話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

大和戦争 - Die was War -

葉之和駆刃

『鮮血覚醒』

 雪太達がこの世界に来て、早一週間が過ぎた。皆、徐々に環境にも慣れ始め、毎日の訓練に努めた。そんな中、雪太のいる第六線だけが、他の部隊についていけず、右往左往していた。

 ある日、雪太は春也からこんな話を聞いた。この世界は人間界と表裏一体になっており、大和帝國のすぐ下に日本があるのだという。大和帝國の地図を見ても、日本が左右反転したような形をしていたらしい。
 つまり、重力が逆転しているのだ。

 何故、そのような話を春也が知っているのかというと、ここ毎日、書斎に忍び込んでは、様々な文献を漁っているのだという。とすると、この世界は人間界から見て地下に当たるということになる。

 それは、今は置いておくとしよう。この日も訓練が終わり、第六線メンバーは自分達の部屋に引き返した。しかし、雪太だけが、その場に残って訓練を続けていた。雪太はあの試験で、一番の成果を出した。その結果、第六線のリーダーになることができた。

 しかし、雪太はそれだけでは納得しなかった。弱さを克服することが、最初の関門だ。ツキヨミにも言われた通り、血を見ることのできない人間が、戦力になれるわけがない。

 その日も弓道場に残り、雪太は只管に訓練に勤しんだ。数時間して、流石に疲れが出てきたのか、少し目眩がしてきた。アメノーシは、休むことを勧めた。

 訓練を終えて、雪太も第六線の部屋に戻ることにした。その途中、ウルフット家の前を通った。あの時以来だと、雪太は足を止める。初めて、スノーと出会った時のことを思い出す。あれから何度か会っているが、どうも可愛げがない。

 また見つかる前に部屋に戻ろうと、雪太は再び歩き出す。その時、後ろから誰かの声がかかる。

「す、すみません」

 若い女性の声だった。振り返ると、庶民的な着物を身に纏った、侍女らしき女が立っていた。その女は、怯えたような目で雪太を見つめてくる。
 そして、ゆっくりと雪太のところに歩み寄ってくると、こう尋ねてきた。

「あの……、人間界から来られた方ですよね? 私、スノー様にお仕えしている、ウヅメと申します。今、スノー様を探しているのですが……」

 ウヅメと名乗ったその女は、どうやらスノーに仕えている侍女らしい。ツキヨミから、ウルフット家は大和帝國を築いたイーザの子孫だと聞いていたから、一人ひとりにお付の者がついていても、不思議ではない。

 ウヅメは、モジモジとしながら雪太を見つめている。

「あ、あの、すみません。お呼び止めしてしまって。私、男の方と話すのに慣れていなくて……。宜しければ、少し中で話しませんか?」

 恥ずかしそうに、ウヅメが言う。雪太の今日の予定は、すべて終了している。そのため、帰ってもすることがない。雪太は、その話を承諾した。

 その後、雪太は屋敷に上がった。ウヅメは、茶を差し出した。ウヅメは雪太の前に座ると、また恥ずかしそうに下を向いている。雪太も何を話してよいか分からず、少し気まずくなっていた。
 すると、ようやくウヅメが話し始めた。

「あ、あの……。先日は、申し訳ありませんでした」
「先日?」
「はい。ツキヨミ様から、お聞きしました。スノー様が、たいへん失礼な振る舞いをしたと。私のせいなのです」

 ウヅメは、雪太にそう話した。
 更に話を聞くと、ウヅメはスノーが生まれた時から、側に付いているのだという。アマテルが引きこもってしまった後は、ずっと一人で身の回りの世話をしているらしい。
 スノーの性格を思うと、気の毒になる程だった。

「それで……、今日も剣のお稽古があるのに、途中でいなくなってしまって……」

 ウヅメが話すと、尚更大変さが伝わってきた。それで雪太にも、探すのを手伝ってくれと言いたいのだろうか。しかしウヅメは、

「今日は、ありがとうございました。あなた様とお話ししていると、少し元気になりました。では、私はスノー様を探しにいって参ります」

 と笑顔を見せると、頭を下げ、そのまま出ていってしまった。結局、雪太に悩みを話すだけだった。雪太も、少しウヅメのことを案じながら、部屋に戻ることにした。

 屋敷を出てから、しばらく歩くと、誰かに思いきり背中を蹴られた。雪太が振り返ると、そこには笑っているスノーの姿がある。

「お前、敵に不意を突かれたら死ぬぞ?」

 スノーはまた、小馬鹿にしたように雪太に言った。雪太も、それを見て呆れた。

「さっき、ウヅメって人が探してたぞ。さっさと帰ってやれよ」
「そんなこと、なんでお前に言われないといけないんだ?」
「お前のこと、心配してたぞ。可哀想だと思わないのか?」
「ふん! 余計なお世話だ! おいらは、お前の言うことなんか聞かないからな!」

 スノーはそう言うと、向こうへ走っていった。
 心配してくれる人がいる。それがどれ程幸せなことか、スノーはまだ知らないのだろう。雪太は、そう心の中で呟きながら、部屋に帰った。

 個人を最も心配してくれるのは、やはりその親だろう。しかし、雪太の両親はもうどこにもいない。もしかすると、母親のいないスノーも、同じ気持ちなのかもしれない。


 翌朝も、雪太を含む第六線は、訓練が行われる弓道場に足を運んだ。アメノーシが、

「みんな、弓の使い方はもう覚えたな。私は少し席を外すが、各々演習に励んでいてくれ」

 と言い、その場から去っていった。それでも、サボろうとするものは一人としていない。第六線は少しでも訓練を積み、他の部隊に近づかないといけない。

 遠くから、銃声が聞こえる。山の向こうでは、第一線や第二線が銃の扱いを習っている。無論、第六線は銃など触らせてももらえない。只管、矢を射る練習をしなくてはいけないのだ。

「他の子は、もう銃撃演習やってるのね」
「この世界にも銃ってあったんだ……」

 麻依と由佳は、羨ましそうに呟いている。

「まぁ、他の部隊を羨ましがってても、時間の無駄だよ。今は、与えられたことを、きっちりと熟そう」

 春也が、そう言って皆を鼓舞する。それを聞き、皆は練習を開始する。正確に的に狙いを定め、そして矢を放つ。
 雪太は、一人居残って練習していた成果が早くも出てきたのか、正確に射ることができた。

 数時間が経過したが、アメノーシはまだ戻ってこなかった。五人は汗だくになりながら、練習を続けていた。すると突然、周りが暗くなった。太陽が雲に隠れたのかと、皆は上を見上げた。そこには、巨大な鳥の姿があった。

 それも、人間界にいる鷹の何倍もの大きさだったのだ。巨大な鷹は、雪太達のすぐ真上をぐるぐる回っている。
 その後、鷹は急降下を始める。そして、雪太達を襲ってきたのだ。皆、なんとか躱して木の陰などに隠れた。そこで、四人は待機することにした。四人? と、雪太は向こうを見てみると、疲れたのか光河が寝ている。

 雪太は助けにいこうとしたが、鷹がいるので動けない。すると鷹はまた、物凄い勢いで下に突っ込んできた。多分、無防備な格好で寝ている光河を狙っているのだろう。雪太は、飛び出した。しかし、間に合わなかった。

 目の前で鮮血が飛び出し、雪太はまた気持ちが悪くなった。目の前に、頭から血を流している光河が横たわっている。

 雪太は、弓矢を手に取ると、鷹めがけて構える。そして矢を放つと、見事鷹に命中した。鷹は、頭に矢が刺さったまま、どこかへ飛び去ってしまった。

 そして、皆は光河の周りに集まった。

「平城君、大丈夫かな……」

 由佳が、心配そうに呟く。光河は嘴で右耳の上を攻撃されたらしく、そこから血が流れている。放っておけば、出血多量で命に関わってくる。どうにか、血を止める方法を考えなくてはならない。

「私、アメノーシさん呼んでくるね!」

 由佳は、そう言って走っていった。しかし、アメノーシが戻ってくるのを、ただ待っているわけにもいかない。麻依と春也が、タオルなどで必死に光河の頭を押さえる。しかし、やはり出血は止まらない。

「もういいよ……。どうせ俺、何もできないから……」

 光河には意識があり、譫言のように呟いている。

「そんなこと言わないでよ! もうすぐ、アメノーシさんが戻って来てくれるはずだから!」
「そうだよ、もう少しの辛抱だ」

 麻依と春也が、光河に声をかける。それを、何もできない雪太は、立ち竦んだまま見ているしかなかった。やはり人の血を見ると、あの時の記憶が蘇ってきてしまう。このままでは、光河の命が危ない。そう思った時、予想外のことが起きた。

 光河の体が、突如として光り始めたのだ。押さえていた二人も、驚きながらその様子を見ていた。しばらくして、光が治ると、春也が異変に気づいた。

「あれ……? 傷、治ってない?」

 よくよく見てみると、光河の傷口は塞がっている。そこで、ようやく由佳がアメノーシを連れて戻ってきた。

 麻依が、二人に事情を説明すると、由佳も信じられないといった表情をした。しかし、その話を聞いたアメノーシだけが、冷静な顔で言った。

「そうか……、君は早かったんだな」

 何が早かったのか、その場にいた全員に、理解できなかった。

「これは……、仏力ぶつりきだ」

 アメノーシは、五人に言った。「仏力」とは何か。そして何故、何もしていないのに光河の傷が治ったのか。雪太にも、よく分からなかった。ただ、一つだけ分かったことがある。この国の人々は、今まで自分達に隠していた秘密があるのだろう。

「大和戦争 - Die was War -」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く