ぼっちの俺、居候の彼女

川島晴斗

act.9/みずき

「……そんな事、ないよ」

バツが悪そうにそっぽを向いて、彼女はバスタオルを体に巻き直す。
そんな事ない、か。

「背中を流してもらうとか、男が好きそうな展開だよな。それに、バスタオル1枚で突撃して来たら確実にタオル落ちるだろ。せめて水着でくれば、疑念を持たれなくて良かったのにな」

水姫は何も言わず、困った顔で俺を見ていた。
俺はコイツがバスタオル姿で風呂場に来た時点で、裸を見せてくる事はわかっていた。
それで――

「欲情した俺に襲わせて、既成事実を作る。そう考えてたんだろ? バカな男は引っかかるだろうが、常に頭を使って生きてる俺が相手で残念だったな」
「わー、利明くん天才。パチパチ〜」
「うるせぇよ……」

ハァッ、と大きくため息を吐き出し、俺は改めて問いただした。

「お前は一体、俺にどうして欲しいんだ?」

この言葉が全てだった。
何気ない日常の中、突如俺の家に転がり込み、女として見られようと必死になって、親父にまで見つかった。
それで、どうして欲しいんだ……。

水姫の家柄も正体も俺は知らないし、友達でもないからどんな奴なのかもわからない。
でもコイツにはコイツの目的があるはずだから、それを知りたいんだ。
それを教えてくれないと、俺は何もできないから。

「……利明は、迷わず私にえっちな事をすれば良かったんだよ」
「自分の事を話さない奴って、信用されないんだぜ? 信用してない奴に手を出したりしねーよ」
「……そっか」

儚げな彼女の呟き。
ポチャンとシャワーヘッドから落ちる水滴が大きく響いた。
彼女は、美しい。
長い黒髪、ふくよかな胸、白い肌――その魅力があればいろんな男をオトせるだろう。
なんで俺なのか――それはきっと音楽じゃないかと、思ったんだ。

でも、彼女の口から出た言葉は、意外なものだった。

「君ならなんとかしてくれるって、聞いたの……」

今にも泣き出しそうな彼女の声。
悲痛な旋律を奏でる唇。
もうその一言を聞ければ十分で、俺は

思いっきり水姫に向けてシャワーを浴びせた。

「ブッッ!!?」

あまりの事に彼女は驚きながらも目と口を塞ぎ、俺に向かって突撃してくる。

「ちょっと! やめなさいよっ!」
「動くなよ。またタオル取れるぞ?」
「ッーーーーー!!?」

身を包むように自分を抱きしめ、代わりにシャワーを存分に浴びる水姫。
おうおう、完全に水の姫だねぇ……。

「もっもうっ! 利明なんて知らないから! ばーかばーか! 変態! 前隠さないし! 音楽大魔神!」
「最後のは褒め言葉だぜ」

水姫は逆襲する事なく逃げていった。
床が水浸しだけど、眠気も覚めたからあとで拭こう。
……あ、アイツ、スポンジ持って行きやがった。

「……いい事ねぇなぁ」

得た気持ちを潤すように、俺は全身にボディーソープを塗る作業に明け暮れるのだった。







バスルームから出て体を拭き、やっとこさ真新しいパンツを履くことができる。
その下には俺が持って来たボールペンがあった。
ICレコーダーになっている、1つ数万円のボールペン、水姫が扉を開けてたために、先ほどの会話は全て録音されたことだろう。

「ま、使うか使わないかはわからないけどな」

独り言のように呟いて、ズボンとシャツを身に付ける。
濡れた床を雑巾とワイパーで拭いてから、俺はリビングに向かった。

リビングでは、既にパジャマを着た水姫が正座して座っていた。
ローテーブルにはコップが2つあり、1つは水姫の方に、もう1つはいつも俺が座る、対面する位置へ。
……これは素通りできないよな。

俺は渋々彼女の目の前に座り、水姫の顔を見る。
彼女は俺を見るなり、眉をハの字に曲げ、困り顔だった。
こんな場所作っといて、今更そんな顔するなよ……。

「……おい、良いおっぱいの人。話す事あるんじゃねぇの?」
「……普段の私だったら今頃羽交い締めにしてるけど、許してあげるよ」

とか言いつつ、足を蹴ってくる水姫さん。
見えない所で攻撃すんなよ、2人しかいねぇのに……。

「それで、なんでしょう。俺疲れてるから明日じゃダメ? 学校サボろーぜ?」
「……やだ。決心が鈍る」
「もう鈍ってるだろ。でも安心しろ。俺は偉大な男だ、お前の事は必ず助けてやるから、なんでも言えよ」
「…………」

水姫は再び無言になる。
しかしその目には力がこもり、意を決したようだった。
やがて、彼女の口もとは綻び、言葉が紡がれる。

「親って、どうして子供に本当のことを言わないんだろうね」
「有って無いような威厳を守りたいからだろ?」
「あはは、そうだね……」

前置きだろうか、彼女の疑問を即答すると、クスリと笑って彼女はポツポツと語り始める。

「お父さんね、3年前に、仕事をクビにさせられてたの。その頃はまだ貯金があって、なんとか暮らしてきた。でも、お父さんはクビになった事を黙ってて、アルバイトをして……でも、お金は足りなくて。だから借金をしたの。少しずつ、少しずつ……」
「…………」

何度か思った事だが、矢張り金の話だった。
水姫はまだ話を続ける。

「そして、家族にバレる日が来た。借金取りの、体がゴツい男が乗り込んで来て……私に……迫って来たの。親は泣いてたけど、拒否しなかった。その日から私は死んだような生活を送っていたの。何日も体を良いように扱われて……表面上だけは、明るく振舞ってた。バイト代はなんとか知らされないようにしてたけど……」
「バレた、のか?」
「……うん」
「だから逃げて来たのか。女友達の家に泊まろうとしなかったのは、その女の子にも性被害が及びそうだったから、と……。そこで、一人暮らししていて、無害そうなぼっちの俺、か」

そこからの憶測は簡単なもので、彼女もコクリと頷いた。
俺の裸を見てもおどけなかったから経験済みだとは思ってたけど、はぁ……。

「それと、もう1つあるの……」
「へぇ……」

正直、彼女の話はもうお腹いっぱいだったが、ここまで聞いたら引き返せない。
俺は彼女の目を見て、次の言葉を待った。

「……私の名前ね、こう書くんだよ……」

そう言って、彼女はスマートフォンをテーブルに置き、見せてくる。

美頭姫

そこに書かれていた文字は、みずきと読める、俺が彼女から聞いた漢字と違うものだった。

「……これは?」
「……出生届に書かれた、私の名前。本当はこの文字だった……」

ポツポツと、ローテーブルに水滴が落ちた。
それは水姫の流す涙で、俺の胸を切なさが埋め尽くす。

「私は、ずっと親に騙されてたの。字画が悪いとか言って、私に水って、嘘の漢字を使わせた! 私もバカだよ……気付く機会は何度もあるはずだったのに……」
「みず、き……?」
「……その名前はどっちで呼んだの? 私はね、利明……家を出たとき、水姫という、偽りの自分を殺して来たつもりだった。でも、私は――貴方の前で、偽りの自分を演じる事が必要だった! だから――私は、また嘘の名前を……」

グズりながら、テーブルに顔を伏せてしまう。
話が本当なら、コイツは相当無理して来たんだろう。
先生とかって子供の出生届の名前とかわからないもんな。
生徒を呼ぶのは大体苗字かあだ名が多いし、他人は絶対に気付かない。

「酷いよね……。今まで私が書いて来た名前は全部、存在しない別人のものだった。私って、一体何? 今までの人生全て否定されたんだよ――? 名前って、こんなに大事なんて知らなかった。私は――ただの、慰み者なの――?」

肩を震わせながら、嗚咽交じりに、彼女は必死に言葉を吐き出した。
親が本当のことを言わないって、そういう事か。
まったく、どこの家庭もそうだよな。

親は子供都合を考えたりしないし、子供の幸せを勝手に決めつけたり、子供を道具にしか思ってたりする。
当然だろう、世の大半の親は子供ができると思わず、ただ快楽を求めて交わるんだから。
だから思うんだ。
子供は、自分の道は自分で決めて良いって。

「お前が決めろよ」
「……うえっ?」

上ずった声で、みずきが返事をする。
コイツは今、名前の定まらないただの女だ。
でも、この先を生きていくのは――水姫か、美頭姫か。

「美しい頭に姫って、すげぇ良い名前じゃん。そして、その名前はお前の持ち物だ。同時に、水の姫ってのもお前の名前だ。これからのお前がどう生きたいのか、それはお前が決めろよ」
「……私……は……」

絶え間なく流れる涙を惜しまず、みずきは俺を見ていた。
美しい顔がボロボロだ……本気の泣き顔をするとき、女は嘘を吐いてないって思ってる。
だから、今ここで感情に素直なお前は、どっちのみずきなのか。
それは――

「……私、もう自分を演じたくない! 辛い思いとか、全部イヤなの!! だからっ……全部捨てて、美頭姫に、なる……。美しい頭じゃなくてもいい、だから……」
「……そうか」

彼女は決めたらしい。
新しい自分を歩んでいくことを。
今までの人生全部捨てて俺のところまで来たんだ、ここからスタート切ろうぜ。

「……辛いの嫌だっつっても、家事ぐらいしろよ?」
「……え?」
「ん? なんだ、出て行くのか?」
「…………」

ふるふると首を横に振る。
だったら良いじゃねぇか。

「詐欺ってさ、俺は1つの仕事だと思ってるんだ。例え相手を騙したとしても、嘘がバレなければ騙した方に満足感を与えられる。……結局、人間なんて満足すれば良いんだよな」

最後の最後でコイツが嘘ついてたとしても、俺はそれを知らなかったことにしよう。
俺はただ、目の前の小さな女の子を助けたいだけだから。
俺が満足すれば、それでいい。

俺は立ち上がり、目の前の少女に向けて言った。

「助けてやるよ、美頭姫。今日はよく頑張って話してくれたな……」

優しい微笑みで投げかけた労いの言葉。
彼女は涙で破顔し、再びテーブルに顔を埋め、泣きじゃくるのだった。

「ぼっちの俺、居候の彼女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く