話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

大和戦争 - Die was War -

葉之和駆刃

『理不尽な階層』

 雪太は、ツキヨミに指定された部屋に行った。広間を出てすぐ、隣の建物の中に入り、長い廊下を歩けば、幾つもの部屋が並んでいた。ドアには、「第六線」と書かれている。雪太は、しばらくドアの前に立っていると、話しかけてくる者がいた。

「あれぇ〜? もしかして、雪太も第六線になっちゃった? いやぁ、世の中何が起きるか分からないね。奇想天外とは、まさにこのことだね!」

 それは春也だった。春也の手首にも、雪太と同じ黄色の勾玉の飾りが付いている。それを見ると、雪太は何故だか安心した。春也がいてくれることにより、少し気が軽くなったような気がしたのかもしれない。雪太は、明日香や春也以外のクラスメイトとは、あまり口を利かない。勉強を見てほしいと言われても、断ることが多い。

 ドアを開けると、中にはすでに女子が二人いた。一人は添上そえかみ麻依まいといい、現実世界では陸上部に所属している。肌は日焼けしており、半袖を着ていると、日焼けしている部分としていない部分との境界線が、袖口から垣間見える。

 二人目は磯城野しきの由佳ゆかといい、実家が農家で、たくさんの野菜を育てているため、春也の実家である八百屋でも、磯城野家で獲れた野菜をよく扱っているのだという。

 四人が部屋に集まったが、他に誰が来る気配もしない。ここは第六線。生徒一人ひとりの資質を調べられた結果、雪太はここに放り込まれてしまったのだ。第一線が前衛を張れるのだとしたら、第六線は一番後衛、言わば「最弱組」という位置付けになる。

 一位を目指すはずだったのに、あろうことか一番弱いチームに入れられてしまったことに、雪太は憤りを覚えた。しかし、これも神が選んだことなのだろう。文句を言えるはずもない。

 部屋には、ベッドが五つ用意されており、テーブルや椅子、食器戸棚など暮らすために重要なものは、一通り揃っている。一見して、和風な世界だと思っていたら、現代の日本とあまり差異のない、和風と洋風が入り混じった部屋だった。雪太はベッドの数を見て、あることに気づいた。こちらは四人なのだから、ベッドの数も四つではないのか。

 雪太のクラスは、三十人。しかし、大和が学校に来ていなかったため、召喚されたのは二十九人となる。それを六つの部隊に分けたとすれば、一部隊あたり、だいたい四〜五人だろう。第六線は最弱組ということもあり、四人という可能性も十分考えられる。しかし、ベッドの数を見る限り、五人分用意されているのだ。

 もしかしたら、まだ広間に取り残されている者がいるかもしれない。雪太は念のため、一度あの部屋に戻ってみることにした。部屋を出ると、また長い廊下を歩かなくてはならない。そう思うと、戻るのが少し億劫になる。それでも、雪太は一応広間に向けて、歩き出した。

 そうすると、誰かの気配に気づく。後ろを振り向くと、明日香が立っていた。明日香は、じっと雪太の方を見てくる。心配そうなその瞳は、気を抜けば吸い込まれてしまいそうなほど澄んでいる。明日香が、何か言いかけようとした時、明日香の背後から、二階堂瑛が姿を見せる。

「いやぁ、最弱さん。どうしたんですかぁ?」

 嫌味っぽく、瑛は言った。瑛の手首を見ると、赤い勾玉があった。第一線の証だ。瑛もまた、明日香と同じ第一線だったのだ。雪太にとって、瑛には勉強やスポーツにおいて、一切負ける要素がないのだが、こればかりは敗北感が襲ってくる。そして瑛の後ろからは、更に広陵と大淀も顔を出す。二人もまた、第一線の赤い勾玉を手に付けている。

「お、悔しい? 聞かせてくれよ、今の気持ち。お前、異世界でもトップに立てないのか、可哀想に」

 広陵も、そう言って雪太を煽ってくる。微塵も同情などしていないくせにと、雪太はその三人とは目を合わせることをしなかった。今、どんな顔をしているか、見なくても分かるからだ。きっと雪太を嘲笑し、バカにしたような顔で見下しているに違いない。

「行こうぜ!」

 瑛は、明日香を無理やり連れていった。ところで、明日香は何を言いたかったのだろう。雪太は、明日香の後ろ姿を見つめながら考えていた。その直後、雪太に近づいてくる他の女子がいた。京子だ。彼女も、赤の勾玉を揺らしながら雪太に歩み寄ってくる。
 京子は雪太の前まで来ると、こう告げた。

「……みんなの前ではあんなこと言ったけど、本当は怖いの。もうすぐ死ぬかもしれないって思っただけで、鳥肌が立って、何もできない自分が情けないの」

 珍しく、弱気なことを言った。普段は学級委員として、強気な発言ばかりしていた京子が、まるで別人のようだ。それでも、最後に京子はこう言うのだ。

「でも、明日香は私が絶対守るから。郡山君は、心配しないでね」

 そして京子も、部屋に戻っていった。きっと、京子は無理しているのだろう。今の発言からも、それは読み取れた。
 しかし、その言葉を聞いて、雪太は京子がいてくれるだけでよかったと思うのだった。明日香のことを思うと、あの不良に囲まれていたら、何をされるか分かったものではない。それ故に、京子の存在が何よりも頼もしかったのだ。

 雪太は、広間に戻った。灯りが消え、中は薄暗い。中に入った雪太は耳を澄ましたが、特に何も聞こえない。やはり、ここにはいないのかと引き返そうと思った時、どこからか寝息のような声が聞こえてくる。初めは気のせいかと思ったが、確かに聞こえてくるのだ。そして、雪太は耳の聴力をフル発動させる。間違いない、人の寝息だ。この部屋に、まだ誰かが残っているのだろう。雪太は、そっと奥の方へと足を進めた。

 そこで、一人の男子生徒が寝ているのを発見する。それは、平城へいじょう光河こうがという生徒だ。よくもまあ、このような状況でスヤスヤと眠れるなと半ば呆れつつ、雪太は光河を起こそうと近づいた。そして、手首についている勾玉の色をチェックする。黄色だった。

 雪太は光河を背負い、部屋に戻ろうと再び歩き始めた。因みに、光河は雪太の次に成績上位で、オンとオフの切り替えの差が激しい性格をしている。

 部屋に戻り、雪太は光河をベッドに寝かせた。光河は、依然として起きる気配すら感じさせない。それを見ていた女子達は、雪太に「お疲れ様」と言わんばかりの視線を送ってくる。春也は、ちゃんと声に出して雪太を激励した。

「いやぁ、本当に君が第六線だなんて思わなかったよ。一位を目指すはずだった雪太が、こんなところにいたんじゃ本来の強さを発揮できるわけがない。ツキヨミさん達は、それを分かってないのかね〜」
「でも、資質とか潜在能力とかで分けたんだろ? それじゃ、仕方ないよな……」
「雪太って、本当にいつも当たり前のことしか言わないよね。論理的な事柄だけを言っても、解決しないこともあるさ。データで証明されたことだけが真実じゃない、僕はそう思うんだ。君の脳は、ツヤツヤし過ぎているよ。論理的にしか考えられない、残念な脳さ。勉強はできるのにね」

 「何言ってやがる」と思いながら、雪太はそれを適当に聞き流す。

「ツヤツヤ……、それって野菜に例えるとナスビだよね!」
「何でだよ!」

 春也の話を聞いていた由佳が、いきなり話に入ってくる。由佳は、クラス順位でいうと、真ん中よりは下だった。そして、家が農家ということもあり、思ったことを何でも野菜に例える変な癖がある。雪太は内心、これからこいつらを相手にしなければいけないのかと思い、溜息が漏れた。

 その時、ドアが開いて着物を身に纏った女性が部屋に入ってきた。その格好は、どちらかというと庶民的で、現代でも見かける一般的な着物を着ている。おそらく、侍女か何かだろう。

「お食事をお持ちいたしました」

 侍女はそう言いながら、五人分の食事をテーブルに置いた。しかし、それを見た雪太達は愕然とした。そこに置かれたものは、とても人間界からの客人を持て成す料理とは思えなかったのだ。おかずは魚を擂り潰したようなものと、漬物だけであり、ご飯の量も茶碗半分程度しかない。それを見て、急に麻依が立ち上がった。

「ちょっと! 何なんですか、これは! これ、絶対にお客に出す料理じゃないですよね? 私達、無理矢理この世界に連れてこられたんですよ! それだったら、もっとマシな料理出しなさいよね! もっと、勇者を持て成しなさい!」
「す、すみません……。この大和帝國では、ヤマタイ族の侵撃に遭い、食糧が不足しているのです。誠に申し訳ありません」

 侍女がそう話すと、部屋を出てしまった。しかしそれが何を意味しているのか、雪太はすぐに理解した。多分、第一線の明日香達は今頃、今まで食べたことのないような、豪勢な料理を食べているのだろう。自分達は第六線にいるから、ろくな料理が出てこないのだ。雪太は、そう考えた。侍女が、食糧が不足していると言ったのは、他の生徒達に持て成す料理を作っていたからだろう。それにより、第六線に出す料理に回せないのだ。

 本当に、どこの世界にもヒエラルキーはついて回る。改めて、それを思い知らされた。雪太は仕方なく、その非常に不味い料理を食べ始める。他の三人も嫌々ながらそれを食し、光河は未だに寝ている。このままだと、初戦でこのパーティは全滅しかねない状況だ。
 どうにかして、打つ手を考えなくてはならない。この調子だと、この部隊はろくに訓練する機会すら与えてくれなさそうだ。

 焦りと憤りを必死に隠しながら、雪太は考えを巡らせた。時に、明日香は今頃どうしているのだろう。不良三人組から、嫌なことをされていないだろうか。京子がいるとはいえ、雪太はまた少しずつ、明日香のことが心配になってくるのだった。

「大和戦争 - Die was War -」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く