話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

太陽王の剣〜命を懸けて、君と世界を守り抜く!〜

みりん

18 闇夜

「ふん。美しい親子愛だな。反吐が出る」

 ノクティスは、蔑んだ目で吐き捨てた。

「――兄上、あなたって人は!」

 レオニスは、眼光鋭くノクティスを見やる。

「悔しいか。ならば、かかって来い! 儀式の前に軽く相手をしてやろう!」

 ノクティスが父を殺し紅く光る剣をレオニスに向ける。レオニスはとっさに父の持っていた聖剣サンクトルーメを掴み、立ち上がった。

 全身が熱を持って燃えるように熱い。しかし、不思議とレオニスはしっかりと立ち、兄と対峙し剣を構えた。

 母を、そしてたった今父までもを殺した男を睨みつける。

「――僕は、僕はあなたを許さない!」

「だからどうした! 負け犬の遠吠えにしか聞こえぬぞ、レオニス! 来ないのならば、こちらから行くぞ!」

 ノクティスは一息で間合いを詰めると、剣を振り下ろす。

「っく!」

 レオニスはなんとか剣撃を受け止めた。衝撃が身体に響き、突き刺さるような痛みが襲う。つばぜり合いに押し負けそうになるのを、歯を食いしばって足を踏ん張った。

「るあああああああ!」

 兄ノクティスは、必死の形相のレオニスを見て、口の端を釣り上げた。

「これで全力か? 隙だらけだぞ!」

 言い放ったノクティスは、剣と剣が交差する部分を滑らせ、気付いた時にはその剣先はレオニスの喉元に突きつけられていた。

「――っぐ」

 切っ先が喉に触れ、生暖かいものが首をつたう。

 しかし、レオニスは半分朦朧としながらも、目を見開き兄を睨み据えた。

「ふん。諦めの悪いことだ」

 ノクティスは言うと、剣を引いて間合いをとる。引き際に腹を浅く斬りさかれたレオニスは、傷を抑えて膝をついた。

「レオニス様!」

 傀儡兵と戦っていたホークが、レオニスの危機に気付いて叫ぶ。デンテとアルサスも、操られていた神兵をすべて倒して駆けつけた。

「レオニス、大丈夫か!?」

「なんとか……」

 デンテ、アルサス、ホークは間合いをとってノクティスを取り囲む。

 ノクティスは面白くなさそうに口を開いた。

「命拾いしたな、レオニス。貴様を冥府に送るのは、儀式が終わった後だ!」

「儀式!? さっきから、なんのことだ!」

 アルサスが問うが、ノクティスはそれには答えない。

「モア! いつまでかかっている!」

「はーい! ただいま参ります、ノクティス様! はあっ!」

「きゃあ!」

 刹那、モアが放った特大の闇球が命中し、月の女神ルナは空中から撃ち落とされた。地面にルナが転がると、モアの紅い双眸が光る。

 闇が蠢き、地底から沸き起こった闇がルナの身体を飲み込むと、ルナの姿が大聖堂から消失した。それと同時に、空に昇っていた月も姿を消す。

「黄昏よ、汝の時を連れ退け。我、闇夜と影を統べし者、闇の女神モア、ここに顕現する!」

 漆黒の巻き毛が波打ち、逆立つ程の気がモアから発せられる。すると、窓から差し込んでいた日差しが全て失われ、聖堂内の灯りは蝋燭の光が残るのみとなった。

 モアの発した夜気は月の消えた空を満たし、首都グラディウムを包み込んだ。

 完全な夜の到来だ。

「日が暮れた――? うぐっ」

 アルサスが、心臓を抑えて膝をつく。

「なんだこれ!? 苦し、い……」

「瘴気……!?」

 デンテも、そしてホークもその場にくずおれる。レオニスは、血を流し熱を持つ脇腹を抑え、さらに夜気にあてられ息をするのもやっとの状態で、ノクティスを睨んだ。

「お待たせ致しました。ノクティス様! 月の女神を始末し、夜気を降ろしました。これで準備が整いましたわ」

 モアは、ふわりとノクティスの横に舞い降りると、微笑んだ。ノクティスは、闇の女神の神具である指輪を身につけているためか、夜気を吸ってもダメージを受けないようで、愉快そうに口の端を上げた。

「印付きが二人、か。今夜こそ、儀式を成功させてみせる」

 ノクティスは言うと、両手をレオニスへ向けて突き出した。

「――なにをして!?」

 手のひらを向けられ、戸惑うレオニス。すると、膝をつくレオニスと横たわる父王アクイラを中心として、魔法陣が浮かび上がる。燐光で描き出されたそれは、初めて見る図柄だが、やけに古めかしいものだとレオニスは思った。

「我ここに、継承者の血と聖剣サンクトルーメを捧ぐ! 古の封印よ、その力を解き放ち、封じられし者を解放せよ!」

 ノクティスは叫んだ。しかし、何も起きない。

「――?」

 レオニスは、混乱しながら、同じように驚き戸惑うモアとノクティスを思わず凝視した。

「なんで!? なんで継承者の血と聖具が揃っているのに封印が解けないの!?」

 モアが地団駄を踏んで憤る。ノクティスは、考えるように顎を撫でた。

「あるいは、捧げる血が足りない、か? もう少し切り刻んでみるとするか」

 ノクティスは、言ってレオニスの方を見た。身構えるレオニス。しかし、もはやレオニスに、闘う力はほとんど残されていなかった。

(どうする――どうすればいい!?)

 レオニスは何かないかと瞳を揺らす。しかし、助けとなりそうなものは見当たらない。

 ノクティスが、残忍な笑みを浮かべ、ゆっくりとレオニスに向かって歩いてくる。

 その時。

「ダメー!」

 レオニスの前に金髪の小柄な少女が飛び出してきた。

「ステラ!?」

 ステラは、純金の剣を構えて、レオニスを背にかばいノクティスと対峙する。

「レオニスが死んじゃう! これ以上、レオニスを傷つけたら、ステラが許さないんだから!」

「ほう? 貴様に何が出来る」

「うるさいうるさい! やっと見つけたステラを覚えていてくれる人! 絶対殺させたりなんかしない! レオニスはステラが守る! かかって来なさい!」

 語気も荒くステラは叫んだ。驚いていたモアが、くすりと微笑んだ。

「ぶるぶる震えて、無理しちゃって。でもあたし、邪魔する女は大っきらい! 神兵達、行け!」

 モアの号令で、倒れていた神兵達が再び起き上がり、ステラに向かって剣を振りかぶり押し寄せた。

「ステラ、危ない! 下がるんだ!」

 レオニスの叫びを無視し、ステラは、剣を構える。

 華奢な背中を見ながら、レオニスは戦慄する。このままでは、ステラは確実に死ぬ。また自分のせいで、罪のない命が奪われる。そんなこと、絶対に許せない。しかし、今の自分にはどうすることも出来ない。全身が焼けるように痛み、腹から流れ出る血が、地面に滴り落ちている。意識は朦朧とし、気絶しないように保つのがやっとだ。

(レクス神よ、天空の王。力を貸して下さい! この状況を打開する剣を僕に――!)

 その刹那、ステラは燐光を帯びて輝いた。

「はあっ!」

 ステラが剣を振り下ろすと、光刃が舞い、神兵達が四方に吹っ飛んだ。

「きゃあっ!」

 ステラは自らが発した風圧に驚き、尻餅をつく。後ろにいたレオニスも巻き込まれ、ステラを抱える形で尻餅をついた。

「!?」

「なんでっ!?」

 ノクティスとモアも驚きに目を見張る。

 そのとき、先ほどから輝いていた魔法陣が怪しく明滅し始めた。

「――なに? 何なの!?」

 悲鳴を上げるステラ。ステラ自身、何が起こっているのか理解していないのだ。

「危ないっ!」

「きゃあ!」

 レオニスのとっさの判断で二人が魔法陣の上から転がり出た瞬間、魔法陣から黒い光がほとばしる。

 風が唸り、魔法陣は大量の闇を吐き出す。そして、最後に一人の男が現れた。

 後ろで縛った白い長髪を風になびかせ、紅い瞳を光らせている。身長程もある大鎌を持った、人間でいうと三十代くらいの容姿の男だ。背が高く、筋骨たくましい。

「死の神、オルクス……!」

 レオニスは驚愕に目を見開いた。古より恐れられて来た、悪しき神々の一人。そして、冥界の王にして最強の男。この国に生まれた者なら、絵画や壁画でその姿を一度は目にしたことがあるだろう。

「そんな――!」

「太陽王の剣〜命を懸けて、君と世界を守り抜く!〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く