精霊使いの紋章〜僕はハーレムを作り無双する〜

感想待ち!

到着

ーーとある森の中ーー


僕は今、迷子になっています。

 「ここどこだーーーー?」

とりあえず叫ぶのをやめて歩き出した。




しばらく歩いているとようやく街が見えてきた。

 「ハァハァ、、ようやく見えた!あと少しだ、頑張ろう!」


入り口で身分証を提示する。

 「ようこそ!エレブレムへ!」

門の入り口にいた人がそう言って、中に入らせてくれた。

中はさっきの森の中とは違いすごく立派な建物が建てられている。

僕が驚いていると、右手の紋章が光りしばらくして光が収まると1人の少女が出てきた。

 「ようやくついたのじゃな!」

紋章が光り出てきた少女は僕の相棒で精霊のリティ

 「自分だけ楽しやがって!」

僕はリティの頭をグリグリする。

ぐぎゅるるるるるる~

 「はぁ、お腹すいた。」

 「大丈夫ですか?」

僕がお腹を空かせていたら、誰かが声をかけてきた。

 ぐぎゅるるるるる~ 

今度は僕とリティのお腹の音がなった。

 「お腹すいたのじゃ~!」

リティが手足をジタバタされて訴えてくる。

 「えーっと、どこに行けばいいんだろう?」

 「はやく、はやく、お腹すいたのじゃ~!」

僕とリティが言い合っていると、

 「ふふ、ここに来たのは初めてですか?案内しましょうか?」

声をかけてくれた人が案内をしてくれると言ってくれた。

 「え、いいんですか?」

僕は本当にいいのか聞き返した。

 「はい、大丈夫ですよ。」

 「本当にいいんですか?」

 「いいんですよ。」

 「それじゃお言葉に甘えて、えーと」

 「私の名前はカナリアですよ」

 「ありがとう カナリアさん
       僕の名前はレインです!」


僕とリティはカナリアさんに案内されて今、食べ物屋にいる。

ガツガツ、ガツガツ、ガツガツ

ものすごい勢いでご飯を食べている。

・・・・リティが。

ご飯をたくさん食べ終えると

 「たくさん食べたのじゃ~もう動けないのじゃ~」

そう言ってリティはその場から消えていった。

「はぁ、リティはいつも、食べすぎなんだよ」

僕は小声でそう呟いた。

 「仲がいいんですね!」

小声で呟いたけどカナリアさんには聞こえていたみたいだ。

 「そういえばカナリアさんの服装はエレブレム精霊学園の制服ですよね。」

僕は訪ねてみた。

 「ええ、その通りですよ!」

 「僕もエレブレム精霊学園に入学するんですよ、つまり、カナリアさんは先輩ですね。
よろしくお願いします。カナリア先輩!」

 「ふふ、そうですね、こちらこそ仲良くしてください、よろしくねレイ。」

カナリア先輩とは仲良くなり、僕の事を愛称でレイと呼んでくれる。

  「はい、わかりました。こちらこそよろしくお願いします。」

僕たちはお金を払いお店を出た。

「僕はこれから学園に向かいます。」 

 「まぁ、偶然ですね!私も学園に向かう予定があったので、一緒に行きましょう!」

 「はい!ありがとうございます!」

 「それでは、学園に向かいましょうか?」

 「はい、行きましょう!」

僕とカナリア先輩は僕と一緒に学園に向かう。

「精霊使いの紋章〜僕はハーレムを作り無双する〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く