話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

大和戦争 - Die was War -

葉之和駆刃

『ようこそ異世界へ』

 雪太は、ふと目を開けた。最初に視界に入ってきたのは、石でできた天井だった。生きているのか、死んでいるのかも分からない。覚えているのは、教室内が今までに見たことのない、強い光によって照らされた、あの時までだ。

 雪太は起き上がると、まず周りを確認する。そこは、どこかの牢獄のような部屋だった。天井が高く、窓も高い位置にしかない。脱出を試みても、外に出るのはまず不可能だろう。仮に壁を登れたとしても、鍵が開いているという保証はない。

 そして、次に周りに何があるかを確認。傍には、高そうな壺が置いてある。西洋風かと思いきや、日本風の柄が描かれてある。ここは、どこなのだろう。夢か、現実か。春也の言った通り、本当に異世界へ来てしまったのだろうか。いや、そんなはずはない。異世界なんぞ、存在するはずもない。もし、そうだとすると夢しか考えられない。でも、雪太は違和感を覚えた。夢にしては、意識がはっきりとし過ぎている。

 これは、やはり現実なのか。雪太は、未だに信じ難かった。部屋には、他に人の姿はない。皆、どこに行ってしまったのだろう。そしてここは、どのような世界なのか。一体、誰が何を思って、自分をこんなところへ閉じ込めたのか、雪太は胡座をかいて目を閉じ、只管考えていた。

 幾分か経った頃、僅かな足音を雪太は聞き逃さなかった。誰かが、まっすぐ自分のところへ歩いてくる。雪太は、ゆっくりと瞼を開けた。

 前には、牢越しに雪太を見つめてくる者がいる。長い髪を上の方で括り、男とも女ともとれる、中性的な顔立ちをしている。しばらく黙って雪太を見下ろしていたその人物は、牢を開けた。雪太は内心、恐ろしかったが、なるべく顔には出さないよう努めた。

「大和帝國へようこそ。広間に、皆集まっている。お前も来るといい」

 その人物は、そう言うと雪太を部屋から連れ出し、広間へと案内した。

 雪太はその部屋の戸を開けると、中にはクラスメイト達がいた。どうやら、雪太が最後だったらしい。

 その中には、状況についていけず、放心する者、泣いている者、様々いる。そして雪太は、真先に明日香を探した。広間は体育館よりやや広く、畳が敷き詰められている。前には舞台があり、まるで宴会場のような造りになっている。明日香は、舞台に比較的近い場所に座っている。すぐに雪太は、それを見つけた。明日香に近づき、声をかける。それでも尚、明日香も他の生徒達と同じように、放心状態だった。

 雪太は、明日香の隣に座った。これから何が起きるのか、皆目見当がつかないが、それでも明日香を心配した。すると、明日香の口が開いた。

「雪ちゃん……。私達、これからどうなるんだろうね……」

 その声は、やはり震えている。

 数分後、広間の戸が開かれると、数人が中に入ってきた。皆、袈裟のような白装束に身を包み、今から何かの儀式でもするかのような雰囲気だった。最後に、雪太がこの世界に来て初めに見た、あの人物が入ってくる。他の者達とは違い、高貴そうな服を着ている。

 その人物が舞台の中央に上がると、雪太を含む生徒達を見渡しながら、話し始める。

「皆、驚かせてすまない。私は、ツキヨミ・ウルフットという者だ。突然だが、お前達をここへ呼んだのは、我々に力を貸してほしいからだ」

 それを聞くと、クラスメイト達を更に混乱が襲った。急に、「力を貸してほしい」などと言われたのだから。

 その後、ツキヨミが詳しい説明をした。

「ここは大和帝國。この国は、二万年前にナギという人物により、建国された。それ以来、我が一族は先祖代々、この国を治めてきた。国は三つに分断されており、それぞれタカマ、ヤヨイ、ウナバラという名が付けられている。そしてそれを、それぞれの士族が統治している。

 因みに、ヤヨイはヨヤヨイ族が、ウナバラはウカイ族が、それぞれ治めている。そしてタカマを治めているのが、我らコージ族だ。二万年もの間、我ら三族が結束してこの国を平和に守り抜いてきた。

 しかし現在、ヤマタイ族と名乗る士族が、この国を攻めて来るようになったのだ。化物を送り込んできては、この国を荒らし回っている。その理由は、百年に一度、神に祈りを捧げるという儀式がある。この国の中心部にある祠に、この国で獲れた食べ物を献上し、奉納しなければならない。我らは、ずっとその教えを貫いてきた。

 それがある日、神に感謝をしないものが増えてきたせいか、反発の声を上げる者が出てきてな。反乱が起きて、それを父上が軍隊で制圧されたのだ。その者達はこの国を追われ、外に出ていったが、怪しい術を身につけ、化物を自ら作り出し、それをこの国へ送り込んでくるようになった。そして、村などを荒らすようになったというわけだ。

 奴らは復讐のために、この国を滅ぼすつもりなのだろう。父上が何度も軍隊を派遣したが、帰ってきた者は一人もいない。ヤマタイ族が兵士達を洗脳し、味方にしているという噂も浮上し、誰もそこへ行きたがらなくなってしまった。

 危機を察した父上が、人間界から援軍をお呼びなさったのだ。彼らであれば、この国を救えるかもしれないと、そう仰せであった。それが、お前達だ。だから、どうか我々と共に戦ってほしい。勝手に呼び出した償いはしよう。どうか、お願いしたい」

 話し終えると、ツキヨミは頭を下げた。そうすると、生徒達からはこんな声が飛び交う。

「ふざけんな!!」
「戦争なんて、できるわけないじゃん!」
「早く家に返してよ!」

 ツキヨミはその反応を読んでいたのか、顔を上げると冷静な顔で言った。

「すまない、説明不足だったな。父上は、御自ら神の祠に赴き、神に祈りを捧げたのだ。その願いが神に通じ、お前達を呼ぶことに成功した、とでも言おうか。それ故、お前達を元の世界に帰す方法は、今のところ不明なのだ」

 その言葉で、生徒達は「絶望」を味わうことになる。何が何だか分からず、また泣き出す者もいる。要するに、ヤマタイ族との戦争に雪太達を駆り出そうというのだろう。雪太は、再び明日香の方を向いた。先程までとは違い、明日香は平常心を取り戻しつつある。それを見て、雪太は少し安心した。

 ツキヨミは全体を見渡しながら、話を続ける。

「もちろん、それなりの力は授けるつもりだ。お前達が寝ている間に、お前達の資質、能力を調べさせてもらった。それをランク分けし、六つの部隊を編成した。お前達の手首に、飾りが付いているだろう。その色が、それぞれの強さを表している」

 雪太が、自分の右手首を見ると、確かに黄色の勾玉が付いた飾りがはめられている。

 ツキヨミが言うには、部隊は「第一線」から「第六線」まであり、勾玉の色で分けられ、数字が大きくなっていくに連れ、弱くなっていくのだという。

 因みに、第一線が赤、第二線が青、第三線が緑、第四線が藍、第五線が橙、そして第六線が黄色なのだという。雪太は、改めて自分の右手首に付いている、勾玉の色を確認する。そして、更に絶望という名の扉を開けることになった。雪太の入れられた部隊は第六線。つまり、一番弱い部隊ということになる。

「急に連れてこられて、混乱するのは当然だろう。しかし父上は、お前達を必要とされている。そして、私達もそれは同じだ。どうか、力を貸してほしい」

 ツキヨミが言うと、皆は互いに顔を見合わせる。誰も、答えようとはしない。安易に、戦争に参加するなどと答えてしまうと、それはほとんど「死」を意味するからだ。雪太も、答えることはできなかった。その時、誰かが立ち上がった。

「私、戦います!」

 明日香だった。驚きのあまり、雪太はただ、明日香を見つめることしかできなかった。普段は活発な男子生徒でさえも、今は気が死んでいるのだ。それにもかかわらず、明日香が真っ先に立ち上がった。

「だって、どうせ帰れないんでしょ? だったら、何もやらないよりはましだよ! みんな、怖いのは一緒だけど、それでも困っている人を黙って見ているのは嫌! 私一人だけでも、戦います!」

 雪太は十年余りもの間、このような強気な明日香を、未だ嘗て見たことがあるだろうか。ずっと、雪太を陰ながら支え、自分が目立つようなことは一切しなかった。本当に、自分の知っている明日香なのだろうかと、雪太は疑うほどだった。すると、

「私も、戦います!」

 と、学級委員の西京子も立ち上がって言った。その後、我を取り戻した生徒達が、次々と名を上げる。結果的には、半分以上の生徒が宣誓することになった。

 ツキヨミ自身も、これは予想していなかったらしく、しばらく呆気にとられていた。
 そして、

「ありがとう。隣の建物に、それぞれの部隊用に用意した部屋がある。皆、そこへ戻って次の伝達が来るまで待機していてくれ」

 と、ツキヨミは言うのだった。

 皆、広間を出ていく用意を始めた。一方、最後まで雪太が声を発することはなかった。迷いに邪魔をされ、うまく思考が回らなかったのだ。これから、どんな試練が待ち受けているのだろうか。そればかりが、雪太の頭の中にあった。

 そして、その時、雪太は見たのだ。明日香の左手首で、赤の勾玉が揺れているのを。

「大和戦争 - Die was War -」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く