精霊使いの紋章〜僕はハーレムを作り無双する〜

感想待ち!

ダンジョン

何事もなく僕は楽しい学園生活を過ごしていた。

いつものように授業を受けていたら、

ビービー、ビービー

モンスター出現、モンスター出現

討伐隊は直ちに職員室まで来て下さい。

突然、放送が鳴り響いた。

「どうやらモンスターが出現したようだ。」

ナノーラ先生がみんなを落ち着かせる。

モンスターは基本的にふた通りの方法で生まれてくる。

一つは、モンスターが子を作ること

もう一つは、ダンジョンから生まれてくる。
どうやってダンジョンからモンスターが作られているかはわからないがダンジョンからモンスターは生まれてくる。

「どうやらダンジョンからモンスターが出てきたようだ。本来はダンジョンからモンスターは出てこないのだが、稀にダンジョンからモンスターが出てくることがある。」

「だが、安心しろ、うちの学園の上級生達が討伐にでる。」

その言葉にみんな安心した。

うちの学園はみんなレベルが高い。

「よし、落ち着いたな、モンスターの事は上級生達に任せて授業を再開させるぞ」

僕たちは授業を再開した。

しばらくして、モンスターを全て退治したと
放送が鳴った。その後は、普通に授業を受け、その日を終えた


今日は授業がないので寮を出て散歩していると、

「おはよう、エイラ」

僕はエイラを見つけたので声をかける。

「おはよう、、」

無表情なのは相変わらずだ。

「ダンジョンに行く、一緒に行く?」

首をコテンと、聞いてくる。

 〔その姿は、とても可愛らしい!

      だが、無表情なのが惜しい!

     まて、無表情だからいいのか?〕

など、考えていたら、

「どうしたの?」

エイラが不思議そうに声をかけてきた。

だが、また、首をコテンとして聞いてきたので可愛いと思っていたら、

じー、

何か視線を感じたのでそっちを見てみると、

いつの間にか現れたリティが、僕をじと目で見ていた。

僕は慌てて返事をした。

「あぁ、うん、一緒に行くよ。」

「そ、」

一緒に行くことを伝えた時に一瞬エイラが笑った。

一瞬だった笑顔に見とれていると、

また、リティにじと目で見られていたので、

「ど、どうしたんだ?」

「ふーんじゃ、何もないのじゃ!」

プイと、何もないと言いながら怒っている。

「機嫌を直してくれよ、そこでアイスを買ってやるから、」

「2つで許してやるのじゃ!」

僕はアイス屋でアイスを買おうとしていると、

「私もアイスが欲しい」

僕の顔をじーと見ながら言ってきた。

「いいよ、エイラは何にする?」

「イチゴ味」

僕はアイスを3つ買って、2つをリティに、1つをエイラにあげた。

エイラは小さな口でパクパク食べる

その様子がとても可愛らしかった。

アイスを食べ終わると

少し頬を赤く染めながら

「美味しかった、ありがとう」

僕はまたアイスを買ってあげようと心に誓った。



ちなみにリティは、

二つのアイスを交互に食べていた。

「もう少し、食べたかったのじゃ~」

と、呟いていた。

「精霊使いの紋章〜僕はハーレムを作り無双する〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く