精霊使いの紋章〜僕はハーレムを作り無双する〜

感想待ち!

入学式

僕とカナリア先輩とストラ先生が話をしていると入学式が始まる時間になってきたので話を終えて僕は入学式を行う体育館に向かった。

カナリア先輩とストラ先生は準備があると言う事なのでお別れをして体育館に置いてあるイスに座る。


入学式が始まる時間が近づくにつれ人が増えてきた。



しばらくして入学式が始まった。

学校の方針とか色々な話をしていると校長先生が舞台に出てきた。

校長先生つまりストラ先生が出てくると周りから歓声が上がる。

ストラ先生は有名人なのである。

(まぁ、見た目が子供なんだけど大人の色気があってすごく可愛いい美人だ。)

ストラ先生の話が終わり次に生徒会長が呼ばれて出てきた。

生徒会長が出てきたと思ったらカナリア先輩が出てきた!

カナリア先輩は生徒会長だったのだ。

(カナリア先輩はストラ先生と違いスレンダーな体型で凛々しくてい美しい美人だ。)

(ストラ先生は少し胸があるがカナリア先輩は全くって言っていいほどに胸がない。)

そんなことを考えているとカナリアが少しこっちを見た気がした。

色々考えている間に話が進んでいき自分のクラスに移動することになった。

クラスは僕の学年では、4つに分けられている。

周りの人も移動を始めたので僕も移動することにする。

僕は自分のクラスである教室に来ると空いてある後ろの端の席に座った。

僕は周りを見渡してみる。

僕の周りには女子生徒しかいない。僕を除いて男子生徒1人もいない。

周りからも変な目で見られている

僕はとっても気まづい状況だ。どうしたらいいのかと考えていると、

 「どうしたの?元気出してよね?」

僕の気づかないうちに隣に人が座っていた。

 「あ、は、はい」

突然、声をかけたらたことだから変に緊張した返事になってしまった。

 「本当に大丈夫よね?私はティーア、よろしくね!」

 「僕の名前はレインです。よろしくお願いします。ティーアさん。」

 「ティーアでいいよ。よろしくねレイン。」

僕は微笑んでそう返した。

 (か、か、かわいい〃〃)

ティーアはレインに対してそんなことを思っていた。

レインはティーアがそんなことを考えているなんて知る由もなかった。

僕はティーアと少し話をしていると、

ガラガラ、ガラガラ、ガラガラ

教室のドアが開いて、先生が入ってきた。

 「席につけ、今日からこのクラスの担任になった ナノーラだ。よろしくな!」

ここの先生ももちろん女の人だ。

この先生は綺麗な人だ。ちょっとキツそうだけど。

 「あの先生はキツイ事で有名なんだよ!」

と、こっそりとティーアが教えてくれた。

 小さな声だったが先生にはばれたのか キッ と睨まれた。

どうやら聞こえていたみたいだ。

「精霊使いの紋章〜僕はハーレムを作り無双する〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く