負け組だった俺と制限されたチートスキル

根宮光拓

第六十話 会談

「入りなさい、コウスケ殿」

 俺は現在エルフの里最上層、いわゆる最高意思決定機関に呼び出されていた。
 理由は言うまでも無くリーンドの件。
 あれほど騒ぎを起こしたのだから呼び出されるのは当然であるし、そもそもエルフィーナからもその可能性を告げられていたので、俺は特に驚かなかった。
 しかしこうしていざ目の前にすると緊張というものは生まれる。

「はい、失礼いたします」

 エルフィーナからの注意事項その一。
 王族方の前で失礼の無いように。をしっかりとこなす。

「そなたが魔人コウスケ・タカツキでよろしいか?」
「はい、そうです」

 実際魔人族ではないのだが、それを説明すると俺が異世界人であることも告げなくてはならなくなり、かなり面倒くさくなる。
 それにエルフィーナが彼らにそのことを告げていないのであれば、彼女がその必要がないと判断した訳であり、ならば俺もあえて告げる必要などないと思ったからだ。

「此度の件、エルフィーナを無事に解放してくれて礼を言うぞ」

 今、目の前、いや目の上には五人のエルフ族がいる。
 皆、椅子に座っており俺を見下ろす形でいた。
 その中で俺に礼を言ったのが、真ん中の高齢の男性だ。
 真ん中にいるということは、実質彼がこの中で一番権力を持っていると俺は見ていた。
 ちなみにその左隣がエルフィーナである。

「いえ、全ては神のお導きかと」

 エルフィーナからの注意事項そのニ。
 返答に困った時は、神のお陰と言いなさい。
 エルフと言うのは、神を他種族以上に信仰している種族らしく、そういえば結構何でもごまかせるらしい。
 それゆえエルフィーナの奇跡の力も信仰されていたと。
 しかしそれを意識したせいか、若干臭いセリフになってしまった。
 顔が引き攣る。

「ふっ、確かに偶然に偶然が重なった此度の件、神のお導きなのかもしれんな」

 だが思いのほか感触は良かった。
 追い打ちをかけるようにエルフィーナも言葉を発する。

「ええ私もそう思います、彼がこの里へ来たのはまさしく神の導きかと」
「エルフィーナがそう言うのであれば、そうなのだろうな」

 五人全員の顔に笑顔が浮かんだ。
 俺も愛想笑いを貼り付ける。
 全く分からないツボだ。
 しばらく和やかな雰囲気に包まれた場内だった。
 ふと、真ん中の老人が俺に声をかける。

「そういえばコウスケよ、卿の隣にいるその少女は何者だ?」

 間違いなくミリルのことだ。
 確かに顔も似ていない、歳の離れた男女が共に行動しているのは不自然に見えるか。

「旅の途中で出会った孤児です」
「ほう、孤児とな」
「はい、我らが魔人族に対する世間の風当たりは未だ厳しく……」
「ふむ……」

 今度は場内が打って変わって水を打ったようにしんとなった
 その表情からは何を考えているかまでは読み取れないが、恐らく俺たちに対して同情心を抱いているのだろう。
 なんともお優しいことで。

「では一つばかり提案をさせてもらおう」
「何なりと」
「卿が良ければだが、我が里に住まうというのはどうだろう?」
「それは……」

 ミリルにとっては魅力的な話かもしれない。
 今の状態なら魔人族に対して不快感を持つ者は少なくなっているはずだ。
 それなら危険を冒してまでシセイに向かう必要もなくなる。
 俺の復讐もずっと早くなる。
 良い条件ではないか。
 俺はそう考えるようになっていた。
 だが、

「ごめんなさい」

 ミリルが先にその提案を拒んだ。
 しかもハッキリした声と綺麗なお辞儀を見せ付けて。

「ふむ……それはどうしてか教えてもらっても良いか?」
「……コウスケと一緒にいたい」

 今度も沈黙。
 だがさっきと違って居心地が悪かった。
 心なしかほぼ全ての視線が俺に集中している。
 エルフィーナに至っては笑みを浮かべて楽しそうだ。

「……ごほん、なるほどではコウスケ、卿はどうなのだ?」

 気まずそうに咳払いをした真ん中の老人は、今度俺に問いかけた。
 確かにミリルのあの答えを聞いては、これ以上追求できる訳もないし、捉えかたによっては俺の答え次第ではミリルもこの里に住むのだ。
 だがミリルが断言したのも俺の答えが分かっているがゆえのこと。
 そう俺の答えは決まっている。

「申し訳ありませんが、俺には別にやることがあるので」
「そうか……」

 少し落ち込んだ様子の老人。
 その老人へエルフィーナが肩を叩いて励ましていた。
 何だか拍子抜けする。
 こんな和やかな謁見に俺は緊張していたと言うのか。
 大違いだ。
 あの、忌々しいロイヒエン王国の連中とは比べ物にもならない。

「ではここからは私が進行して行きますね、コウスケさんが父様を落ち込ませてしまったので」

 意地悪な笑みを浮かべて進行のバトンをエルフィーナが引き継いだ。
 ここが公式な場でさえなければ、指摘を一つ二つ入れていたのだが、生憎と公式中の公式の場。
 俺は口を結んだ。

「彼をここへ」

 エルフィーナは付き人に向かって一言言葉を向けた。
 付き人は走ってこの場を去る。

「少々お待ちください……コウスケさん、本当にここで暮らすつもりはありませんか?」
「ないです」
「他人行儀だと何だか変な感じがしますね」

 それはお前の教えのせいだろ。
 とは突っ込めず無言の反論をした。
 そんな空気感の下、先ほどの付き人が戻ってきた。
 ある人物を連れて――

「リーンド……」

 思わず呟く。
 見た目こそ変わらないが、服装がみすぼらしいものになっており、目には目隠しを、耳には耳栓を差し込まれていた。
 以前と比較すると結構な落ちぶれっぷりだ。
 しかしそれはそうだ。
 王族の一人を誘拐したのだ。
 もっと重罰を受けてもおかしくない。
 しかし分からない。
 何故彼を連れて来たのかが。
 疑問の眼差しをエルフィーナへ向けると、彼女は答える。

「コウスケさん、私から質問です」
「……何でしょうか」
「彼をどうすべきだとお考えですか?」
「……は?」

 言っている意味が分からない。
 そう言ったことは身内で解決するのが道理ではないのか。

「おっしゃっている意味が分かりかねます」
「コウスケさん、あなたも被害者。なのでこの件に口出しをする権利があります」
「俺が口出しをしないとどうなるんですか?」
「そうですね……エルフの歴史上、同族が不純な動機で王族に危害を加えることなどありませんでしたから、判断が非常に難しいところなんです」

 つまりリーンドは悪い意味でエルフの歴史に名を残したのか。
 やるじゃねえか。
 少し見直した。
 それ以上に軽蔑したが。

「同族ではない者が危害を加えた事例で判断されては?」
「それも少ないのです、一件例に出しますと、流刑でしょうか」
「流刑……」

 いわゆる島流しというやつだ。
 最もこの近辺に島などないだろうから、森から追い出すくらいの刑罰だと思われる。
 ハッキリ言って軽い。
 その程度の罪で許されるのは気分が良くない。

「どうでしょう、口出しする気になりましたか?」
「……はい、そうですね」

 悪い笑みを浮かべるエルフィーナに俺は渋々頷いた。
 彼女からリーンドの罪をどうするべきか、と以前聞かれた理由がようやく分かった。
 あの時は相手にせずに流したが、こうして反撃してくるとは。
 但し案がないとは言ってない。
 むしろ好都合だ。

「エルフィーナ様、早速案を述べてもよろしいでしょうか?」
「待ってましたよ」
「エルフィーナ様の誓約スキル、それを使わせてもらえませんか?」
「誓約を?」

 分からないという顔をするエルフィーナ、もとい王族一同。
 しかし人を罰するというのに、結構乗り気だな。この人たち。
 やっぱりそこは権力者というものなのか。

「エルフィーナ様の誓約で彼にある条件をかけて欲しいのです」
「条件ですか?」
「はい、あの場でお見せした私のスキル。真偽と併用して行いたいことがあるのです」

 まだ具体的に俺のやりたいことが分かっていないようだ。

「簡潔に言いますと、彼には一切嘘が吐けない生活を送ってもらうつもりです」

 これが俺の考えた罰だ。

「負け組だった俺と制限されたチートスキル」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く