ぼっちの俺、居候の彼女

川島晴斗

act.3/妹

 時計の針が3時を回ると、俺は徹夜を決め込む。
 寝るなら授業中に寝ればいい、教師連中はもう慣れて起こしもしてくれないから。
 そんなことを思いながらPC2台とMIDIキーボードを弄っていると、チョンチョンと肩を触られる。

 振り返ると、そこには眠たげな瞳をした少女が立っていた。
 未だに名前も知らないが、こんな時間に何の用だろう。
 PCに表示されたデジタル時計には、04:36と書かれている。
 俺はヘッドホンを外し、彼女の声を聞く。

「何?」
「……何、じゃないよ。私のこと好きにして良いって言ったのに、襲ってこないし……」
「仕事してんだよ。女の体なんか興味ねぇ。さっさと寝ろ」
「……。わかった」

 小さく呟くと、少女は静かに部屋を出ていった。
 男が女を泊めるなんて、性的な目的が多いのは一般論として正しいだろう。
 しかし、俺は音楽を作る芸術家の端くれ、まだまだ純粋に美しさを追求する少年なのだ。
 性的な、ドロドロとした関係はゴメンだった。

 俺は再びヘッドホンを装着すると、一度も口を開かず、作業に明け暮れるのだった。



 △



 ――ゾォォォォォォオオオオオ!!!

 ガチャンッ!!

 朝の6時半、俺は椅子に座りながらおぞましい音を立てる目覚まし時計をブッ叩いた。
 そして死神の映ったポスターに振り返り、挨拶する。

「おはよーございます。今日こそあのクソババァが死にますように」

 手を合わせて祈り、DAWを閉じてPCの電源を切り、リビングに向かった。
 炊飯器のスイッチはちゃんと入ってたからご飯はある、味噌汁は適当に作ろう、後は野菜を少し刻んで、ベーコンエッグを作る。
 口にすれば大した文字数にならない作業だか、時間は既に30分立っていた。

 チョンチョン

 また小さく肩を叩かれる。
 別に今は音楽聴いてないし、声かけてくれればいいけど――と思ったら、何にも繋がってないのにヘッドホンを付けていた。

 鍋を置いて振り返ると、目が半開きでだらしなく口の開いた少女が立っていた。
 パジャマが少しはだけていて、鎖骨が――。

「……おはよう」

 俺の思考をかき消すように、冷たい声で挨拶してくる少女。
 俺も小さく、おはようと返す。

「……朝ご飯?」
「そうだ。今日から2人前も作らなきゃいけねぇ。どうしてくれる」
「……じゃあ、洗濯は、私が……」
「お、おう……?」
「……君に、私の服、見られたくない」
「あっそ……」

 プイッとそっぽを向いて、少女は玄関に続く廊下へ消えていった。

「可愛くねぇ……」

 昨日見たアイツは黙ってたから可愛かった。
 口が付いてると可愛くないらしい。

 余計な事を考えつつも飯は作り、皿に移す。
 食器をローテーブルに並べていると、少女は制服に着替えてリビングに戻ってくる。

「……洗濯物が少ない」
「そりゃそうだ。2人で暮らしてんだし。お前、兄弟多いんだろ」
「まぁ、ね……」

 少女は目を閉じ、うんざりするようにため息を吐く。
 何か嫌な思い出があるんだろう。
 って、家出するぐらいだから当たり前か。

「明星くんは、兄弟いる……?」
「超絶美少女な妹が1人。うちの学校の1年なんだぜ、クラスからモテまくるってよ」
「……そう。仲がよさそう」
「いや、良くないな。妹がさ、この前昼休みに来て、俺の弁当にコーラブチまけて帰ってったし」
「…………」

 何故か距離を取る少女。
 おい、なんで俺を怖がる。

「俺は、直接何もしてねーよ。嫌われるような事はしてるんだけどさー……」
「……自覚あるんだ。でも、その理由って……?」
「母親が今、子宮頚癌で死にかけてんの。それなのに俺は一人暮らしして逃げて来た。妹は母親が好きみたいでさー、母親が死にそうなのに逃げた俺が嫌いって感じ」
「……貴方は、母親が嫌いなんだ」
「色々あってな。あのクソババァが死ぬまでの辛抱……ってわけでもねーか、このままずっと一人暮らしなのかなぁ……」
「私に聞かれても……」
「さーせん」

 少し俺の家庭事情を話すと、俺たちはローテーブルに向かい合うように座った。
 朝食を食べる間は会話もなく、俺は慣れてるから気にせずに眠い体を無理させて飯を食らう。
 洗い物も俺が担当、その間に少女は先に学校へ行ってしまった。
 俺も洗い物が終わると、すぐに学校に向かうのだった。



 ○



「……不幸がっていてもいい事は何もない。人間の脳を最高状態に保つのは上機嫌でいる事という研究結果もある。だから今日も笑顔でいるために、俺は寝なくちゃいけないんだ」

 授業中はずっと爆睡して過ごした後の昼休み、俺の机までやって来た来客に向かってベラベラと話しかけた。
 その少女はニコニコと笑う黒髪のポニテ頭で、クリクリとした丸い目が特徴的、なおかつその小さい体には不釣り合いの大きな実が2つ、胸に付いている。

 明星みょうじょう揚羽あげは――我が妹が2年の教室にまで足を運び、椅子に座る俺を見下していた。

「そっかそっか。兄さんは眠いんだね。永眠させるために洗剤2つ、買って来てあげようか?」
「余は洗剤の臭い匂いで死にとうない。妹のいちごパンツを見ながら太ももに挟まれて死にたいでござる」
「……あはっ。兄さんは本当に仕方ないなぁ。最低で変態な兄さんは、贓物を1列に並べてればいいんだよ? その汚いピンクと赤の道を、私が踏み潰しながら歩いてあげるから」
「ハハハハハ、残念だが、まだ死にたくないんだよなぁ」

 ニコニコと笑って会話をする俺たち。
 しかし、その内容はおぞましいものだった。
 きっと、周りの奴からは仲良く兄妹で話す爽やかな風景にしか映らないだろう。

 もっと直接、感情を露わにして罵ればいいものを、妹の揚羽は学校での立場上、笑っているのだ。
 揚羽は1年生にしてその美貌にも恵まれたのか、生徒会書記に入ることができ、さらにはダンス部の1年生リーダーだった。
 こうは思いたくないが、遺伝子が優秀なのだろう。
 俺とは別の意味で揚羽も凄い奴だった。

 その妹は俺のリュックから無断でキーボードを取り出す。
 楽器専門店で買った、12万のMIDIキーボードは木の机には収まらない大きさだった。

「わぁっ、おっきーいっ!! 久しぶりに見たなぁ、兄さんのキーボード……」

 楽しげに言う揚羽の目が怪しく光る。
 どうやら、このキーボードとは今日でお別れらしかった。
 だが、物が物なので、少しばかり抵抗してみる。

「揚羽、重いだろ。机の上に置きなさい」
「えーっ? あっ、うわぁっ!!」

 バランスを崩すかのように、揚羽は倒れた。
 その際にキーボードを、無人の机に思いっきり叩きつけながら。

 キーボードが鈍い音を立てて転がる。
 中の回路は多分死んだだろう。
 白い鍵盤は、いくつか吹っ飛んでいた。

「大丈夫か、揚羽!」

 それでも俺は揚羽に駆け寄った。
 これは演技だ、怪我なんてしてるわけがない。
 俺の出した手は殴られ、揚羽は清々しい笑顔で俺の顔を見る。

「ありがとう。大丈夫だよ兄さん。……あーっ! キーボードが……ごめんね、兄さん?」
「お前が無事なら、それでいいよ」
「ううっ、本当にごめんね……?」

 下を向きながら、揚羽は謝った。
 うつむく彼女の瞳はキーボードに向いていて、俺に謝っているわけじゃなかった。

 あぁ、なんで女子はこんなに陰湿な真似が平気でできるのだろう。

 でも、妹を裏切ったのは自分だ。
 俺はあのババァが嫌いで逃げ出したんだから。

「……揚羽、飛んだ鍵盤を集めてくれ。散らかってると怒られるから」
「はーいっ♪」

 嬉しそうに返事をする妹。
 笑顔で鍵盤を探す彼女は、どこか哀れだった。
 でも……俺の方がもっと惨めだろう。

「…………」

 こんな俺の姿を、あの少女はずっと見つめていた――。

「ぼっちの俺、居候の彼女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く