ぼっちの俺、居候の彼女

川島晴斗

act.12/お邪魔します

 5時間目、6時間目と時間が過ぎ、席を立つ。
 教室を離れて昇降口に向かうも、俺の後ろから2つ足音が続いた。
 誰のものかは大体予想がつく、俺はヘッドホンを付けて気を逸らそうと努める。

 しかし、自体は悪い方へと向かって行った。

「兄さん――?」
「あっ、揚羽……」

 昇降口でバッタリ妹に会う。
 靴を履き替える途中だった彼女はピンク色のおしゃれな服に着替えていて、締りのある細身な体付きが浮き出ていた。
 彼女の視線は、俺からその後ろに移る。
 おそらく、見ているのは津月の事だろう。

 俺と津月、そして揚羽は昔から3人でよく遊んでいた。
 当然ながら揚羽と津月は面識があるし、昨日転校してきたっぽいから揚羽と話をしていただろう。
 なのに、なんか気まずい。
 昔の3人が揃ってるのに、どうしてこんなに気まずいのか。

 何も言わないのはまずい、俺がヘッドホンを外した、その時だった。

「揚羽ちゃぁぁああんっ!!」

 津月バカが揚羽に突撃した。

「つ、ツッキーッ!?」

 本当に突撃でその物理量を揚羽はなんとか受け止める。
 身長は揚羽の方が高くて、何故か津月は妹の胸で泣いていた。

「うぉぉおおおおお揚羽ちゃぁぁああんっ!! とっしぃーが私以外の女に手ぇ出してるんだよぉおおおおおっ!!!」
「えっ、そんな……。嘘でしょ兄さん……」
「うん、嘘だから。津月、どうやらボコボコにされたいらしいな」
「私のとっしぃーがぁーっ! 音楽以外はからっきしでインドア根暗のとっしぃーがぁぁあああっ!!!」
「美頭姫、アイツほっといて帰ろーぜ」
「うん」

 俺と美頭姫は2年の下駄箱へと向かうのだった。
 と、そこに2人が突撃してくる。

「ちょっと兄さん! その人誰!?」
「私を置いてこうとするなぁああっ!!」
「うるせーよお前ら。このポンコツ女はただの居候、津月は家まで来たいならくれば?」
「行くっ!」

 万歳して答える幼少期の友に、俺は言葉1つ返さず昇降口を出て行く。
 青い空と強い日差しが出迎えると、後ろから俺の左右に津月と美頭姫が立って歩いた。

「…………」

 妹は追ってこなかった。
 ふと後ろを見れば、殺意を込めた視線で俺を睨んでいる。
 居候の美少女……その存在は、矢張り妹にとって、俺を恨む素材になるらしかった。

 そんな妹をほっぽって家路を歩く。
 今日は荷物に被害もなく、背中が重たかった。
 なのにスーパーで買い物をして、居候にも荷物を持たせながら帰宅する。
 2kのマンション、防音あっての家賃6万。
 まぁ、スピーカーは曲を最後に試しで鳴らしたりするぐらいしか使わないが。
 ヘッドホンで聴くのと作った音が違ったりすると調整するんだ。

 玄関を上がり、リビングに抜けて荷物を下ろす。
 後ろから続いた女子2人のうち、1人は顔を輝かせ、もう1人はガックリため息を吐いている。

「ここがとっしぃーの家!? 何にもないけど、とっしぃーの匂いがする〜っ!!」
「メガネ取れメガネ。つまんねー変装はいいから」
「へっへっへぇー、とっしぃーに取ってもらう〜♪」
「割るぞ、そのメガネ」

 津月は無駄にデカい縁のメガネをかけていた。
 一応変装のつもりらしいが、学生服で友人連れて歩いてる中を、わざわざ声掛けてくる輩も居ないし、あまり役に立たんだろう。
 彼女の隣では、ドサリと買い物袋を下ろす美頭姫が、疲れたと言わんばかりに天を仰いでいる。

「疲れたぁ〜……」
「言わんでも顔見りゃわかる。美頭姫、買ったもん整理しといて。津月は勝手にしろ、俺はPCの所にいるから」

 それだけ言うと、俺はリュックを手に自室へと入っていった。
 カーテンを閉め、電気を付け、PCを起動する。
 机の上にキーボードやハードシンセを置いて、ひとまず俺はメールを見た。

「ん、依頼来てる」
「え? どんなの?」
「…………」

 すぐ後ろから聞こえた声に、反応することはなかった。
 メールを拝見すると、1度曲作りをさせてもらったことがある、個人で活動するエロゲー製作者さんだった。
 内容はBGM作成で、ピンク色な曲とか、日常で使えるようなBGMを作って欲しいとのこと。

「えーっ、1曲1万7500円って安くない? とっしぃー、こんな依頼受けてるの?」
「うっせぇよ。こんなBGMなら草案ちょっと考えれば1曲7時間ぐらいで作れるわ。しかも8曲で1ヶ月猶予くれてるし、受けるっつーの」
「安いえっちな同人ゲームって、1000円ぐらいだから1000DLぐらい軽くいくのにね。そのうち音楽で14万円しか貰えないなんて、とっしぃー可哀想」
「アイドルが言っていい言葉じゃねーな」

 それに、この依頼主とちょっと話したことがあって、この手のゲームは絵と宣伝のイラスト次第で全く売れないらしいから、絵に力を入れるとか。
 でも前作は2000DLいったとかで300万の儲けになったと聞いた。
 一気に300万といえば大金だが、ストーリーとかイラストとか、制作期間は意外に長いからな、ゲーム作るのって大変そうだ。

「で、なんなんだよお前。俺は仕事出来たんだからあっちいってろよ」
「うわーっ!5年ぶりに再会した女の子にそんなこと言うの!? だからとっしぃーぼっちなんだよ!」
「お前が勝手にうちまで付いてきたんだろ。お前に構うって言ったって、昔みたいに駄菓子屋行ったりする歳じゃねーからな」
「……お話しできるだけでいいんだよ? 私に構ってよ……」
「…………」

 力のない声で懇願し、後ろから抱きしめてくる。
 あぁ、思えば昔から、津月とはこんな感じだった。
 俺が突き放し、それでも津月は付いてくる。
 それでなんだかんだ言って遊んで、音楽が趣味だからと俺が曲を作って聴いてもらい、津月が歌や踊りを俺に披露した。

 そんな関係が、高校生になっても続くとはな。

「……わーったよ。話相手になるから、リビング行こうぜ」
「えーっ、あの子居るじゃん。2人っきりがいいよーっ」
「俺もお前もガキじゃねーんだから、ほら、どけ」
「むーっ。しょうがないなぁ」

 パッと津月が俺の後ろから離れ、俺は立ち上がる。
 幼い頃を思い出したからだろうか、ふと津月の顔を見てしまう。
 昔も今も、ツーサイドアップは変わらない。
 顔付きも幼いままで、体つきも縦一直線。
 でも、背が伸びた。
 俺より頭1つ分くらい小さいが、久し振りに雑誌や新聞以外で見る、本物の彼女。

「……おやおや? とっしぃーが私に見惚れてる」
「……人間、年取るよな、って思っただけだ。年取っても、成長してない所は成長してないけどな、そことか、そことか」

 頭や胸を指差すと、華麗な正拳突きが俺の鳩尾にクリーンヒットする。
 ……やっぱり、昔と変わってねぇ。

「……痛え」
「とっしぃーが悪い。私、ひんにゅーじゃないもん。普通だもん」
「輝かしいほどの絶壁じゃねーか」
「……な、なに? とっしぃーはおっきい方が好きなの!?」
「胸自体あんま興味ない」
「じゃあパンチラッ!? パンチラがいいのねっ! 私のでよければ、遠慮なく見ていいのよ!」
「じゃあ遠慮なく」

 ペラリと思いっきりスカートをめくる。
 直後なにやら悲鳴が聞こえたが、気のせいだろう。

 白くて細い足を目で追っていくと、純白でフリフリの付いたパンツが目に入った。
 しかしそれも束の間、俺のスカートを持つ手が叩かれる。

「アホなのっ!? 本当に見る奴が居る!?」
「だって、女子高生のスカート捲る機会なんて滅多にねーしな。今のうちにと思って」
「思って、じゃないよ! 生ける伝説、ツッキーのパンツを見ようなんて不届きもいい所だよ!!」
「世の中なんて知るかよ。つーかお前のだから捲るんだし、他の女子にはやんねーよ」
「……えっ?」

 荒げていた息は急に整い、キョトンとして俺の目を見てくる。
 感情の起伏が激しい奴だな、なんだよ……?

「……そ、それって……私の事、とっしぃーは……あの……」

 頬を赤らめ、人差し指と人差し指を胸の前で合わせ、くねくねしながら上目遣いで見てくる。
 元気なコイツもウゼェけど、あざとくてもウゼェな……。

「俺、お前のこと女だと思ってねーから。パンツ見たって気にしないし、な?」
「なっ……ツッ、いや、でも……それなら、私の胸触っても、なんとも思わないよね?」
「お前の胸、男と変わんねーしな」

 ローキックが飛んできた。
 なんか最近、周りの女子が本気で俺を立てなくさせようと画策してる気がしてならない。

 うだうだしてても時間の無駄なので、さっさとリビングに向かうのだった。

「ぼっちの俺、居候の彼女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く