精霊使いの紋章〜僕はハーレムを作り無双する〜

感想待ち!

条件

僕たちは授業を終えて食堂に来ていた。

僕はティーアとエイラとリティの四人でご飯を食べていると

「ちょっと!あなた!」

大きな声で誰かを呼ぶ声がする。

「無視するしないで!あなたよ!あなた!」

僕たちが食べている席にまで来て僕を指差して大声で言う。

「えーっと何の用かなぁ?」

「なんでこんなところにいるのよ!」

「なんでって、ご飯を食べに来てるんですけど、」

僕を言われた意味がわからなかった。

「なんで男のあなたがこの学園にいるのよ!」

ようやく僕を言われた意味がわかった。

この学園というよりどこの学園でもそうだが
男の学生は少ないほぼ女の学生しかいない
それは女の学生の方が精霊使いの素質があるからである。男の精霊使いがいないわけではない。だが男は下級精霊としか契約出来ないと言われている。そのためこの学園は中級精霊以上との契約することができる生徒が入学してくるので今までに男の学生はいなかった。

「男のあなたがエレブレム精霊学園にはいれるはずないでしょ!」

つまりこの子の言いたいことは、男の僕がこの学園にいることがおかしいと言っているのだ。

「あなたは学園長と仲がいいみたいだからズルをして入ったんじゃないの!」

僕が言い返そうと立ちがると

「あらあら、どうしたの?」

生徒会長のカナリア先輩が来た。

「聞いてください!」

カナリア先輩に向かって大声で叫ぶように言う。

「男がこの学園に入学なんておかしいですよね!」

「そうかしら~そんなに嫌?男が入ってくるのが?マリアさん?」

いつもと違う雰囲気を出しマリアと呼ばれた少女にカナリア先輩に問う。

「嫌です!男なんてみんな弱いから!」

「そんなに言うのならレイと決闘してみたら?」

カナリア先輩は決闘を提案した。



決闘とは生徒同士でいざこざが起きた時に行うもの。お互いに条件を出しお互いが了承すれば決闘することができる。負けた方は相手の出した条件を守らなければならなくなる。


「そこのあなた私と決闘しなさい!」

マリアと呼ばれた少女が僕に決闘しろと言ってきた。



僕は今、訓練所にいる。

それは僕が決闘を受けたからだ。

「これより決闘の勝者が望むことは

マリアさんが勝てばレインの退学

レインが勝てばお願いを一つ聞くこと

それでは決闘を行います!」

決闘が始まる!

「精霊使いの紋章〜僕はハーレムを作り無双する〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く