話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

大和戦争 - Die was War -

葉之和駆刃

『美味佳肴』

 一日目の夜になったが、雪太はなかなか寝付けなかった。いきなり知らない世界に送り込まれた挙句、第六線という最弱部隊に配属され、クソ不味い料理を食べさせられたのだ。そのため、雪太含め第六線にいる五人は、ほとんどの夕飯を残し、空腹のまま夜を迎えた。眠れないので、雪太は起き上がり、まだ完全に整理できていない記憶を一つひとつ片付けることにした。

 まず、ツキヨミの話によると、この国は大和帝國と呼ばれており、約二万年前にナギという人物によって建国されたのだという。また、大和帝國は三つの地方に分かれており、三つの種族がそれぞれの治安を維持している。

 更に、この国はヤマタイ族という種族に狙われており、遠くから化物を送り込んでくるのだと言っていた。そのヤマタイ族というのは、もともと大和帝國に住んでおり、儀式に異を唱えたため、国から追い出されてしまった。その復讐のために、大和帝國を襲うようになったという話だった。

 しかし、雪太にはどうしても分からない点があった。それは彼らは何故、神を崇める儀式に反発したのかだ。考えれば考えるほど、目が冴えて眠るどころではなかった。
 雪太がベッドの上に座っていると、突如として部屋が明るく照らされた。窓の外には、満月が煌々と輝いている。それは雪太達の世界で見える、数倍の明るさだった。それよりも、他のみんなは大丈夫なのだろうか。そんな不安が、雪太の胸を通過していく。

 雪太は、他の四人が眠っているのを確認すると、そっとドアを開けて部屋の外に出た。眠れないのなら、少し探索でもしよう。雪太は、真っ暗な外に出た。頼れる光は、月による明かりだけだった。
 雪太は、どうしても落ち着かず、じっとしていられなかった。

 建物を出ると、雪太は下へと降りる階段を見つけた。一旦そこに座り、気持ちを落ち着かせようと思った。これから、自分達はどうなってしまうのだろうか。その不安だけが、雪太の脳内を駆け巡る。そうしていると、ふと誰かの気配を感じた。

「雪ちゃん……?」

 優しい声だ。雪太は、ゆっくり後ろを振り返った。

「桜井……?」

 そこには、明日香の姿があった。明日香は驚いている雪太に、また優しく笑いかける。そして、雪太の隣まで来ると、そのまま腰を下ろした。

「雪ちゃんも、眠れないの?」
「あ……、うん。お前は?」
「私も……」

 横を向くと、明日香は空を見上げている。満月が、二人に微笑みかけるように、深々と輝きを放ち続けている。二人は、しばらくその月に見とれていた。すると、突然明日香が雪也に話しかけた。

「そうだ。これ、余ったから食べていいよ。今日の、晩ご飯」

 明日香は、雪太にある包みを渡した。それを受け取ると、雪太はそれを開けた。中には、肉らしきものが入っている。おそらく、鳥か何かだろう。これが、第一線に出された料理かと、雪太は感動を覚えた。
 そして、同時に自分が情けなくなってくるのだった。自分は、戦争における資質が低いために、第六線という戦力にもならないような部隊に放り込まれてしまった。そのことが、何よりも悔しいのだ。

「……どうしたの?」

 明日香は、雪太を見つめながら、また声をかけてくる。

「……いや、何でもない。ありがとな」
「雪ちゃんのとこは、どんな料理が出たの?」
「あ、いや、まあ、豪勢だったよ。あんなの、今まで食べたことがなかったなぁ」
「私も。あぁ、もうちょっと食べたかったかも」

 明日香を安心させるため、雪太はありきたりな嘘をついた。が、明日香の言葉を聞いて、「じゃあ何故残したし」と思った。大体は想像がつく。明日香自身、すでに分かっていたのだろう。第一線と第六線では、待遇が異なるのだということを。それを知っていたからこそ、雪太のために自分の分を残したのかもしれない。

「じゃあ私、もう行くね」

 明日香が立ち上がり、手を振った。

「なぁ、桜井」
「何?」
「あ、いや、やっぱり何でもない。頑張ろうな」
「うん」

 明日香は、最後に笑顔を見せた。そして、部屋に戻っていった。
 雪太は、しばらくそこに残って考えていた。先程まで辺りを照らしていた月も、今は雲に隠れて見えなくなっている。雪太は、明日香からもらった肉を一口かじった。美味い、美味すぎる……。
 それこそ、今までに食したことのないくらい、美味だと思った。明日香は、これを自分のために残してくれていたのか。それを思うと、次第に雪太の視界が水滴で覆われていくのが分かった。

 雪太は心底、明日香が戻っていった後に食べてよかったと思った。このようなところを見られでもしたら、情けなくて恥ずかしい。同級生の女子の前で、涙を流す姿を見られるなど、男子としては絶対に嫌だったのだ。

 食べ終わると、雪太も部屋に戻る決心をした。どうせ眠れないだろうが、夜ということもあり、外は少し肌寒い。腹も明日香がくれた肉で、だいぶ満たされた。心も先程よりは落ち着きを取り戻し、今なら、もしかすると寝付けるかもしれない。


 部屋に戻ると、やはり先程と同じように、しんと静まり返っている。雪太は、自分のベッドに横になり、ゆっくりと目を閉じる。すると、数分も経たないうちに、意識が朦朧としてきた。そして、そのまま、ゆっくりと眠りにつくのだった。


 朝、目覚めると雪太は起き上がった。周りを見渡すと、どうやら皆起きた後のようで、部屋には誰もいない。まずい、寝すぎてしまったと、雪太は内心焦った。部屋には、眩しい朝陽が差し込んでいる。その時、部屋の戸が開いた。そして、春也が顔を出す。

「やあ、やっと起きたね。みんな、広間で朝食をとってるよ。雪太も早く来なよ」

 春也の言葉を聞き、雪太は一安心する。そして春也と一緒に、そこへ向かうことにした。

 着くと、皆は友達同士などで会話しながら、食事をとっている。皆も、一晩寝ることによって、だいぶ状況を理解できるようになったのか、笑顔もちらほら見える。見たところ、食べているものは全員一緒のようだ。

 雪太が席に着くと、春也も隣に座った。

「ねぇ、雪太はさ、昨日の晩どこに行ってたの?」
「起きてたのかよ、言えよ」
「まぁ、声をかけたとしても、無視されると思ったからね。なんか、陰々滅々とした雰囲気にも見えたからさ」

 雪太と春也の会話を聞いていたのか、正面に座っている麻依がきいた。

「ねぇ、陰々滅々って何?」
「あぁ、簡単に言うとね、気分が暗いっていう意味さ」

 春也は説明する。

「ふ〜ん。ねぇ、シキちゃん知ってた?」

 麻依が、隣にいた由佳にきく。すると、由佳は言った。

「わかんない。私、頭の中ピーマンだから」
「だよね〜」

 それを聞いた春也は、次のように言った。

「でもそれって、栄養補給するには十分すぎる野菜だよね。空っぽに見えて、実は空っぽじゃない。人も同じ。何も考えてなさそうに見える人ほど、実は何かを考えているもんさ。だから、人は外見で判断しちゃいけない。人にはそれぞれ、その人にだけに限られた素質がある。俺はそう思うな」

 また、春也の演説が始まったと、雪太は思った。春也はたまに、どこかの教授のようなことを言い出すことがある。それには雪太も慣れているため、毎回聞き流しているのだが。この時も、特に気にすることもなく、雪太は無言で朝食をとっていた。
 その時、由佳と麻依がこんな会話を始める。

「でも、私達はその素質? っていうのが低いから、第六線なんでしょ?」
「そうそう。普段から何も考えてなさそうな平城君もいるし」

 早速、春也が論破されていると、雪太は心の中で笑った。それにしても、一体何を基準に部隊分けを行ったのか、未だによく理解できていない。体力なのか、頭脳なのか、はたまた潜在能力か何かなのか。この編成を見ていても、ただ個性に溢れている奴の集まりとしか思えない。雪太の箸は、いつの間にか止まっていた。

 すると、近くから誰かの寝息が聞こえてくる。横を見ると、光河が丸まって寝ているのが見えた。よくこのような状況で寝ていられるもんだと、雪太は呆れ返った。それどころか逆に、光河のその平静さが羨ましいとも思えた。それに、由佳達も気づく。

「あれれ、平城君また寝ちゃってる」
「さっきまでは、ちゃんと起きてたのに」
「まぁ、平城君は基本、マイペースだからね」

 春也が言うのを聞いて、マイペースというより、状況を把握しきれていないのではないかと、雪太は心配になってしまった。そして、起こそうと平城の身体を揺すった。

「おい、平城。いい加減起きろよ。置いてくぞ」

 しかし、平城は目を覚ますどころか、こんな寝言まで言っている。

「ん〜……、二位は一位に勝てない……。そして俺も……、三位は二位に勝てない……」

 雪太は、グサッと心に何かが刺さったような感覚を味わった。

「いや〜、雪太。痛いところ突かれちゃったね。まぁ、雪太は基本、勉強とスポーツ以外は特に取柄がないからね。だから、どう頑張っても、大和には勝てないんだ」
「うるせーな」

 春也にとどめを刺され、雪太は落ち込んだ。確かに雪太は、勉強でもスポーツでも、何においても、大和に勝った試しがない。それだけ、大和が完璧だったのだ。

 そうこうしていると、部屋の戸が激しく開く音がした。そして、食事をしていたクラスメイト全員が振り返る。すると、家来達を引き連れてツキヨミが入ってきた。それを見て、雪太の全身に嫌な予感が走る。ツキヨミは、全員の前に立ち、口を開いた。

「今日の午後、大和帝國の種族について説明を行う。それまで、各々部屋で待機していてくれ。今は、それだけだ」

 それだけ言うと、ツキヨミ達はまた部屋を出ていった。それを受けて、クラスメイト達は再びザワザワし始める。それは、雪太のいる第六線も例外ではない。互いに顔を見合わせながら、不安を分かち合っている。雪太もそろそろ、本格的に現実を受け入れなければならない、そう認めざるを得ないと悟った。

「大和戦争 - Die was War -」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く