話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

大和戦争 - Die was War -

葉之和駆刃

『スノーの指南』

 あれから数日が経ち、基本的な演習が終わった。後は皆、それぞれ自主練習に励んだ。雪太もまた、適当な場所を見つけて弓を引いていた。
 数メートル先の木を的代わりにし、狙いを定め、そして矢を放つ。雪太の放った矢は、正確に幹の中央に刺さった。雪太は「ふぅ」と息を吐き、その矢を抜きにいった。その時、ふと誰かの視線を感じた。

「おい、そこで何してんだ?」

 雪太は、木の裏に向かって話しかける。

「え? なんで分かったの?」

 そう言って姿を現したのは、スノーだった。

「ちょっと気配感じただけだよ。で、何してたんだ?」
「ここも、おいらの縄張りだからな!」
「広いんだな」
「ここタカマの三分の一の面積は、おいらに与えられてるんだ」

 スノーが言うのを軽く聞き流し、雪太はまた射矢練習を再開する。

「おい、人の話をきけ! おいらは、お前の主なんだからな!」
「いつ、お前は俺の主になった」
「あの勝負、おいらが勝ったじゃん。だから、今日からお前はおいらの家来だ」
「あれは別に、勝ったことにはなってないだろ。勝負として成り立ってなかったしな」

 雪太はもう一度、弓を引こうとすると、背中にスノーが飛び乗ってきた。

「おいらの中では勝ったんだ! 大人しく言うことをきけ!」

 これでは、練習にならない。
 雪太は呆れながらも、今はスノーの我儘に付き合うことにした。スノーを肩車し、歩き始めた。行き先を尋ねると、スノーは幼馴染の屋敷に連れて行けと言う。スノーが口で案内し、雪太はそれに従って足を進める。

 数分が経過し、雪太の額は汗まみれになっていく。相手が子供とはいえ、長時間肩車はやはり厳しい。すると、前方から声がかかった。

「雪ちゃん……?」

 その声に反応し、雪太は顔を上げた。前には、明日香が立っている。状況がよく掴めずに、雪太とスノーを交互に見ている。

「おぉ~。お前、こんなとこで何してんの?」
「うん、スノーちゃん。暇だし、探検しようと思って」

 スノーが明日香に言うと、明日香も嬉しそうに答えた。そして、その後も二人は会話を続ける。あっという間に、雪太だけが取り残された。

「お前ら、いつ知り合ったんだよ」
「あ、ごめんね、雪ちゃん。この間、眠れないから夜に一人で森の中を探検してたの。それで私、迷子になっちゃって。そしたら、スノーちゃんが来て助けてくれたんだ」

 それがきっかけで、二人は仲良くなったのだそうだ。明日香に対し、自分の時とまるで態度が違うスノーを見て、雪太は少し歯痒くなるのを覚えた。

 三人は、スノーの幼馴染がいる屋敷に行くのをやめ、そのままスノーの屋敷に向かった。それでも、地面を歩いているのは二人だけなのだが。

 屋敷に着くと、ウヅメが茶を差し出した。

「よくおいでくださいました。ゆっくりしていってくださいね」

 ウヅメはそう言い、ニッコリと微笑むと、そのまま部屋を出ていった。その後、明日香が雪太に話しかける。

「雪ちゃんは今日、何してたの?」
「あぁ、自主練しようと思って」
「そうなんだ……。私は、あんまりそんなことはしないかな。まだ、自信持てなくて……。第一線なのにって思うかもしれないけど、私にそんな素質なんてあるのかなって、不安になるの」

 明日香は、遣る瀬無いような表情をしている。それを見ていると、雪太も心苦しくなるのだった。

 自分も、今よりもっと強くならなければならない。そのために、練習を続けているのだから。雪太はあの日以来、毎日欠かさず自主練を続けていた。しかし、成果は今のところ出ていない。

「雪ちゃん。私、やっぱり練習する。他のみんなに、迷惑かけられないから。じゃ、もう行くね」

 明日香は、雪太にそう告げると立ち上がり、そこから去っていった。雪太の話を聞き、自分もと思ったのだろう。明日香の様子を見ていたスノーが、

「あいつも大変なんだなー」

 と、呟く。雪太も練習に戻るため、立ち上がろうとすると、スノーが言った。

「お前は、おいらの家来なんだからな。帰ることは許さないぞ」
「だから家来じゃねえよ。それよりも、お前って呼ぶな」
「あ、そっか。そう言えば、名前知らないや。お前、何ていう名前なんだ?」
「郡山、雪太」
「ふ~ん、コオリヤマね……。じゃ、今日からお前のことはアイスと呼ぼう!」
「いや、そっちのコオリじゃなくて……」

 雪太は説明しようとするが、スノーは話も聞かずに立ち上がる。

「じゃあ、アイス! 訓練、始めるぞ!」

 その言葉を聞いて、雪太はキョトンとする。訓練とは一体何のことか、雪太には分からなかった。雪太の様子を見て、スノーが言った。

「何だよ、聞いてなかったのか。しょうがないなぁ~」

 スノーが言うには、姉のツキヨミから、雪太を指南するようにと頼まれたのだという。その目的は、雪太が動物の血を見ても、平気でいられるようにするためだ。説明を終えると、スノーは雪太に命じた。

「じゃあ、アイス! この屋敷を出て西側に、小山があったろ。そこに双子杉という木が生えてるから、その下で木刀を作ってる職人から、要らない木をもらって来てくれ!」
「あの、指導してくれるんじゃ……」
「いいから、早く行ってこい!」

 雪太が言いかけると、スノーに圧制された。仕方なく、雪太はスノーの言う通りに動くことにした。

 屋敷を出ると、その山に向かう。これで大体理解した。スノーには、雪太が欠点を克服できるように、指南するつもりはないらしい。奴隷として、雪太を扱っているに過ぎない。これでは体力がもたないと思い、場を見計らって逃げることにした。

 山に入り、双子杉を目指した。木が沢山ありすぎて、どれが双子杉か分からない。出る前にスノーから聞いた話では、根元が二つに割れているから双子杉と呼ばれているらしい。しばらく歩くと、周りが薄暗くなった。遠くから、鳥の鳴き声が聞こえる。

 それにしても、不気味な山だ。動物一匹見かけない。本当に、このような場所に木刀職人がいるのだろうか。それでも、雪太は足を進める。

 やがて、他の木とは一線を画す、巨大な大木が見えてきた。きっとあれが双子杉だろう。根元を見ると、やはり二つに割れている。間違いない。

 雪太は、その木の近くに行き、職人を探した。しかし、そのような人物はどこにも見当たらない。雪太は、木の周りをぐるっと一周したが、見つからなかった。

 諦めて帰ろうとした時、後ろから誰かが肩を叩いた。雪太が振り返ると、そこには籠を背負った年寄りが立っている。

「あの……、どちら様ですかな?」

 その男が、そう尋ねてきた。

「あの、この辺に木刀作りをしている職人がいるって聞いたんですけど……」
「あぁ、お客さんか。私が、木刀職人だが」

 男は言った。この男が木刀職人で、四十年に渡って双子杉の近くで、木刀を作り続けているらしい。たまに、刀を作ってほしいと依頼されることもあるのだという。
 雪太は、スノーに言われた通り、不要になった木がないかと尋ねた。それを聞いて男は気前よく、雪太に失敗してしまい、要らなくなった木材をくれた。

 雪太はその男に礼を言うと、木材を持って山を下りようとした。すると背後から、男に話しかけられた。

「もしや、スノー様に言われたのですかな?」

 雪太がもう一度振り向くと、更に男は続けた。

「スノー様は、昔は優しい方でした。しかし姉君のアマテル様が引きこもってしまわれて以降、すっかりお変わり遊ばされたのです」

 男は、懐かしそうに話した。雪太から見たスノーのイメージは、我儘で、かつ乱暴者だ。とても優しいとは思えない。それでも昔はそうだったというのだから、少しはマシだったのかもしれない。


 雪太は山を下り、スノーの屋敷に戻った。しかし、部屋に行っても、スノーの姿は見えない。しばらくすれば帰るだろうと、雪太は縁側に腰を下ろした。

「あの……」

 そこに、女性の声がかかる。雪太が顔を上げると、目の前にはウヅメが立っている。

「わたくし、スノー様を探しているのですが、見ていませんか?」
「いや、俺も今探してるところで……」

 雪太が答えると、ウヅメはがっくりと肩を落とす。それにしても、スノーは一体どこに行ってしまったのやら。ウヅメのためにも、雪太はまた、探しに行くことにした。

 森の中など、心当たりがある場所から、手当たり次第に探したが、一向に見つかる気配がない。と、そこに何かを蹴るような音が聞こえてきた。もしかしてと思い、雪太はそこに足を進めた。

 しかし、そこにいたのはスノーではなく、一条だった。鞠をボール代わりにして、リフティングのようなことをしている。相手も、雪太の存在に気づき、足を止めた。

「やぁ、こんなところで何をしてるんだい?」

 一条から先に、雪太に話しかけてくる。しかし、雪太は何も答えなかった。大和帝國を治めている、イーザの娘から直々に試練を与えてもらっているなど、他人に言えたことではない。それが、雪太より上の部隊にいる、第二線のメンバーなら尚更だ。

「ちょっと……、散歩」
「やっぱりね~。僕も、ちょっと暇潰ししてたんだ。それに、何でも出来ちゃうからね。日々、退屈なんだよ」

 一条が笑うと、白い歯がきらりと光る。一条はそこそこ頭がよく、顔もいいが、自惚れ気質なのは否めない。学校においても、女子からは絶大な支持を集めているが、男子からはあまり好感を持たれていない。一条も、それを自覚していないらしい。

「よかったら、俺と勝負してみる?」
「やめとく」

 また、雪太は一条からの誘いを断った。今は、スノーを見つけるのが先だ。雪太は足を進め、スノーを探した。早く見つけて、ウヅメを安心させたかったのだ。

 森の中をしばらく歩いたが、どうにも見つかる気配がない。雪太が双子杉を探しに行っている間に、どこへ行ってしまったのだろう。雪太は近くにあった岩に腰かけ、一息ついた。と、その時だった。

――――ガサッ

 雪太のすぐ後ろを、何か生き物が通ったような音がした。それも、キツネや野ウサギではなく、巨大な生物のような音だ。雪太はすぐに立ち上がり、後ろを警戒する。そして、視界が妙に薄暗くなった。雪太は見上げると、そこには三メートルはあるだろう巨大なトカゲがいて、雪太を見下ろしている。

 雪太は後退し、手に持っている弓矢を強く握った。しかし、それでは到底敵いそうにない。逃げるが勝ちとはいっても、すぐに追いつかれる可能性が高い。ここは、相手の気を逸らしつつ、逃げるしかない。雪太は必死に、逃げる方法を考えた。そうしている間にも、巨大トカゲは更に雪太の方に迫ってくる。

 その時――――。

 小さな影が、雪太の真上を通り越した。雪太は上を見上げると、そこにはスノーがいた。小さな刀を両手に持ち、トカゲ目がけて振り上げる。いくらスノーでも、巨大トカゲを相手にするなど、無茶にほかならない。

「やめろ! スノー!」

 雪太は叫んだが、もう遅かった。スノーとトカゲの距離は、急速に縮まっていく。トカゲは、大きく口を開いた。このままでは、食べられてしまう。もうダメだと雪太が思った瞬間、スノーは二本の刀を操り、トカゲの頭部を無数に斬りつける。そして、よろけたトカゲの頭に飛び乗り、とどめを刺した。

―――――グサッ

 という音が、スッと雪太の両耳に入った。次の瞬間、トカゲは光を放出し、跡形もなく消えてしまった。一体、何が起きたのかも分からない。

 スノーは、雪太の目の前に着地した。

「ふぅ。ここらは化物の棲み処だから、無防備な格好でうろついてると、獲物の標的にされちゃうぞ?」

 雪太が黙っているとスノーが近づいてきて、じっと見つめてくる。

「おいらの強さ、分かっただろ」

 スノーは、目を輝かせながらきいた。あんなに巨大な怪物を相手に、余裕で勝利したのだ。身長は小学生低学年並みなのだが、華麗に刀を操り、そして化物を退治した。これは、嫌でも認めなければならない。雪太も、そう思った。
 そして、スノーに告げる。

「俺に……、剣術、教えてくれないか」
「なんで? 最弱組にいるのが嫌になったか?」
「あぁ。俺は、お前に剣術を習いたい。お前でないと嫌なんだ。これからは奴隷じゃなくて、門下生として見てほしい」

 雪太の願い、それは誰よりも強くなること。弱さを克服し、そして誰かを守れるようになる。これから先、どんな過酷な試練が待ち受けていてもいい。強くなりたい、今はそれだけを考えた。雪太はプライドを捨て、スノーに頭を下げる。そして、こう頼んだ。

「俺を……、強くしてくれ」

 その言葉は、雪太の本心だった。

「大和戦争 - Die was War -」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く