同じものを供給された。侍女達が、次々と料理を運んで来る。皆、それを待ち遠しそうに見ていた。
 全ての料理が運び終わると、侍女達は厨房に戻っていった。クラスメイト達は好きな席に座り、友達と談笑しながら食べ始める。ここに連れて来られた時とは、何かが違うように見えた。雪太は敢えて、誰も座っていない席を選んだ。

 次の戦いに備え、集中したかったのだ。次の対戦相手は、やはり第三線だった。思った通り、第四線では勝ち目がなかったのだろう。
 目の前には、料理の乗った皿が綺麗に並べられている。食べ始めようとした時、誰かに声をかけられた。

「ねぇ、相席いい?」

 前を向くと、同じクラスの女子が立っている。特に断る理由もないので、雪太は頷いた。その女子は、生駒恵美という。恵美は、第二線に配属されている。

「私のところ、女の子が多いから、お互いの関係とかあんまりよくないんだ。だから全然チームワークとかできなくて、負けちゃった」

 恵美は、食べながら語った。第二線は一条以外、女子ばかりの部隊だ。それにしても、恵美は毎日、あの吹部三人とナルシスト一条を相手にしているのだろうか。そう思うと、少し同情した。本当に、ご苦労様としか言いようがない。

「ねぇ、郡山君達は第五線との試合、勝ったんでしょ? すごいなぁ、私達も見習わなくちゃ」

 無言で食事している雪太に対し、恵美は気さくに話しかけてくる。恵美は現実世界でも、初対面の人とも仲良くできるタイプだった。しかし雪太にとって、正直今はあまり構ってきてほしくなかった。
 次も、どうにかして勝たなければいけない。内容はまだ知らされていないが、神力を得るためには、この戦いで優勝するしか方法はない。だから、今は少しでも心を落ち着かせておきたかったのだ。

「そう言えば郡山君、この国の人に直々に鍛えてもらってるって本当?」
「誰から聞いた?」
「吉野君。あれ、確か同じ部隊だよね?」

 恵美は、不思議そうに尋ねてくる。つまりあの時、春也は雪太とスノーが一緒にいるのを見て、気が付いたのだろう。春也のお喋り癖は今に始まったことではないが、それでもこの時の雪太には応えた。

「ちょっと、今集中したいんだけど……」

 雪太が恵美に言った直後、

「あ、私達も相席でいい?」

 と、橿原藍が尋ねてくる。見ると、紗矢香も一緒だ。雪太は仕方なく、許可を出した。そして、二人とも同じテーブルの席に着く。

「私、第四線だけど、一回戦で負けちゃったの。やっぱり、人数一人少なかったからなぁ。郡山君達は、一つ上の部隊に勝ったんでしょ? すごいね、トミーもそう思わない?」

 藍が、目の前に座っている紗矢香に話しかける。しかし、紗矢香は口を開こうとしない。それもそのはずだ。雪太達が勝ったのは、紗矢香が所属する部隊だったのだ。藍もそれに気付いた様子を見せた。

「あ、ごめん……」

 藍は、紗矢香に謝った。しかし、紗矢香は無言のままだった。それを横から雪太も見ていると突然、紗矢香が自分の茶碗を雪太に差し出してきたのだ。そこには、肉団子が一つ入っている。それを不思議そうに見ていると、

「あげる」

 と、紗矢香が言ってきた。

「あ……、いいのか?」

 雪太は尋ねると、紗矢香が言うのだ。

「あの時の……、お返し……」

 紗矢香が言うには、一回戦で足に怪我を負った際、雪太が手当てをしてくれた。その時の礼をまだしていなかったから、肉団子をくれるのだという。雪太は、特に気にしていなかったが、これが紗矢香の気持ちなのだろうと思い、受け取ることにした。

「あれ? トミー、肉団子食べられないだけじゃないの?」

 すかさず、藍が茶々を入れてくる。すると、

「関係ないから!」

 そう言いながら、紗矢香は席を立った。そして、雪太の方を向くと、

「いい? 勘違いしないでよね、借り作られたままだと気分が悪かったから、あげただけだから。それと、私達に勝ったんだから次も勝ちなさいよね。じゃないと、許さないから!」

 とだけ言い、またどこかに行ってしまった。

「あ、じゃあ私達もそろそろ行くね。生駒ちゃん、行こう」
「そうだね。郡山君、頑張ってね」

 藍と恵美も、そう言うと立ち上がって向こうに行ってしまった。雪太は、また一人になった。雪太は、紗矢香がくれた肉団子を食した。人からもらったものを食べると、何故か妙な味がする。これが気持ちの味だろうか、いや、多分気のせいだろう。第一、紗矢香がそのようなことを考えるはずがない。

 雪太は、今はできるだけ余計なことを考えないようにした。これから、大事な一戦がある。今は、気持ちを集中させよう。そう思った矢先、また空気の読めないやつが声をかけてくる。

「いやぁ、この間は色々とミスカルキュレーションがあったみたいだね!」

 その話口調、顔を見なくても分かる。第五線のリーダー、法隆寺だ。

「あれは、僕らが弱かったんじゃない。君達がラッキーだったからだよ!」

 典型的な負け惜しみを述べる法隆寺。聞いていて甚だ寒い部分がある。雪太も、適当に聞き流していた。

「ま、次も頑張るといいね! 応援するよ」

 法隆寺は雪太に対し、軽く手を振ると余裕な様子でその場から離れていった。それだけ言うために、態々雪太のところまで来たのだろうか。そうだとすると、ご苦労様だ。


 そして、第三線との試合が始まる。二回戦は、一回戦とはルールが異なる。

 メンバー一人ひとりに、担当者から竹刀が渡された。それを持って山の中に入り、対戦相手と出会ったら互いに対峙するという勝負のようだ。相手の攻撃をかわしつつ、相手の体のどこかに、竹刀の先を当てると勝ちらしい。
 負けた者は山を下り、どちらかの部隊が全滅した時点で勝敗が決まる。よくある、生き残り戦というやつだ。

 早速、二つの部隊はフィールドとなる山を登った。そこで、また第六線だけ一ヶ所に集まり、作戦会議をする。

「さて、今回は前回に比べて厳しい戦いになりそうだ。前線は誰が張る?」

 先に、春也が切り出した。皆、それを聞いて黙ってしまう。この中では、一番瞬発力があるのは雪太だ。次に光河だが、本調子の時とそうでない時があるため、前線には不向きだった。麻依は、この中では誰よりも足が速いが、今回はあまり使わないだろう。春也と由佳に関しては、運動は全くできない。

 相談した結果、雪太が先頭を歩くことになった。次に光河、麻依が続き、春也と由佳は後方を歩いた。

「ねぇ、相手チームには誰がいるんだっけ?」

 由佳が、春也にきいた。

「うん。まぁ、リーダーの榛原君以外は、文化系オタクの集まりだからね。俺達にも、勝ち目はあるんじゃないかな」

 対戦相手である第三線のメンバーは、榛原はいばらせい五條ごじょう勇太ゆうた御所ごせみのる王寺おうじひかり、山辺やまべ真由子まゆこという面子だ。リーダーである榛原は、現実世界で剣道部に所属しており、その中で最も警戒すべき相手だ。それ以外の面子は、春也の言った通り文化系なので、そこまで警戒しなくてもよいだろう。

 などと言っているうちに、光河がごね始めた。これ以上歩けないと言い、地面に座り込んでしまった。それも、皆にとっては想定済みと言えば想定済みだった。幸い、敵は近くにいないようだ。雪太は、今のうちに光河を立たせようとした。

「おい、こんなとこ見つかったら相手の思う壺だぞ。終わったら休めるから、今は頑張れよ」
「嫌、もう疲れた。休む」
「おい、立てって」
「ヤダ~、休む~」

 光河は、なかなか立ち上がろうとしない。どうしたものかと、雪太達は頭を悩ませた。すると、春也が言った。

「ここは俺達に任せて、雪太は先に行けよ」
「え、でも……」
「大丈夫、何とかするから」

 女子二人も、雪太を見て頷く。雪太は不安だったが、四人を残して足を進めた。春也の話では、敵はバラバラに動いているとのことだ。それなら、数人と遭遇する可能性は少ないだろう。

 ……と思っていると、いきなり二人同時に遭遇した。五條と御所だ。二人は出席番号が続いているせいか仲がよい。そのため、一緒に行動をとっていたのだろう。二人は雪太を見ると、咄嗟に竹刀を構える。雪太も、腰につけていた竹刀を抜くと二人に向けた。

「あれ、一人? よっしゃ、ラッキー。じゃあ、さっさと片付けちゃおうぜ!」
「そうだな。コイツさえどうにかすれば、あとは楽勝だもんな!」

 五條と御所が、意気揚々と言っている。雪太にとっては、かなり不利な状況を作られてしまった。

「二対一とは、ちょっと不公平じゃないですかね」
「はぁ? ルール説明の時に、一対一じゃないとダメなんて言ってなかったからいいんだよ!」
「そうだ、そんなこと誰も言ってなかったぞ!」

 二人は言い放った。確かに、言われてみればそうだ。雪太は、何も反論できなかった。相手は、雪太より運動神経がよくない。とはいえ、二人同時に相手をするとなると、流石に厳しい。
 どうすればいい……そんなことを考えていると、ガサガサという音がどこからか聞こえてきた。誰かが、こちらに向かってくるようだ。味方ならば吉、敵ならば凶といったところだ。

 そして、草むらから何者かが飛び出した。それは、幸運にも味方の光河だった。空中で竹刀を振り上げると、そのまま二人の足を立て続けに攻撃する。二人は、その衝撃で膝を落とした。余程、痛かったのだろう。音だけ聴いても、それが分かった。

 光河は着地すると、欠伸をして力が抜けたように、その場で眠ってしまった。雪太は、それを呆れながら見ていた。

 その後、雪太は寝ている光河を背負いながら歩いた。その途中、春也が無線を送ってきた。その話の内容は、三人で行動していたが、途中で敵の女子二人と遭遇してしまったというものだ。そして対峙したが相打ちになってしまい、五人とも退場となったという。

 これで、残るは第六線の雪太と光河、第三戦の榛原だけとなった。雪太は、榛原を探した。相手も今頃、雪太達を探しているはずだ。光河が戦意を喪失している今、雪太だけが頼りだった。あと一人倒せば、第一線との決勝に進める。

 そして榛原と遭遇した。榛原は二人を見た途端、すぐに竹刀を構える。雪太も、自分の竹刀を構えた。それにしても、光河を背負ったままだと非常に戦いにくい。迷っていると、榛原が先に攻撃を仕かけてきた。雪太は咄嗟に、攻撃をかわそうと身体を逸らす。しかし、榛原の狙いは雪太ではなく、光河だったのだ。

 光河の肩に、榛原が振り落とした竹刀が当たる。その瞬間、光河はこの戦いには参加できなくなった。雪太は光河を下ろすと、木の幹にもたれさせた。そして、光河が手にしていた竹刀を手に取る。

 雪太は戻ると、二本の竹刀を榛原の方に向ける。先程の逆パターンだ。それを見た榛原が、怪訝そうにした。

「おい、まさか二本使って戦おうってんじゃないだろうな! ズルいぞ、ルール違反じゃないのか?」

 榛原が叫んだ。しかし、雪太は言った。

「確かに、多対一がダメだとは言っていなかった。けど……、武器を二本使ってはいけないとも言っていなかったはずだ」
「チッ!」

 榛原がそう舌を鳴らし、雪太目がけて駆けてくる。

「なめんなよ! 俺は剣道部だ! どんな状況であっても、絶対に勝ってやる!」

 榛原が、竹刀を思いきり振り落としてきた。雪太は片方の手でそれを払い、もう片方の手で榛原の足を狙った。バチン! という音がした。榛原は握っていた竹刀を離し、両手で自分の足を抱える。これで、勝負はついた。

 雪太が山を下りると、目の前に春也が来た。

「君なら、やってくれると信じてたよ。これで、あと一戦を残すのみとなった」

 春也は、得意気に言った。しかし、その一方で嫌な視線も感じる。ふと春也の向こうを目にすると、五條や御所が不満気な視線を送ってきている。それもそのはずだと、雪太は思うのだった。まさか、第六線が決勝に進むなど夢にも思わなかっただろう。それでも、雪太達がここまで来たのは事実だ。あと一戦、頑張れば神力が手に入る。

 アメノーシの話では、決勝戦は来週だ。それまでに、どんな試練が待ち受けていようと、必ず乗りきってみせる。雪太は、そう固く決心した。

「大和戦争 - Die was War -」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く