ぼっちの俺、居候の彼女

川島晴斗

act.5/話

 時刻は夜の9時半、リビングのローテーブルの上にはいつものノーパソがあり、クラシックを流していた。
 麦茶の入ったコップが2つテーブルに置かれており、対面するように俺と水姫は座っていた。

「お前、彼氏とかいんの?」
「居たらその人に泊めてもらうって……」
「いや、彼氏って人間に限定したもんじゃないだろ? お前が彼氏だと思えば、靴底の匂いとでも恋人になれるさ」
「…………」

 水姫は無言で立ち上がり、冷蔵庫からイタリアンドレッシングを取り出して俺の麦茶に掛ける。
 そして容器をテーブルに置くと、何事もなかったかのように話題を変えて話し出した。

「利明って、どんなジャンルの音楽作ってるの? 戦闘BGMとか?」
「いやお前ちょっと待て! この麦茶どーしてくれんだ勿体ねぇ!!」
「えっ? 麦茶は麦茶でしょ? 美味しいよ?」

 そう言って彼女は手元にある自分の麦茶を一気に飲み干す。
 なんなんだマジで、この居候……。

「それで、なんの音楽?」
「……ジャンルには囚われねぇよ。バラード系からダンスミュージックまで、童謡なんてのも、依頼があれば作る」
「へぇ〜……音楽制作って、儲けるの?」
「安くても1曲1万5千、平均8万ぐらい……依頼にもよるけど、大体月収20〜50万かな」
「……え?」

 目を丸くして驚く水姫。
 依頼以外にサークルでの稼ぎも合わせれば年収600万ぐらいだし、高校生の稼ぐ額じゃないからな。

「……そっか。利明って、凄いんだね」
「まぁな。でも、世の中にはもっと稼ぐ高校生も居る。高校は最低出席数しか出席せず会社で働く奴、株やってる奴、投資、バレなきゃ密売とか……。お前みたいなバカが知らないだけで、稼ごうと思えば稼げるだろ」
「そういう事を知ってるのに、利明は音楽で生きていくんだ」
「好きな事やってなきゃ、死んでるのと変わらん。1番大事なのは健康、2番は技術、3番は自分の感情。それが俺のポリシーだ」

 手元にあるコップを持ち、底から眺めて見る。
 ドロドロとしたものが溶けていて、綺麗な色合いだった。
 絶対飲まないけど。

「お前は音楽好きか?」
「……嫌いな人、あまり居ないと思うよ?」
「確かにね」

 この世はどこ行っても音が耳に入る。
 テレビを点ければBGMが、店に入れば曲が流れているし、音から逃げることはできない。
 音とは上手く付き合っていかなきゃいけないんだ、俺は作る側に回っただけ。

「俺も音楽は好きだし、プロとして作曲に誇りを持っている。それだけの技術もあるしな、高校生なんていうのは"高校生作曲家"と呼ばれるためのメッキでしかない」
「……この会話も1時間3200円とか料金取られそう」
「取らないから。なんで微妙な数字使うし」
「現実的でしょ?」
「アホか」

 小馬鹿に扱うも水姫はそれを無視して俺の顔をまじまじと見つめた。

「……なんだよ?」
「いやね? 利明はぼっちだったから、会話が苦手なんだと思ってた。でも、しゃんとして話せるし、しっかりしてるなぁって」
「仕事で話に行くことも多いからな。電話も夕方ぐらいには稀にくる。つっても、メールのやり取りが1番多いけどな」
「……へぇ〜。大変なんだねぇ、利明って」
「話振っといて他人事かよ……」

 俺は持っていたコップをテーブルに戻し、考える。
 水姫が話をしよう、なんて、今時小学生でも言わない話の切り出し方をしてきたからには、何か重い話があるんじゃなかろうか。

「……何か言いたい事あるなら言えよ」

 冷たく扱うも、催促してみる。
 すると彼女はゆっくりと、その笑顔を沈ませていった。

「……私、どうしたらいいんだろう」
「不安か」
「当たり前だよ……。家出して、これから……どうすれば……」

 ポツポツと呟き、水姫のおでこはローテーブルに衝突する。
 そしてそのまま動かず、俺の言葉を待っているようだった。

「……別に、好きにすりゃあいいんじゃねぇの? 俺はお前が居ようがいまいがどっちでもいいし、寝床として使うなら遠慮するな。ただ、やるべき事があるならやっとけよ」
「……やるべき事?」

 不意に顔を上げ、丸まった背筋を正す。
 潤んだ瞳を俺に向け、答えを待っていた。

「家族の事とは言ってねぇよ」
「そうだけど……」
「俺が言いてえのは、もっと具体的なことだ。進路が決まってないとか、部活とか習い事で大会に出なきゃ、とか」
「それは無いんだけど……」
「だったら自由だろ。家族の事なんて時間が解決してくれる、少なくとも俺はそう思うぜ。だから、他にやる事無いなら気にするな」
「……そっか。ありがと」

 水姫は儚げに薄く笑みを浮かべた。
 やせ我慢の笑顔、そんなものわざわざ作らなくていいのに。

 そこで突如、けたたましい電子音がリビングに響く。
 俺は振動する携帯を手に取って確認すると、一つ舌打ちして水姫に告げた。

「仕事の電話だ。少し部屋にこもる」
「いいよ、ここで出て」
「じゃあ遠慮なく」

 スマフォをスライドさせ、俺はその場で電話に応じる。

「もしもし、メイメイです。お疲れ様です。……はい、ミキシング? 何か問題ありました?」
「…………」

 水姫はそっと立ち上がり、テーブル周りを歩いて俺の視界から消えた。

「……あー、弄っていいですよ。ただし、アレンジの欄に貴方の名前を入れてくださいね? やっぱり私としましても、作者様の意思を尊重したいので。というか、弄れるぐらいなら自分で曲作れたんじゃないですか? え、ははは、ありがとうございます。私にできるのは作曲だけなので――」

 言葉を伸ばしてお茶を濁していると、後ろからふわりと、何かが降りるように2つの腕が俺を抱きしめた。
 この部屋にいるのは俺と居候しか居ない、だから抱きしめてきた奴はわかる。

「……あー、アレンジに名前書くのって、ちょっと照れくさいですよね。都合が合えばお伺いしますが――週末? 日曜の午後なら……はい、はい。ではよろしくお願いします〜」

 用件が済んだので、俺は通話終了の赤いマークをタップした。
 そしてそのままスマフォを、後ろから抱きしめてくる水姫の頭に振り下ろす。

「ぎゃっ」

 本当に痛かったのか、悲鳴が生々しかった。
 それでも離さないあたり、離すつもりはなさそうだ。

「何をしている」
「水姫は今、構ってちゃんなの。……こんな寂しい所でずっと一人だと、死んじゃうよ……」
「だったら出ていけよ……」

 背中に感じるパジャマ越しの体温と感触。
 水姫も女の子なんだな、そう思えるほど彼女の体は柔らかく、特に背中に当たる2つの丸いものは押し付けられていて、少し恥ずかしいぐらいだ。

「……メイメイさん、提案です」
「今の電話で使った名前を言うな。あれはハンドルネームだから」

 明星利明、明という漢字2つを取ってメイメイと名付けた。
 現実で名乗るのは少し恥ずかしいし、たまに女性と間違われるから、機会があれば変更したい。

「それで、提案って?」
「テレビを買いましょう」
「いらねぇよ……あんな四角くて無駄にでかい箱。パソコンがあればそれでいいしな。古いの1台貸してやろうか?」
「……パソコンなんかより、モノクロから長い歴史のあるテレビがいいですぅーっ」
「甘えてきたって買ってやんねーから」
「少しぐらいなら、さ、触らせてあげたって、いいんだよ?」
「初日には"体を好きにしていい"とか抜かしてたくせに、随分消極的になったなオイ」

 自分で言ってる事に矛盾してるのに気付いてないのだろうか、ああでも、女ってそんなもんだ。

「む〜〜〜っ」

 唸りながら水姫は抱きしめる力を強める。
 思ったより大きな胸を押し付けられ、早くこの状況から脱したい。

「邪魔、すげー邪魔。話す事ないなら作業したいんだけど」
「……女の子を1人にするの?」
「それ女とか男とかそんなの関係ねえし、1人になれよ」
「利明、冷たいよ……」
「昔からこうなんだ。ああ、それともあれか? さっき電話に出たみたいな口調で相手して欲しかったら、それでもいいけど?」
「……むぅ〜〜〜〜〜っ!」

 さらに唸り散らして、水姫は俺の両肩を持つ。
 面と向かって見ると、人形みたいに美しい彼女の顔の美しさに、目を逸らしてしまう。

「……あのね、女の子と2人きりなの。しかもこんな近くに居て……もっと何かないの?」
「え? すまん、明日の朝飯の事考えてた」
「……こんなに可愛い女の子と2人きりで、何か思うことはないんですかっ」

 語気を強めてもう一度言ってくる。
 そんなこと言われたって、本音を話すわけがない。

「2人居れば、トランプやる幅が広がるよな。1人でやるババ抜きほど悲しいものは無いし」
「……どうしてもっと純粋な反応をしてくれないかな?」
「…………」

 そこまで俺に男女関係を求めるのは絶対裏があるから――なんて言えない。
 俺はそこそこ金も持ってるし、人脈も無くはない。
 将来も有望だし、俺を財布にしたいという気持ちかもしれない。

 だが、1番疑わなきゃいけないのは、水姫と揚羽に関係があることだ。
 2人が友人で、俺が万が一にも水姫に手を出せば、高校での人脈が広い揚羽は一気に最低な兄貴の噂を広めるだろう。
 ぼっちだから別に構わんが、どっちにしても俺は手を出さんぞ。

「……はぁ」

 心労が絶えなくて、思わずため息が出る。
 厄介な女を拾ってしまった。
 こんな事になるって知ってれば、拾わなかったのに。

「……お前、ビッチなの?」
「……そう見える? こう見えても純情なんだけど?」
「口だけではなんとでも言えるからな。ハイハイじゅんじょーじゅんじょー」

 俺は水姫の事を引き剥がし、時計を確認する。
 まだ22時……30分も経っていなかった。
 しかし、学校で寝たとは言っても、昨日は徹夜したから眠い。
 よって

「寝る」
「……私と一緒に?」
「お前と添い寝とか、ラクダと一緒に寝る気分で嫌だわ」
「……どう反応すればいいの?」

 反応しなくていいんじゃなかろうか。
 なんでもいいが、明日も学校だ。
 早く寝るとしよう。

 俺はパソコンを持って自室へ戻り、色々と確認してから横になるのだった。



 ○



 目覚ましを切る、ポスターに挨拶、そんな流れ作業を興じてから朝飯を作った。
 水姫はまだ起きていない、奴は家事も手伝わないから家畜みたいなものだ。
 見た目は一応可愛いし、愛玩動物……ペットだな、うん。

 7時半には眠たげな水姫が起きてきて、彼女はうがいや髪きとかしてから飯を食う。
 その間、俺は学校に行く準備をし、それから洗い物を済ます。
 洗濯は昨日から水姫が当番になったが、依頼をカゴひっくり返して洗剤と一緒に入れてボタン押すだけだし、楽なもんだろう。
 気が付けば8時過ぎ、今日は準備が早く済んでいた。

「利明、一緒に登校しよ」

 玄関で靴を履き替えていると、後ろから水姫が声を掛けてきた。
 振り返って彼女の顔を見ると、にこやかに笑っている。

「お前、俺なんかと一緒に居ると評判下がるぞ」
「学校の友達が居なくなっても、利明が居るもん」
「そこに私は居ません」
「…………」

 無言で足を蹴られる。
 なんだよ……。

「なんでもいいけど、登校デートしよっ」
「5分で終わるデートって……」
「……デートだって認めた?」
「都合の良い所だけ聞くんじゃねぇよ。チチ揉むぞゴラ」
「どうぞ?」

 そう言って、ズイッと身を乗り出してくる。
 そういえばコイツ、中身ビッチだった。

「やっぱ揉まねー。揉んだら負けな気がする」
「えぇ〜?」
「ほら、さっさと行くぞ」
「はーいっ」

 なんだかんだ言って、一緒に家を出た。
 昔は妹とこうして出掛けたっけ――なんて、懐かしい記憶に取り憑かれながら、俺たちは学校へと向かっていった。

「ぼっちの俺、居候の彼女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く