話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

大和戦争 - Die was War -

葉之和駆刃

『傍若無人』

 訓練初日。雪太達は、建物裏の広場に集められた。訓練では、部隊ごとにメニュー分けされており、また訓練時間も異なる。まるで学校の授業のようだ。その日、第六線の訓練は昼間に行われた。前に和服を纏った男性の教官が立ち、

「初めまして、私はアメノーシという者だ。以後、お見知り置きを」

 と、簡単な挨拶を述べる。その後、雪太達を見渡した。おそらく、どのくらいの能力が備わっているか観察しているのだろうと、雪太は察した。部隊編成は、それぞれの能力や資質を見て行っている。よって、第六線は最も値が低かった者達の集まりだ。分かっているはずだが、それでも一応調べるのは、このアメノーシという男の律儀さを表している。

 一通り見終わると、アメノーシが簡単に説明を施す。

「今から、簡単な能力検査を行う。まぁ、簡単に言うと身体測定みたいなものだ。気軽な気持ちで臨んでもらったらいい」

 今から、何をさせるつもりなのだろうと、皆が思っている間に、ゴツゴツとした岩山の前まで連れてこられた。見たところ、木は一本も生えていない。

「今から、この山を登ってもらう。どのくらいで頂上まで辿り着けるのか、時間を計って測定する」

 この男は簡単に言うが、どう考えても傾斜が六十度くらいある。それを、走って登れとでも言うのだろうか。最初の訓練の時点で絶望しか感じていないのは、おそらく雪太だけではない。他の四人も、なかなか登り始めようとしなかった。

「どうした。怖いのか? まったく、情けないなぁ。このままでは、他の部隊に更に差をつけられてしまうぞ?」

 アメノーシが、軽く煽ってくる。それでも、皆は依然として固まっていた。雪太は体力に関してはある方だが、他の四人が心配だ。麻依は陸上部だが、平らな道しか走れない。由佳と春也に至っては、全くと言っていいほど運動神経がない。光河は、際どいところだ。家から学校へは歩いてきているので、体力には自信があると自慢しているらしいが、それでも徒歩五分圏内のため、体力は雪太と差異ない。

「ひとつ言い忘れていたが、これはリーダーを決める試験でもあるんだ。この試験で一位をとれば、この部隊のリーダーとして認定される」

 アメノーシが言った。それを聞いた雪太は、ようやく動き出し、岩山を登り始めた。自分が、率先していかなければならない。そんな心情が芽生えたのだ。この部隊でトップに立てないような人間が、全体の一位になれるはずはない。必ず、一位になってやる。雪太は、そう心の中で誓った。

 それにしても、登り始めたまではよかったが、思ったより足場が悪く、うまく前に進めない。一歩間違えれば、転げ落ちてしまいそうだ。できるだけ前に体重をかけ、重い足をなんとか進めていく。

 しばらく登ると、雪太は立ち止まって後ろを振り向いた。誰の姿も見えない。どうやら、差が開きすぎてしまったようだ。他の四人は、どうしているのだろうか。どちらにしろ、雪太でさえも厳しい状況なのだから、今頃はヒーヒー言っているに違いない。

 雪太が一息つき、再び足を進めようとした時、誰かの視線を感じた。しかし、周りを見渡しても誰の姿も見えない。同じ第六線のメンバーが、追いついてきたわけでもなさそうだ。気のせいかと思い、また歩き出そうとすると、今度は声がはっきりと聞こえた。

「お〜い! そんなところで何してんだ?」

 雪太は向こうを目にすると、岩場に一本の木が立っている。そこに、人の姿が見える。よくよく見てみると、木の幹にスノーが座っていた。雪太は、その気に近づくと、スノーの問いかけに答える。

「訓練だよ。お前の方こそ、何やってんだ?」
「ここらは、おいらの縄張りなんだよ。アメノーシの奴、あれ程言ったのに、また訓練に使ったな」
「……お前、本当に女か?」
「あぁ、そうだよ。おいらの言うこと聞いてくれるんなら、お前を負ぶっていってやってもいいぞ?」
「結構」

 雪太は断ると、スノーを無視して再び頂上を目指した。

「最弱の部隊に何ができるのかな〜」

 後ろから、またスノーが煽りを言ってくる。雪太は気にも留めず、足を動かし続けた。好きに言えばいい、絶対に成果を出してみせると、雪太は胸中にて固く誓ったのだ。

 更に山を登ると、ようやく平らな地面が見える。そこには、アメノーシが立っている。アメノーシは、一番で到着した雪太を称揚した。雪太がアメノーシに時間を尋ねると、四時間半ということらしい。気がつけば、日はすでに暮れかかっている。登っている時はあまり気にならなかったが、言われてみれば、かなりの距離だった。

 岩山といっても、小さい山くらいある。一時間ほどして、光河や麻依が辿り着き、日が完全に暮れた頃、春也と由佳がなんとか辿り着いた。初日から、過酷な試練だった。皆は、がっくりと膝を落として荒い息を吐いている。

 しかも、アメノーシが言うには、明日からも試験は続くのだという。これは試験というよりも、拷問ではないかとその場にいる誰しもが思ったことだろう。それでも、アメノーシは予定を変えようという表情はせず、「今晩はしっかりと休息をとるように」とだ言い、帰ってしまった。

 解散後も、誰も立ち上がろうとしなかった。疲れ果てて、動けないのだ。すると由佳が、今まで我慢していたのか、不満を打ちまける。

「何が試験よ! こんなの、ゴーヤを生で食べるよりきついわ!」

 まったく、その通りだ。続いて、春也と麻依も口々に言う。

「こんなの、体がいくつあっても保たないね」
「いくらなんでも、無茶過ぎじゃない?」

 由佳は、「もう嫌っ!」と叫んで泣き始めた。光河に至っては、その場で眠ってしまっている。ここまで悲惨な状況であるが故に、「地獄」といっても差し支えないだろう。雪太は、初めてこの試練の過酷さを思い知った。それでも、逃げようという考えは現れなかった。ツキヨミと約束したのだ、必ずこの国に、再び平和をもたらすのだと。


 翌日。雪太達はアメノーシによって、ある場所に連れてこられた。浅い森を抜けると、神社のような建物があり、その裏には広い庭がある。庭を挟んで向こうの塀には、いくつもの的があった。ここは、一種の弓道場のようだ。

「今日は、ここで矢を射る練習をしてもらう。戦闘で最も重要なスキルだからな。心して、臨んでくれ。それにしても、一人足りないような……」

 アメノーシは、そう言いながらキョロキョロと周りを見回す。そこには、雪太含め四人しかいない。

「あれ? 平城君いなくない?」

 由佳も、気づいたようだ。光河の姿がどこにも見えない。

「あぁ、平城君なら寝てたよ。起こしても、起きそうになかったからね」

 春也が言うので、雪太は呆れ返った。普通は引きずってでも連れてくると思うが、これが数少ない春也の良心なのかもしれない。天然というか、どこか抜けたところがあるのが春也だ。

「困ったなぁ。全員揃ってないと、ツキヨミ様に怒られちまう……」

 アメノーシが言うので、雪太が手を挙げた。

「あの……、俺が連れて来ましょうか?」
「あ……、うん。頼むよ。その代わり、できるだけ早く戻ってきてくれ。では、残りの皆には弓と矢を渡す」

 そして、アメノーシは三人に弓矢を配り始める。雪太は、走ってそこを出ると、急いで第六線の部屋まで戻ることにした。

 部屋に戻るには、また森を抜けなければならない。雪太は走ったが、昨日の疲れがまだ残っているせいか、思うように速く走れない。するとまた、聞き覚えのある声が聞こえた。

「アメノーシの訓練、大変だろ?」

 雪太は足を止め、振り返ると一本の樹の上にスノーが立っている。

「またお前か」
「またって何だよ! お前のこと、心配してやってるんだぞ!」
「余計なお世話だ。それより、姉君の警護はもういいのか?」
「おいらは、遠くの音と近くの音を聞き分けることができる。だから、姉上の部屋に誰かが近づけば、すぐに分かるんだ」

 スノーは、自慢気に言った。本当にそのようなことがあるのかと、雪太は疑った。それなら試してやろうと思い、スノーに質問してみる。

「じゃあ、俺がどうしてこの道を通ったと思う?」

 今、スノーの言ったことが事実ならば、先程の会話も聞こえていたはずだ。スノーが何と答えるのか、雪太は楽しみに待った。そして、スノーが言った。

「仲間がまだ部屋で寝てて、今から起こしに行くんだろ?」

 ……合ってる。どうやら、本当のようだ。そうすると、スノーが雪太の前に降りてきた。スノーは、まじまじと雪太の顔を見上げてくる。

「……お前、おいらと力くらべしない?」

 スノーが出したその提案は、何か企んでいるようなニュアンスにも聞こえた。

「大和戦争 - Die was War -」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く