外道魔術師転生から始まる異世界動物のお医者さん

穴の空いた靴下

72話 努力の重要性

【喰らえええぇェェェ!!】

 黒色の珠が高速で迫ってくる、俺とユキミは空中を滑走して避ける!
 激しい音を立てて着弾した珠は巨大な穴をあけて地形を変形させるほどの威力だ。

「あんなの雨降らすみたいに打ってくるのは卑怯だよなー」

「近づけないニャ!」

「おんなじこと、してやるさ」

 俺は手のひらで魔力をエネルギー弾に変える。
 うん、出来るな。

「ユキミも出来そう?」

「ダイゴローの魔力を借りるニャ!!」

 ユキミは大量の光球を一気に作り出す。
 大量の魔力を消費するが、俺の魔導回路エンジンは力強く魔力を生み出していく!

 ユキミがやったように光球を大量に作り出し撃ち出す。
 空中で2つの弾丸がぶつかり合い、激しく爆発を起こす。
 ちょっと思いついたので、どっかの漫画で見たみたいに光球に回転を与えてソーサーの様に撃ち出す。
 こうすることで黒い弾丸を引き裂きながら俺の弾丸がレディオウスに接近していく。

【小癪な!】

 遠距離からの打ち合いでは埒が明かないと判断したのか、その巨体からは信じられない速度で襲い掛かってくる。
 でも、巨体なんだよね。

「ふん!!」

 的が大きければ魔法も当てやすい。こちらは小さいことを利用してスピードで相手を翻弄しながら大魔法を当て続ける。
 レディオウスを包む衣も、俺の魔力をまとった攻撃でバラバラと細かな破片へと姿を変え霧散していく。
 そしてとうとうレディオウスの肉体を傷つけていく!

 弧を描く風の刃を、払ったレディオウスの足元から、大量の土の槍が打ち込まれる。
 身を捩り回避するも数本は肉体に突き刺さる。
 闇の衣を貫いて、本体へと深々と槍がねじ込まれる。

【ぐあああ!! おのれ! おのれおのれおのれ!!】

 狂ったように動きながらワンパターンに弾丸を乱射する。
 当然精度が低いために避けるのも容易い。

「なんか、見た目ほど……戦闘慣れしてない?」

「アイツは自分では動かんからな、いつも偉そうに人を顎で使って、でた成果は自分のもの、失敗は他人のせい。努力もしないし、鍛錬などもっての他だ。
 強い武器を子供が振り回しているだけだ」

 アラセス様はレディオウスに厳しい……
 よっぽど長い間悩まされてきたんだろう……

「ほら、ダイゴローサボってるんじゃないニャ! 稚拙でも回復力と体力は凄いニャ!」

「そうですよダイゴロー様さっきからユキミおねーさまばっかり頑張っています!」

「ごめんごめん、俺もがんばるよっと!!」

 俺は大地を隆起させレディオウスの体勢を崩す。
 そして手をつくであろう場所を沼状に変化させる。
 そこに呼応してユキミが超重力を浴びせる。

【ぬぐ、ぶわっ! キサバァラベベベ……やべ! やめろ!】

 てか、飛べないの?
 まぁ、いいや。余計なこと言ってヒントをあげる必要もない。

「まずは動きを封じる!!」

 沼に変化した地面に身体半分ほど埋まった状態のレディオウスに向かって空中であるものを生成してぶっかける。

「喰らえ! 液体窒素のシャワーだ!」

 さぁぁぁぁぁと降り注ぐ液体窒素はすぐに気化してしまうが、周囲の温度を急速に奪っていく。
 泥沼は完全に凍ってレディオウスの動きを封じる。
 そこにユキミが容赦なく魔力弾を打ち込んでいく。
 打ち込まれた後に爆発する追い打ち付きだ。

「ニャハハハハ! 喰らうのニャー!」

 レディオウスの肉体に打ち込まれ、しばらくするとボコリと肉が隆起する。
 内部での爆発が強靭な外皮の性で拡散すること無く全てのエネルギーを炸裂させる。

【グベェェェェ……痛い、痛い、痛いーーーーー!!】

「な、なんか、弱い者いじめしてるみたいなんですが……」

「なんだ、優しいやつだな。
 だがダイゴローにはレディオウスがなんで神から貶されたか教えてやろう。
 こいつは自分が作った世界で生きているやつは自分がどうしてもいいとか抜かして、何の意味もなく人間を投げたらどこまで飛ぶのか? とか、親をバリスタで打たなきゃ自分が死ぬと子供に言うとどれくらいの割合で撃つのか? とか、妊婦を月齢ごとに捉えて赤子はどう変化するのかを腹を引き裂いて確かめたり……」

「もういいです。ぶち殺してやる!」

 俺はレディオウスに触れ、体内の神経構造を把握する。
 それから神経に鉄を合成して突き刺す。

【ぎゃーーーーー!! 痛い!! いだい!!】

「お前がやったことの一部分でも身をもって思い知れ……」

 その鉄に無数の雷槌を叩き落とす。
 鉄槍が刺さった周囲はぶすぶすと焼け焦げる、そして神経が刺激されビクンビクンと筋肉が跳ね回る。

【バベベベベベベベエベ!!】

 声にならない音を上げて白目を剥いてもがくレディオウス、ちょっと頭に血が上ってしまった……

「俺の魔力で肉体を滅ぼせばいいんですよね。
 もう、終わりにしましょう……」

「ああ、そうしてやれ。
 どうせ、これからも凄まじい苦痛が待っている……」

【やべ……やめでくれ……俺が……俺が悪かった……】

「あ、信じるなよ、数億回は聞いてるが反省したことなんかないからな」

「……アラセス様達も大概甘いんですね」

 俺は巨大な岩を魔法でレディオウスの頭上に持ってくる。

「ユキミ! これ『溶かして』」

 無数の魔弾を打ち込んでいるユキミに岩をドロドロに溶かしてもらうよう頼む。
 グツグツと煮えたぎるマグマのボールが空中で回転している。
 そこに俺の魔力をこれでもかと言うほどに注ぎ込む。
 真っ赤に光り輝くマグマが白々と色を変えていく。

【な、なにをする気だ……何をする気だ!!】

「次もし合うことがあったら、もう少し真面目なひとになっててくださいね兄者」

 アラセス様の言葉とともに俺はその塊を浮かせている魔力を遮断する。
 球状のマグマが支えを無くし、レディオウスの全身に降り注ぐ……
 闇の衣は大量に練り込まれた俺の魔力によって一瞬で霧散して、レディオウスの肉体もグズグズと音を立てて溶解していく。
 周囲の泥もマグマ化し、活性化している俺の魔力がドンドン高まってマグマだまりを形成していく。
 レディオウスもユキミの重力魔法のせいもあるが、為す術無くそのマグマ溜まりに身を溶かしていく……

「ダイゴロー最後まで気を抜くなよ?
 こういう状態でもなんとかして逃れようとするのがあの人だ。
 ラーニャからも報告がないことを見ると、あの中で虎視眈々と逃亡を謀っているぞ」

「分かりました」

 俺はユキミと協力してマグマだまりごと切り出し空中に浮かせる。
 更に熱量と魔力を加えて球形のマグマの珠を作り出す。
 それから中央に向けて重力を限界までかけて小さくさせていく。
 密度が高くなり熱量が増大していく……

 ピシ……ピシピシ……

 マグマしか無いハズの球体から何かが割れるような音が聞こえる。

 ビキ……ビキ……

 重力はどんどん大きくなっていく。
 マグマは魔力と混じり合って更に高熱にそして恐ろしい密度へと変化していく。

 ビキビキビキ……グシャ

【あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
 がああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
 でぇやぁあああああああああああああああああああ……】

 凄まじい叫び声が響く。

 テンテロリーン。

 間抜けな音が場に鳴る。

「うん、無事に回収された。
 お疲れ様。これで、俺の悲願が成ったよ」

「はあぁぁぁぁぁぁぁぁ……」

 魔力を開放してそこに秘められたエネルギーをゆっくりと開放していく。

「そのエネルギーや魔力はもったいないからべグラースの道具に吸収させておけ」

「はーい」「はいニャ!」

 べグラースの持つ大量の魔石や魔道具へとそのエネルギーを吸収させていきながらゆっくりと地面へと降ろしていく。
 こうして、まぁ、一方的な戦闘は終了した。
 

「外道魔術師転生から始まる異世界動物のお医者さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く