精霊使いの紋章〜僕はハーレムを作り無双する〜

感想待ち!

防戦一方

僕はラネの怒涛の攻撃に防戦一方で反撃に出ることができなかった。

ラネは獣人としての身体能力をフルに活かして素早い攻撃を仕掛けてくる。人族の僕と獣人のラネの身体能力には大幅な差がある。さらにラネは《獣心解放》していてさらに身体能力が強化され白虎の力が上乗せされているのだ。ラネは白虎の能力でラネの手に白い光の爪が出来ている。それが両手に出来ているので単純に僕より攻撃する手数が多い。

「おらぁ!おらぁ!」

ラネが両手の白い光の爪を上手く使い僕に反撃させる隙を与えない。

「くっ!【強化】」

このままだと何も出来ないままやられてしまうので僕は【強化】の能力を使う。

「なぬ!」

【強化】を使った僕は何とかラネのスピードについて行くことができ少しずつ反撃していくことができた。

「やるな!それならもっと上げていくぞ!」

少しずつ押し返して行けたと思えばラネがさらに素早い攻撃に僕は再び押し返された。

「仕方ないな!【強化】」

僕は再び【強化】を使いラネのスピードに対応していく。

「な!やるな!」

僕のスピードが上がったことに気がついたのだろう、ラネは驚いた表情になったがそれも一瞬でラネは嬉しそうな表情に変わった。

「なら俺ももっと上げてくぞ!」

ラネの体から白い光が溢れてきてさらにラネの攻撃が速くなっていく。

「はっはっは!楽しいぞ!」

ラネが楽しそうに笑い声を上げながら僕に怒涛の攻撃を仕掛けてくる。

「やるな!お前!」

ラネは思いっきり僕を殴り、距離をとった。

「このままだとラチが明かないから本気を出すぞ!【聖獣化】」

ラネの体から白い光が溢れ出しそのままラネの体を包んだ。

「がぉぉぉぉぉー!いくぞ!」

白い光が収まったと思ったらラネは全身に白い光を纏わせていた。ラネは体を伏せ僕に向かって吠え、一直線に向かってきた。その姿は白虎そのものだった。そのスピードはマリアの【神速】を超えてはいないがラネは細かい動きで僕を翻弄した。その動きはまさに獣だった。

その獣さながらの動きに僕は対応することが出来ず翻弄される。

「このままじゃ負けてしまうな!」

僕はこのままいくと負けてしまう。僕は今はもう防戦一方で少しずつ防ぎきれずにダメージを負ってしまっているがラネは自慢の身体能力を活かし僕の攻撃を避けて僕に攻撃している。このまま行くと僕が負けるのは明らかだった。

「仕方ない僕も本気を出すか!」

僕もとっておきの力を出すことにした。

「精霊使いの紋章〜僕はハーレムを作り無双する〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く