外道魔術師転生から始まる異世界動物のお医者さん

穴の空いた靴下

62話 大欲情。あ、違う違う。大浴場。

「これは!」

 なんと屋敷の裏には素敵な露天風呂が!

「あの崩落事故の後にここにお湯が湧いたんだニャ!
 衛生的な面でも公衆浴場をキンドゥの鶴の一声で決定したニャ!」

 そういや俺が教えた温泉にハマってたもんなぁキンドゥ……

「これは……何をするところなのですか?」

「そっか、フィーは湯船のお風呂とか知らないもんな。
 って、なんかあまりに自然だから突っ込むのを忘れてたけど、二人はどうしてここにいるの?
 ここ、男湯だよ?」

「大丈夫ニャ! こっちは私達で貸し切りだからニャ!
 女湯はキンドゥ達が貸し切ってるニャ!
 マサムネ、ムラマサ、ゴーザは物資調達なんかで外の部隊と連携中ニャ!
 久々の再開をゆったりとお風呂で楽しむニャ!」

「わ、なんだお酒につまみまで用意してるのか……(ごくり)……ま、まぁいいか……
 その代わりちゃんとお風呂用の肌着はつけろよ!」

 迂闊だった……お風呂で軽くつまみながらキューッと一杯。
 その魅力に負けてしまった……
 俺は風呂用の麻の浴衣みたいな服に着替えて浴場へ向かう。

「おお……これはなかなか……」

 昔キンドゥに話した銭湯を真似したであろう木の椅子に桶が並んでいる。

「私も久々湯に浸かるか……」

 ストンとネズラースが降り立つ。ちらっとこっちを見るのが可愛い。

「先に洗ってあげよう。お、石鹸もあるじゃないか流石先王様高級品だね!」

 軽く泡立ててネズラースをもみくちゃに洗ってあげる。
 結構お風呂好きらしく気持ちよさそうに洗われている。
 顔の周囲は丁寧にしないと耳に水を入れて外耳炎にでもなったら大変だ。
 桶に浴槽から湯をとって専用のお風呂を作ってあげる。

「ふー、別に必要はないが、風呂は嫌いじゃない……」

 ネズラースからすれば桶で作った湯船でも大浴場になるな。
 気持ちよさそうにふわふわと浮いている鼠の図は微笑ましい。

「さて、俺も身体を洗うか」

「洗ってあげるニャ」

「ああ、ありがとう……って、うお! 来てたのか!」

 振り返ると身近な浴衣姿の二人がいた。
 ユキミは相変わらず白い肌が奇麗だ、浴衣から伸びた手足に思わず目が行ってしまう……

「これ、きついんですけど……」

 フィーはなんというか、ふわふわとした毛並みと浴衣で隠しきれない豊満な胸、そしてアンバランスなちっこさが妙な色気を発揮している。

「ダイゴロー、フィーの胸凄いのニャ! こう持ち上げるとたゆんたゆんでずっしりして……」

「もー、おねぇ様は触りすぎです……」

「肌も綺麗で、しっとりして吸い付くような……」

「それならおねぇ様の肌も透き通るようにすべすべで……」

「ニャン! そこは……だめニャ……」

 背中を擦られて妙に色っぽい声をだすユキミ、だめだ、この二人の絡みは破壊力が抜群だ!

「やめやめー! 身体は自分で洗うから二人もあっちで洗いなさいな」

 ユキミが持つ石鹸を取ろうとするとヒョイと避けられてしまう。

「なに言ってるのニャ! 久しぶりなんだから遠慮しないのニャ!」

 なんだかんだ押し切られて身体を洗ってもらうことになってしまった。
 ま、まぁ悪い気はしない……というか、嬉しいです。はい。

「しかし、傷だらけニャ……それに体つきが引き締まりまくったのニャ……」

「洞窟の中で最初にあった時も今よりは大きかったですが、もっと凄かったのですか?」

「そうニャ! 腕とか丸太みたいで胸もドカーンって、力を入れるとカッチカチだったニャ!」

「そう言えばフィーはなんであんなところにいたの?」

「私もよく憶えてないのですが、魔物に追われてちょうどいい穴があったので逃げ込んだら奥に大きな縦穴があって、気が付かずにそのまま落ちてしまって……途方にくれてウロウロしていたら魔物にまた見つかってしまって……すみませんでした、なすりつけるような事をしてしまって……」

「いやいや、仕方ないよ。
 結構森の奥にいたんだね」

「ええっと、私は……その、口減らしというか、親に捨てられたので……一人で森で木の実などを食べて暮らしていたのです……」

「ご、ごめん……」

「いえ、いいんです。父も母もよく顔も憶えてませんからキャッ!」

 ユキミが急にフィーを抱きしめた。

「もう大丈夫ニャ、私とダイゴローがいつも側にいるニャ!
 私たちは家族ニャ!!」

「おねぇ様……」

「フィーちゃんも洗ってあげるニャ、さぁ脱いだ脱いだ!」

「おねぇ様!?」

「ちょ! ユキミ俺がいるんだぞ!
 さ、先に風呂入ってるね!」

 いきなりのことに慌てたけどすぐにタオルで顔を隠して浴槽に向かう……つもりだったけどしっかりと腕を持たれてしまった。なんかすっごく柔らかいもので包まれていて極上の感覚だぜ!

「ダイゴロー様にも……洗ってほしいです……」

「そうニャ! ダイゴローもフィーも一緒に洗うニャ! 私も脱ぐニャ!
 ダイゴローもそんな布切れさっさと脱ぐニャ!!」

「あーーーれーーーー」

 大きな丘と、中くらいの丘が、ぬるっと、すべっと、柔らかく、すべすべで……

 久しぶりだったので凄かったです。
 なんでユキミさんあんなに慣れてるの、もう一人いるのに……
 しっかりと抱き着いて耳元で「ずっとこうしたかったニャ……」とか「久しぶりだからきついニャ……」とか言われたら男はもう駄目なんですよ。
 巧みに色々と利用していつもより凄かったんですけど!
 フィーも、なんていうか、初めてなのにこんなアブノーマルな、いえ、興奮はしましたが。
 ユキミも調子に乗って耳元で「嬉しい……ずっとこうしたかったんです……」とかつぶやかせるし……
 二人が絡む姿はとんでもない刺激だし……

 はい、グダグダ言いましたが。
 大変結構なお手前でございました。本当にありがとうございます。



「ふー。火照った身体には冷たいワインが一番ニャ……」

「お風呂で飲みすぎると危ないから水もちゃんと飲むんだぞー」

「……はぁ……ダイゴロー様の、あんなに凄いなんて……」

「これでフィーちゃんも本当の家族ニャ」

「なんだかんだでやってんじゃねーかダイゴロー」

「マジさん? ああ、隣なのか……ナンノコトデスカネェ?」

「もー、ダイゴローちゃんったらロリコーン、へんたーい!」

「最低だぞダイゴロー! ユキミ嬢! いつでも俺の胸に飛び込んで」「行かないニャ!」

「人のこと言えねぇけど、あんまでかい声だしてっと外まで聞こえるぞ~」

「き、気をつけます……」

「ま、俺はそんなの気にしねーけどな」

「あんっ……もうキンドゥ……またぁ?」

「なんだよ、ずりーな俺も混ぜろ!」

 それからハジマッタ向こうの嬌声に釣られて俺も再び存分に楽しませていただきました。
 ネズラースは早々に部屋に戻って寝ていたので、ユキミの部屋で3人でさらにしっぽりと夜を過ごすのでありました。

「外道魔術師転生から始まる異世界動物のお医者さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く