ぼっちの俺、居候の彼女

川島晴斗

act.22/津月と利明

「利明……大丈夫?」

 その声を掛けて来たのは美頭姫だった。
 未だに立つ津月は彼女を見るなり、ギリリと歯を噛み締める。

「みーちゃん……ツッキーはね、今おこなの。邪魔だからあっち行ってて」
「嫌だよ。利明はみんなの為に頑張ってるの。酷い事しないであげて」
「みんなの為!!? 笑わせないでよ!」

 美頭姫の言葉に、津月は声を荒げた。
 もともとクラスの視線は俺の方を向きっぱなしだったが、さらに関心を引き付けた。
 彼女の怒りは止まらず、口からは呪詛のように俺を恨む言葉が続く。

「利明は誰も幸せにできてない! みんなのためとか言って、みんな怒らせてるじゃん! 笑わせないでよ……。揚羽ちゃんが最低って言ってたの、今ならわかる。利明……アンタ、最低だよ……!」

 パシンと、乾いた音が響いた。
 怒り狂う津月の頬を、美頭姫が打ったのだ。

 静寂に包まれる。
 全ての時が止まったように、無音の世界が広がっていた。

「何も……」

 静寂を壊したのは美頭姫だった。
 ポツリと呟かれた一言は世界に染み込むように耳に入ってくる。
 美頭姫の怒りを目にし、津月の瞳はキュッと小さくなっていった。
 そして、美頭姫は漸くその思いを叫ぶ。

「何も知らないくせにっ、利明をバカにしないでっ!!!」

 力強い声だった。
 誰かのために必死になって叫ぶ少女。
 彼女の姿を見て俺は、どこか救われた気持ちになった。

 でも、

 津月は笑っていた。
 狂ったように、口持ちを釣り上げて笑っている。

「そう、そうなんだ! 利明はさ、私や揚羽ちゃんみたいな身近な存在には真実を教えないで、最近知り合ったような女の子には教えるんだ! ハハッ、アハハハハッ。――死ねよ、お前」

 それだけ告げると、彼女も踵を返して教室を出て行った。
 その際、彼女の障害となるだろう人は道を開譲る。
 目の前に残ったのは、目に涙を溜めた美頭姫と、金髪セミロングのオリガだった。
 平気な顔をした金髪少女に俺は問い掛ける。

「……お前は、揚羽について行かなくていいのか?」
「君と少し話したくてね。残り少ない休み時間を潰させてもらうよ」

 彼女の声を聞いて、俺は思う。

「日本語うめぇじゃねぇか。前会った時は演技か」
「うーん。半分はね? 私、一応純ロシア人なので」
「あっそ。それで、話って?」
「…………」

 オリガは一度黙り、なんでもないようにそっぽを向きながら口ずさむ。

「――Led v vidu,no med,na yazyke.
 舌の上ではハチミツ、でも心の中は氷って意味のロシアのことわざなんだけど、どうやら君達は、ハチミツと氷が逆みたいだね」
「…………」

 俺の言葉は氷刃、心は甘いハチミツってか?
 それなら正解かもしれないが、ふむ……。

「君達? 嘘を言ってるのは、俺だけじゃねぇのか?」
「おっと失礼。君達の関係と言えばいいのかな? よくそうまで仮面を幾重にも被れるものだね。私も嘘吐きだけど、君の真似はとても出来ないよ」
「……。俺のことを見破るのは結構だが、揚羽には言うなよ?」
「わかってるさ。人の努力を無駄にしたくないからね。では、私もこれで失礼するよ。do svidaniya♪」

 別れの挨拶だろうか、最後にロシア語を残して彼女も教室を出て行った。
 これで3人、俺の元を離れて行ったわけだ。
 しかし、まだ美頭姫が居た。

「……いいのか? 俺の近くにいると、お前も嫌われるぞ」
「前に聞いたよ、それ……」
「ざまぁ」
「……あの時と同じこと言ってる」
「そうだな」

 前に一度、帰り道にこんな会話をした。
 あの時と違うのは話す場所と、美頭姫が泣いていることぐらいだろう。

「なんで泣く」
「……だって、利明は悪くないのに……酷いよ。ツッキーの曲だって、利明が作って……一人暮らししてるのも、揚羽ちゃんのためで……」
「……そうか」

 俺は席を立ち、ポンッと美頭姫の肩に手を置いた。

「ありがとな、俺のために喧嘩してくれて。もういいから、席に戻れ」
「……こんな顔じゃ、戻れないよ」
「そうだな、俺も今日は授業受けたくねぇ。帰ろーぜ? ここはちょっと、居づらいからな……」

 他人の目が集まり、衆目の的と化していた。
 こんな空気を作っておいて、教室に残れるほど強靭な精神は持っていない。
 美頭姫はコクリと頷き、彼女は荷物も持たず、俺と共に教室を出るのだった。

 全て崩壊した。

 だけど、再生まではそう遠くないはず。

 だから、今は時を待とう。

 母親が死ぬ迄を――。



 ×××××



 私、南野津月は逃げ出した。
 大好きな彼に暴言を吐き散らして、アイドルという仮面を脱ぎ捨て、心のままに感情をぶちまけた。
 彼が、私が好きだった利明が、みんなのことを思ってるって、そんなのわかってる。

 もう随分と昔のことだ。
 最初はピアノが弾けるからと、彼に構ってもらってて、本当は曲を作ってもらうのが目的だった。
 でも、幼稚園のお遊戯会で椅子取りゲームをしたとき、席を譲ってくれた時から好意を持ったのを今でも覚えている。

 幼稚園の頃の話だ、単純な事で好きになるのは仕方ない。
 私は幼稚園時代ずっと彼の側にいた。
 相当ウザそうにしてたけど、なんだかんだで一緒に居てくれた。
 彼は幼稚園の頃も小学校の頃も、ずっと私を嫌がらずに一緒に居てくれた。
 私が書いた稚拙な歌詞に、あの人は何気なく曲を作ってくれて、クラスで発表したりした。

 私は小さい頃からアイドルになるのが夢で、小学校卒業と同時に引っ越す事になる。
 事務所が遠いとかそういう事情だった。
 でも、引っ越す前から戻って来ることを決めて居た。
 だって、私が戻って来るって、利明は分かってくれてると思っていたから。
 私がここに帰ってきて、その時に利明が居なかったら、絶対私は悲しむ。
 だからこの、私達の地元から1番近いこの高校に居るって決めて、転入したんだ。

「上手くいってたのになぁ……」

 校舎を出て、私は独り言を口走る。
 利明が一人暮らしをして、女性と同棲していたのは予想外だったけれど、利明は女性と付き合うつもりがないようで、みーちゃんにも手は出してないだろう。
 そこは安心してよかった、でも、まさか母親が死にそうだなんて。

 ふと、澄んだ青空を見やる。
 混沌とした私の心とは真逆に、どこまでも青一色の空を私は睨んだ。

 いま私の心を占めるのは、ほとんどが嫉妬だった。
 なんでみーちゃん――あの子には真実を話しているのに、私に言えないのか。
 妹の揚羽ちゃんにも言ってないぐらいだから仕方ないのはわかる――けど、それでも、やっぱり悔しかった。
 利明の事をよく知ってるのは自分だし、歌や詩で彼を幸せにできるのも私だ。
 なのに、ぽっと出のみーちゃんに……私が負ける?


 私は、あの子に利明を取られるのだろうか?


「…………」

 答えは出ないし、私はポツポツと歩道を歩くのだった。
 荷物もなく、随分軽いはずの体は鉛のように重く、信号に差し掛かって、立ち止まらせられる事にさえイライラした。

「――南野津月さんですね?」

 ふと後ろから声を掛けられる。
 知らない声だった。
 しかし、正体がバレた以上はツッキーとして接するのが元アイドルの役目。

 振り返ると、そこにはスーツを着込んだ黒髪の少年が立っていた。
 いや、女性にも見えるので性別は定かではない。
 肩につかない程度の黒髪、優しげな丸い目をして、身長は私より少し高い程度。
 声も中性的で、本当に男か女かわからない人だった。

 でも、相手が誰だっていい。
 私を呼ぶって事は、きっとファンだから。

「ツッキーだお☆ よくわかったね? 嬉しいなぁ〜♪」
「ええ、貴女のことはよく存じております。なにせ――」



 利明くんのお友達ですから――。



 胸がざわついた。
 先ほどまで悩んでいた意中の人の名前を、彼は口にしたのだから。

「……貴方は、何者ですか?」

 おそるおそる尋ねる。
 すると彼はニコリと笑い、右手を胸に当て、こう言った。

「申し遅れました。わたくし、秋宮あきみや輝流てるると申します。少し、お時間よろしいでしょうか?」


 ――明星利明について、お話があります。


 彼の言葉は私の胸に麻薬のように溶け、何も考えず私は頷くのだった。

「ぼっちの俺、居候の彼女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く