話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

大和戦争 - Die was War -

葉之和駆刃

『血塗られた記憶』

 力比べと言っても、雪太とスノーではスノーの方が圧倒的だろう。ツキヨミの話によると、生きた牛をそのまま持ち上げたこともあるそうだ。それでは、まるで勝負にならない。

 雪太は、試験の一環としてアメノーシに闘牛場に連れてこられた。暴れ牛が芝生の上を、何頭も走り回っている。それを、第六線のメンバーは唖然として見ていた。

 そこで、アメノーシがルールを説明する。まず、牛の背中に飛び乗り、その後は手渡された小太刀を、牛の首に突き立てるということらしい。力比べというよりは、力量、メンタルが重要になってくる。

 スノーは、この勝負で自分が勝てば、雪太を自身の警護役にすると言った。あの時、スノーの表情から何かが感じられたのは、そういうことだったのかと、雪太は何故だか納得した。しかし雪太にとって、今はスノーの相手などをしている暇はない。何としてでも、勝たなければならない。

 そこに、早速一頭の牛がこちらに向けて走ってくる。それを見ると、スノーは駆け出し、勢いよく牛に跨った。そして素早く小太刀を抜くと、牛の喉元に突き刺した。やがて牛の速度が急速に弱くなり、そして倒れた。スノーの小太刀には、ベッタリと牛の血がついている。

 残酷な場面を見せられ、後ろにいた女子二人は、両手で顔を覆っている。雪太も、この光景をあまりよいものだと認めなかった。これを、今度は自分がやらなければいけないのだと思うと、雪太は感傷に浸った。そして、この勝負を棄権したいという気持ちの方が、より強くなっていく。

「では、次は君の番だ」

 アメノーシが、そう言って雪太に小太刀を渡す。すると、また一頭がこちらに向かって走ってくる。それを見て、雪太も小太刀を握りしめると、走り出した。

 雪太は牛に跨ろうとするが、タイミングが掴めず、振り落とされてしまった。その場に倒れこむと、左腕を強く打った。しかし、何故か痛みはそんなに感じない。不思議に思いながらも、雪太は立ち上がり、もう一度牛の背中に乗るチャンスを窺った。

 その後、何度も何度も牛に振り落とされながら、どうにかして乗っかることができた。しかし、乗れただけでは試練は達成されない。雪太は、小太刀に手をかける。

(抜けない……?)

 この時、雪太に迷いが生じた。それが原因で、小太刀がなかなか抜けなかったのだ。今まで、虫以外は殺したことがない。故に、迷っているのだろうか。

 ……いや、理由はもう一つある。


 小学生の時、雪太が帰宅して家の中に入ると、最初に飛び込んできたのは、床に染みついた血だった。次に、酷い異臭を感じた。血の匂いだった。鼻血を出した時以上に、鼻の中が刺激される。ドアを開けると、そこは戦場のように、両親が横たわっている。部屋は荒らされており、血によってついた足跡がくっきりと見える。
 雪太は、絶叫した。

「うわあぁぁぁ!!」

 気がついた時には、また牛に蹴落とされた後だった。それを見て、異変を感じた春也達が、心配そうに駆け寄ってきた。

「雪太、大丈夫?」
「郡山君、しっかり!」

 必死に、春也と由佳が声をかけている。しかし、雪太の鼓動は激しさを増し、嘔気までもが襲ってくる。ずっと心の底に封印していた記憶が、突如として呼び起こされ、雪太に頭痛までを与えた。視界が歪み、自分が誰なのか、そして、どこにいるのかさえも分からなくなっていた。


 数分後。ようやく気持ちが落ち着いた。雪太はゆっくりと立ち上がり、再び走ってくる牛の背中に飛び乗ろうと試みる。しかし、まだタイミング合わず、乗ることができない。
 それを見かねたアメノーシが、

「もういい。君は、休憩室で横になっているといい」

 と言うが、

「いや、まだ……」

 と、雪太は諦めようとしない。また、牛に乗ろうとする。すると、また振り落とされる。そして、また立ち上がる。しばらくの間、それが繰り返された。
 春也は見ていられなくなったのか、雪太を止めに入った。

「もうやめよう、今の雪太には無理だって!」
「離せよ! 俺は、俺は……」

 雪太の足は、生まれたての小鹿のようにガクガク震えている。それでも、どうにかして雪太は、牛の背中に跨ろうとしている。すると……。

「怖いのか?」

 不意に、声がかかった。振り向くと、ツキヨミが立っている。

「動物を殺すのが、怖いのか」
「いや、それは……」
「君は、我々に力を貸すと言ってくれた。私も、それを信じている。だが、牛一匹殺せないようでは、とても戦争では生き残れない」

 雪太自身も、それは分かっている。しかし、どうしても昔のあの光景を、思い出してしまう。雪太は、腰に刺さっている小太刀をぎゅっと握りしめる。

「まあいい。そのうち、慣れるだろう。今日は、部屋に戻ってゆっくり休むといい」

 ツキヨミはそう言ってくるが、雪太の中では、まだ葛藤が続いていた。そして……。

「もう一度、挑戦させてください」

 雪太の目は真剣だ。ツキヨミも、止めても無駄だと判断したのか、許可を出した。今度こそ、成功させねばらない。雪太は、正確に牛の背中に狙いを定める。小太刀を握りしめ、牛が近くまで走ってくるのを待つ。その時だ。一頭が、こちらに向けて走ってくる。その瞬間、雪太は駆け出し、足をバネのように曲げ、勢いよく飛び上がった。そして、やっと牛の背中に着地。そのまま跨り、小太刀を抜こうと力を込める。

 しかし、まだ迷いは残っていた。腕に力が入らず、抜けない。血を見ると、またあの時の記憶が呼び起こされそうだ。人の過去は、何をしても変えられない。やはり無理だと、諦めかけた時……。

 向こうに、人の姿が見える。手には、小太刀を持っている。牛は速度を緩めることなく、走り続けている。やがてその人物が近くなり、顔もはっきりと見えるようになる。光河だ。光河は無言のまま、雪太を乗せた牛が走ってくるのを、動かずに待っている。このままでは、激突してしまうと思ったその時。光河が突然、飛び上がった。

 そして、空中で一回転した後、牛の頭に着地。持っていた小太刀を抜きながら、雪太の前に座る。何をするのかと雪太が思った瞬間、光河は小太刀を牛の首を突き刺した。喉を貫通し、鮮血が飛び散る。
 雪太が呆気にとられていると、光河が小声で雪太に囁く。

「迷った方が……、死ぬんだ」

 牛の走る速度は徐々に落ちていき……、やがて倒れた。その時に、光河はヒラリと降りたが、雪太は状況についていけず、牛と一緒に転倒してしまった。

 雪太が起き上がろうとすると、拍手が聞こえる。アメノーシが、

「いやあ、君はやる気を出せば、かなりの素質を持っているようだ」

 と、光河を褒めている。スノーも、雪太には目もくれず、光河のことを憧れの眼差しで見つめている。雪太は、しばらく起き上がれなかった。その時、誰かが手を差し伸べる。ツキヨミだ。

 雪太はその手を握ると、なんとか起き上がった。

「欠点のない人など、この世に存在しない。幸い、まだ時間はある。少しずつ、克服していけばいい」

 ツキヨミは優しく言ってくれるが、雪太は自分が情けなくなった。悔しさのあまり、拳を強く握りしめる。

 すると、ツキヨミが背を向け、その場から去ろうと歩き出す。そしてスノーの前に行くと、

「お前の遊びに、この子達を付き合わせてはいけない」

 と注意した後、スノーの手を引いていこうとした。その時、誰かがツキヨミを呼んだ。

「……、待てよ」

 ツキヨミが振り向くと、雪太が真っ直ぐな視線を送ってくる。そして、また口を開く。

「知っていたのか? 俺の、過去のこと」

 そう尋ねても、ツキヨミは黙っている。

「答えろよ」
「あぁ、知っていた。と言うより、調べさせてもらった。君達を部隊分けする際、人間界での記憶も見させてもらった。そうしたら君が一番、過酷な人生を送っていたようでな。実を言うと、君は他の誰よりも、すべての値が頭抜けていた。ただ、血を見れない人間を第一線に配属するわけにはいかないからな」

 なるほど、それで合点がいく。雪太は、またその場に座り込んだ。

「そういうことかよ……」

 雪太は、小学生だった頃、両親を殺され、親戚に引き取られた。それ以来、人や動物の血を見ることを極端に恐れ、授業中に鼻血を出した時も、教室内で絶叫したほどだ。

(なんだよ……、なんなんだよ、この無理ゲーは。ほとんど、詰んでんじゃねーか。俺、この世界で生きていけんのか……? これじゃ、到底一位になんてなれねーよ)

 雪太は、がっくりと肩を落とす。それでも、少しだけ安心している自分がいた。資質がなかったのではなく、他の誰よりも高かったという事実が、何よりも嬉しかったのだ。

「大和戦争 - Die was War -」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く