ぼっちの俺、居候の彼女

川島晴斗

act.23/待つ

 学校から帰ると、俺と美頭姫はリビングに居た。
 期間の長い依頼が来ていたので、それだけ目を通してからOKと返事を返し、ノーパソ越しに居る美頭姫へと目を向ける。

「しょんぼりすんなよ。当事者の俺より暗い顔してるぞ」
「だって、ツッキーや揚羽ちゃんが……」
「ババアが死んだら全て話す。そうすれば津月は満足してくれるし、揚羽は親父も交えて説得するさ」
「…………」

 励ましても、美頭姫の表情が浮かぶ事はなかった。
 どんだけ気落ちしたって仕方ないし、俺はあまり気にしてないんだがな。
 ……まぁでも、機嫌なおしてくれるだろう。
 今日はアレが届くからな。

 ――ピンポーン

「来たか」
「え?」

 美頭姫の驚きを無視し、俺は印鑑とペンを片手に玄関へ向かった。
 扉を開くと宅配便屋が居て、薄く横長で面の広いダンボールを抱えていた。
 サインと印鑑を押し、すぐに宅配便屋を返してやる。
 玄関の戸を閉めると、リビングからひょっこりと美頭姫が顔を出した。

「それ何?」
「リビングで開ける。上のやつ持って」
「……メール便?」

 美頭姫は大きなダンボールの上にある、A4サイズの入る封筒を取った。
 それは今日使わないが、この大きいものはリビングに向かうと、ガムテープをすぐに剥がした。

「……利明、これって……」

 封筒をローテーブルに置いた美頭姫がダンボールを見る。
 開けるまでもなく、ダンボールに製品の絵と名前が書いてあった。

 中を開くと、平たい液晶のパネルが姿を現わす。
 40インチだったか、最近のテレビは軽いな……。

 というわけで、注文していたのはテレビだった。
 ドーンとローテーブルの端に置き、アンテナケーブルをマンションに付いてるアンテナ端子に繋ぐ。
 その際、目を爛々と光らせる美頭姫がリモコンに電池を入れる。

 チャンネル設定を済ませると、部屋がうるさいぐらいにテレビから音が出る。
 静かなのが当たり前の空間には、騒音機のように思えた。

「ふふーん♪」

 テレビが点いて満足したのか、美頭姫はニコニコと笑いながらローテーブルに肘をついてその手にアゴを乗せていた。
 機嫌も直ったようだし、よかったよかった。

「でも利明、届く時間がわかった風だったよね? 今日帰るつもりだったの?」
「揚羽と津月が、昼間ゆっくり詰問してくると知ってたからな。帰るだろうな〜とは思ってた」
「へ〜……」

 手品の種明かしではないのだが、感心するように美頭姫が目を丸くして俺の顔を見る。
 だからって宅急便が来る時間までは分からなかったけどな、たまたまだ。

「……んじゃ、俺も仕事があるから部屋にこもるぞ」
「えー? あっ、メール便開けてないよ?」
「それもお前にやる。いつでも付けてろよ? これからの為にな」
「えっ? それって……」

 みるみる顔を赤くさせる美頭姫。
 ……わけがわからん、何か勘違いしてないか?

「お前、中身なんだと思ってんの?」
「……結婚指輪?」
「アホか。それなら手渡しするだろ」
「なーんだ」

 違うとわかると、彼女はビリビリと封筒を破り、中を開けるのだった。
 その中身とは――

「……イヤホン?」

 ワイヤレス対応の、コードの無いイヤホンだった。



 ○○○



 あれから部屋にこもり、俺はずっと作業をしていた。
 1つだけ、作らなければいけない曲ができたから。
 それなのに、夕方から電話が掛かってきた。
 今日も仕事の電話はあったが、そうじゃない、昨日の夜に掛けてきた相手だった。

「……なんだよ揚羽?」

 電話の向こうに居るであろう人物に問い掛ける。
 その人物は居るらしく、俺の妹の声で答えた。

 《母さんの見舞いに来て。もう、死んじゃうんだよ?》
「昼にも言ったが、俺は行かない。それにもう時間は遅いしな……」

 壁掛けの時計に目をやれば、短針を5、長身を7に指していた。
 午後5時36分……今から病院まで行って面会、そんな時間はないだろう。
 しかし、妹は反論した。

 《看護師さんからは、もういつ死ぬかわからないから、親しい人に限り面会を常時許可してくれるって。特別、許してくれたんだよ》
「ほぉ……随分交渉が上手いんだな、お前。俺が居ない間に成長したんだな」
 《そうだよ、私は成長した。だから、兄さん……来て……!》
「…………」

 揚羽の掠れる声に、俺の体はピクリと反応する。
 まだ兄さんと呼んでくれる妹に、俺は歯がゆい思いになる。
 今すぐ言う事を聞いてあげたい、でも……。
 本当に大切な妹なんだ、だからお前のためにも俺は、後悔のない選択をしなきゃいけない。

「ダメだ。俺は行けない。母さんに会うぐらいなら、死んだ方がマシだ」
 《なんで……なんでそんなに自分勝手なの? お願い……来てよ……》
「……津月も、居るんだろ。俺は顔を合わせられない。喧嘩したからな」
 《……ツッキーなら居ないよ。私が放課後帰って見舞いに来る前に、来たみたい。どうして私達3人、こんなにチグハグなの……? どうして私達、仲良くできないのかな……? 母さんも死んだら、私……どうしたら良いの……?》
「――ッ!」

 悲痛な妹の声に、俺は拳を壁に叩きつけた。
 肌が裂けて徐々に血が浮き出る。

 今すぐ、俺がなんとかしてやるって言いたい。
 また仲良くできるって言ってやりたい。

 でも、今の俺が言ったところで、揚羽にはわけがわからないはずだ。
 俺が揚羽を遠ざけたのに、幸せにする――?
 何も言えない。
 揚羽にこんなひどい事を言わせて、泣かせてしまっているのに、俺は何も言えなかった。

 《――ねぇ、兄さん》

 急に落ち着いた揚羽の声に、俺の思考は完全にクリアになる。
 怒りとか悲しみを差し置いて、揚羽の言葉だけが脳を支配した。
 だって、それは――




 《――お見舞いに来なかったら、ツッキーに輝流の事、話すから――》




 掘り返してはならない、俺の過去だったから。



「――わかった、見舞いに行く」

 今までの全てを崩すかもしれない、それでも俺は見舞いに行く事を選択した。
 人なんてバカなものだ、いざ自分の都合を前にすると他人より優先してしまう。
 中学でのあの事件を津月が知れば、アイツは間違いなく俺に問いただす事だろう。
 そして、今の状況に泣くだろう。

 2人から好きになられる。

 それはあの時と、同じなのだから――。



 ×



 タクシーを使って損をするなんて、バカみたいな話だ。
 母親の入院してる病院は家から近く、2km程度だった。

「で、なんでお前が付いて来る」
「当たり前だよ! 私を家で1人にするつもり?」
「エンジョイぼっちライフ。体験版は俺の家で」
「ぶん殴るよ?」

 とか言いつつ、既に俺の腹に拳が突っ込まれていた。
 マイボディは痛いと叫ぶも、俺の口は叫ぶ気分じゃないらしく、美頭姫から1m離れるだけで終わる。
 現在は病院の中で、階段を上がってすぐの病室に入った。

 薄暗い個室の部屋には、ベッドが1つといすが2つあった。
 ベッドには肌がボロボロで体が細い女が1人、インスピロンや点滴を刺して眠っていた。
 俺の母親だ。
 随分見ないうちに痩せこけてしまったらしい。

 椅子に座っていたのは、妹の揚羽だった。
 ポニーテールに、慎重に不釣り合いな発育の良い体。
 普段見る制服とは違い、黄色の薄着の上から半袖のパーカー、太ももがよく見えるデニムを履いている。
 妹は俺を見つけるなり、寂しそうな顔をした。

「遅いよ……。ずっと待ってたのに……」
「……まだ、生きてるのか?」
「うん。よかったね、生きてるうちに会えて」

 その言葉から、俺は意図を汲み取った。
 話せるうちに――とは言わなかった。
 つまり、もう母さんは、起きる事がないのだろう。
 なら、もう話しても良いだろう。

「……なぁ、揚羽」
「私なんかいいでしょ? それより、母さんに触ってあげて」
「……。わかった」

 言い出すよりも、揚羽の言葉に従った。
 よく考えれば、意識がないとはいえ、この母親の前で言うことではなかったと自分を叱責する。
 実家に突然帰って、その時にゆっくり話そう。

 俺はそっと、母さんの手を握った。
 この母親には随分俺たち兄妹が引っ掻き回された。
 積もる恨みはあるし、この手でトドメをさせるならさしたい。

 だけど、俺は悪魔の子じゃなかった。

 俺も揚羽も優しかった。

 俺は無表情だけど人のために動くし、

 揚羽はバカだけど人のために泣ける。

 だったら、人を産んだこの人も、また同じ人間なんだ。

「俺が悪魔になりきってたら、こんな顔してなかったよな……」

 母親の顔を見て、俺はそう思う。
 薄く笑った母親の顔。
 それは子供に会えて喜ぶ、親の微笑みにも思えた――。

「ぼっちの俺、居候の彼女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く