精霊使いの紋章〜僕はハーレムを作り無双する〜

感想待ち!

決闘

僕とマリアが唱える。

「「霊装展開」」

僕は刀を構え、マリアは手に籠手を足にブーツみたいなのを展開した。

お互い見つめ合う。

先にマリアが動き出す。

大きく振りかぶり一撃を放つ。

僕は避けた、元に立っていた場所には穴が空いた。

「すごい一撃だね!」

「そうよ!絶対に勝ってやるんだから!」

マリアは何度も攻撃してくるが僕はそれを避け続ける。

「避けてばっかいないで攻撃してきなさいよ!」

マリアが大きく一撃を放った。

その一撃の後に大きな隙が出来たので、素早く走り込みマリアに一撃を入れる。

「やればできるじゃない!」

マリアに防がれてしまった。

押し合いになるが普通の状態だとマリアの方が力が強いので押し返されてしまった。

押し返され怯んだところにマリアのが飛んできた、僕はそれをギリギリのところで避けきる。

「このままじゃケリがつかないようね!仕方ないから私の精霊の力を使うわ!」


【神速】

唱えた瞬間にマリアの姿を見失った。

次にマリアの姿を見た時には、僕の懐にいて殴りかかろうとしているところだった。

僕は咄嗟に刀で防ぐ。

「はぁぁぁー!吹っ飛べーー!」

その言葉の通りに僕は刀で防げたが勢いは止まらず吹っ飛ばされていく。

「なかなかやるわね!」

「はぁ、はぁ、速い、」

「そりゃそうよ!それが私の力【神速】よ!」

(【神速】は速くなる能力か、このままではあの速さには付いていけないな、よし!)

「僕も能力を使うことにするよ」

【強化】

僕が【強化】と唱えると紋章が光る。

「あなたの能力は【強化】なのね。」

マリアはそう言うと、また攻めてくる。

だが、さっきみたいに姿を見失うことはなかった。

僕は受け止めず流すように防ぐ。

「ふうん、この速さに反応するなんてね」

マリアの速さは上がっていく。

「まだ、速くなっていくのか!」

僕は防ぐ事しかできない。

「これが私の全力よ!」

その一撃は防ぐ事が出来ず吹っ飛ばされていった。

「これで、私の勝ちね!」

マリアは勝ち誇ったように言った。

「まだ、僕は負けてないよ」

【強化】

僕は能力を使った。

「精霊使いの紋章〜僕はハーレムを作り無双する〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く