精霊使いの紋章〜僕はハーレムを作り無双する〜

感想待ち!

学園

 ここがエレブレム精霊学園

精霊使いの素質がある者、精霊使いとして力を身に付けたい者が集まる学園

この大陸では、一・二を争うほどの名門校である。

この学園を作った際にエレブレムの街ができ上がっていったと言われるぐらいこの学園には力が入っている。

「うわぁ~大きいですね~」

僕が呆然として学園を眺めていると、

「この学園を初めて見た人は大体の人がそう言われますよ。」

「へぇ~そうなんですか、カナリア先輩もこの大きさに驚いたんですか?」

「私は、まぁ、そうですね」

なんともはっきりとしない様子だったが僕は気にすることなく学園の中に入っていく。

学園に今日、僕は入学する。

だが、入学式まで少し時間がある。

入学式が始まるよりも少し早めに学園に来たには意味がある。

別に緊張してしまい予定より早く学園に着いたわけではない。

緊張はしてはいるけど、、他に理由がある。

僕がここに来た理由はこの学園の校長先生に呼ばれているからである。

僕はカナリア先輩に案内されて一緒に校長室に向っている。

 「ここが校長先生がいる校長室ですね。」

校長室は周りの建物から少しだけ離れてあるところに建ててあった。

学園の中の一部屋かと、思っていたがどうやら違っていたらしい。
校長室と言う、建物が建っていた。

すごい‥この建物が校長室なのか。

まさに小さな屋敷とも言える物が建っていた。
いかにも偉い人が住んでそうな建物だ。

校長先生はそんなに偉いのか、と少しばかり疑問に思ってしまう。

そんな僕を見て、

「この学園はそれだけ力を入れているとも言えますが、校長先生が世界でも有数の精霊使いであるという事も関係していると思います。」

僕は驚きながらも中に入っていく。

建物の中に入ると、さらにドアがあり開けて中に進んでいく。

 「この先に校長先生がいるはずですよ。」

カナリア先輩がドアがある方に手を向けて教えてくれる。

他のドアよりも少し豪華にしてあるドアだ。

コンコン

ノックをする、緊張しているせいか強めに叩いてしまった。

 「中に入っておいで。」

中からそんな事を気にしないような返事が帰ってきたので一安心してドアを開ける。

 「失礼します。」

深呼吸をして、僕とカナリア先輩は校長先生のいる部屋の中に入っていく。  


「失礼します。」

僕は中に入る。

中は周りは本棚で綺麗に本が並べてあり真ん中に机と椅子が置いてある。

クルリ、椅子が回る。

 「久しぶりだの~レインや。」

 「お久しぶりです、ストラ先生。」

ストラ先生は僕が小さい頃に色々なことを教えてくれたり助けてくれた先生なのだ。

 「この学園に入学することになったので挨拶に来ました。」

 「本当に来たのじゃな、待っていたぞ。」

 「はい! 約束でしたから!」

 「そうじゃったの~」

 僕はストラ先生と小さい頃に約束をしていた。

 「約束とはなんなのですか?」

カナリアが聞いてきた。

 「小さい頃にストラ先生の学園に通うことを約束していたんです!」

僕は小さい頃に色々なことを教えてくれたストラ先生の学校に入ることを約束した。


 「そうだったんですか。」

 「はい!そうなんです!」

 「ところでレインとカナリアは顔見知りだったのか?」

ストラ先生が訪ねる。

 「つい、さっき会ったばかりで、僕がお腹を空かせて迷子になっていたら道案内をしてくれたのです。」

 「そうだったのか。わからないことがあったらカナリアに聞くといい。」

 「はい!よろしくお願いしますね、カナリア先輩」

「精霊使いの紋章〜僕はハーレムを作り無双する〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く