精霊使いの紋章〜僕はハーレムを作り無双する〜

感想待ち!

授業

 「今日やるのは基本的な事のおさらいだ。」

ナノーラ先生がそう言い授業をはじめる。

 「まず、精霊とは私達の世界とは違う世界に存在していてこの世界で存在するためには契約することにより存在することができる。姿形色々な精霊がいて精霊には属性がある。火、水、土、風、光、闇 の六属性にわかれている。
次に、精霊と契約をした者を精霊使いと呼ぶ。精霊と契約できるのは女性の方が圧倒的に多い。精霊と契約することで契約者は精霊の力を魔力を使い引き出し使えるようになる。」

と、基礎的な話と学校の規則などを教えてくれた。

 「今日はここまでだ。」

今日は昼までしか授業はない。

 「やっと、おわったー!」

僕が一息ついていると、ティーアが僕の前に来て、

 「一緒に食堂に行きましょう!」

僕もちょうどお腹が減っていたので一緒に行くとことにした。

今日の授業のことなど色々話しているうちに食堂についた。

食堂はすごく広い。生徒の大半が食堂にごはんを食べられるくらい広い。

 「じゃじゃじゃじゃーーん!なのじゃ」

といい、リティが胸を張って登場した。

 「何がじゃじゃじゃじゃーーんだ、まったく」

 「それより、ご飯なのじゃ!美味しそうなのばかりなのじゃ!」

 「まったく、ご飯の時になると必ずでてくるんだから」

僕とリティが言い合っていると

 「仲いいんですね!」

ティーアが微笑ましそうな顔でそう言った。

 
ティーアの言葉に僕とリティは、

 「そうだなぁ~リティとはずっと一緒だからな。」

 「そうじゃ!ずっと一緒なのじゃ!」

ティーアは笑った。

 「それじゃ、何にしましょうか?」

食堂の中には色々な食べ物がある。

 それぞれ自分の好きな物を決めて席を探す。

本当にここは広い、そして生徒の数も半端なく多いから席探すのも大変だ。

幸い、すぐに座れる席を見つけることができた。

 「それでは、いただくのじゃ!」

ご飯をみんなで食べようとしていたら、遠くからこちらに近づいて来る人がいる。

 「あらあら、レイもここでご飯を食べようとしていたのね。私もここでご飯を食べてもいいかしら?」

カナリア先輩が僕たちのところに来た。

 「はい!いいですよ!」

僕は いいよね? って意味でリティとティーアを見た。

リティは「大丈夫じゃ!」と、でも言うような顔をして、

ティーアは「え、え?」みたいな顔をしていた。

「どうしたの?」

僕はティーアに聞いてみた。

「だってこの人生徒会長じゃない!」

ティーアは驚いて大声で言った。

「あ、そういえばカナリア先輩は生徒会長だったんですよね!なんで教えてくれなかったんですか!」

僕はカナリアに強気な口調で聞く。

「あら、言ってませんでしたか?」

「言ってない!」

僕とカナリア先輩が言い合っていると、

「ちょっと、レインって生徒会長と仲がいいの?」

ティーアが僕に言ってきたので

「実は迷子になっていた時に助けてもらったんだ!」

僕は今日あったことをティーアに伝えた。

「それよりも一緒にご飯を食べましょう!」

カナリア先輩が席に着いた。

僕とティーアとカナリア先輩が一緒に

「いただきます!」

と言いご飯を食べた。

ちなみにリティは1人で先にご飯を食べていた。

 

「精霊使いの紋章〜僕はハーレムを作り無双する〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く