負け組だった俺と制限されたチートスキル

根宮光拓

第五十話 犯人探し

 翌朝。
 ミリルが絶句していた。
 あのミリルがだ。

「コウスケ……これなに?」

 その視線の先はいうまでもなく、夜に襲い掛かってきた刺客三人だ。
 今彼らは縄によって一纏まりにされている。俺がやった。

「昨日の夜、勝手に家に入って来た奴ら」

 出来るだけ完結に答える。
 どこで誰が聞いているか分からないので、俺が何かを悟っていることも知られたくなかった。
 それとミリルを俺の推理で混乱させたくないということもある。
 彼女には俺とはまた別の視点から考えて欲しいのだ。
 二つの見方によっては、たどり着く真実も違うだろうから。

「昨日の夜?」
「ああ、お前は快眠スキルでぐっすりだったな」

 俺が皮肉交じりにそう言うと、ミリルはムスッとし顔を伏せた。
 最近表情が豊かになってきているような気がする。
 共に行動する俺としてはその反応が新鮮で面白くて、嬉しい限りである。しかし当の彼女は不満げ。
 このままだとあれだ。
 しばらく口を利いてくれなくなる。

「悪かったって、でも無警戒過ぎるのは危ないぞ?」

 とりあえずは一言付けたし謝った。
 するとミリルは、

「コウスケがいるから大丈夫」

 と嬉しい一言を言ってきたではないか。
 しかし内心は微妙だ。
 つまりそれは俺に依存しているということになるのだから。
 だが俺は依存という言葉にあまり良い感情がなかった。
 どうしても人をダメにするといったイメージが先行してしまうのだ。
 言うほどの実体験はないが、何となくそんなイメージがあった。
 それにミリルとはいずれ別れる予定。それなのに俺に依存するのは良くない。むしろダメだ。

「俺に頼らなくても出来るようにしろよ?」
「……考える」

 まさに口だけ。
 いつも無表情だからって、ごまかせると思ってるのか。
 いや、でも真偽スキルが発動していないから、本当なのか?
 あれ、分かんなくなったぞ。
 考えられるのは言葉のニュアンスでごまかした可能性。もしそうなら中々の策士である。ついに表情だけでなく口も悟られないように特化しだしたか。敵にいるとかなり厄介なタイプだな。
 ただそれは今のところありえないのでいいが。
 って、またしてもミリルの策略か、考えが大幅にずれた。
 そして何だか、もうどうでも良いか、と考え始める自分がいる。

「……はぁ」

 そして燃え尽きた。
 ミリルを言い負かすのは後にしよう。

 不完全燃焼だったが、時間をそれに費やすのは勿体無いと判断した俺は、早速この刺客たちをリフリードさんの元へと運び込んだ。
 驚くリフリードさんと口を開けたまま固まったリーフが俺を出迎えてくれる。

「こ、コウスケさん、それは?」

 そりゃあ昨日の今日来たばかりの俺が、早速一仕事終えてきたのだ。動揺もする。

「夜中に家に潜り込んできた奴らだ」
「……なに?」

 リフリードさんが低めの声で問いかけた。
 やはり彼の認知の範囲ではなかったか。

「理由は分かりません、頑なに口を閉ざしていたので」
「そうか……」

 本当ではあるが、嘘でもある。
 この場合嘘になるのか本当になるのか。
 俺自身に真偽スキルが働かないのが少し残念だった。

「その件はこちらで調べよう」
「お願いします、もし誘拐事件と関係があるようなら連絡を下さい」
「分かった」

 リフリードさんと交わすべき会話はこれくらいか。
 そうだ、後一つだけ聞いておこう。

「リフリードさん」
「なんだ?」
「今事件解決のために出ている捜索人数はどの程度でしょうか?」

 ここは平穏なように見えるが実際は、王族が誘拐されるというのはかなり一大事である。
 そのため今でもかなりの人員がお姫様探しに割かれていることが予想された。
 そしてその人員によっては俺がどこを調査すべきなのかも決まってくる。もし少人数ならとりあえず西へ、大人数ならばきっと捜索活動が続けられている西に行く必要はない。

「そうだな……大体五部隊ほどといったところか」
「五部隊?」

 俺が首を傾げたのは何も言葉の意味が分からなかったと言うわけではない。俺が疑問に思ったのはその数だ。

「少し少なくないですか?」

 権威のトップに当たる王族が攫われているにも関わらずたった五つの部隊しか出ていないというのは不思議だ。
 もちろんその人たちが捜索のエキスパートで、少数精鋭という作戦であるなら何も文句はない。

「あぁ、それは正確には私の所から出した部隊数だ」

 なるほど。それならばその人員も変ではないか。
 むしろ何故それを先に言わない。

「じゃあ戦士長の管轄外からの人員はどの程度くらいなんでしょう」
「それは私にも分かりかねるのだ、生憎ともう一つの捜索隊の管轄者はこの里の宰相でリーンドと言って、そいつは秘密主義が過ぎる奴でな、私には一切情報が入ってこない」
「リーンド……」

 またしても出たその名前。
 まだ確証は持たない方が良いとは思うが、ますます怪しさが増してきたことは間違いない。

「一応は気をつけてくれ」
「はい」

 リフリードさんもリーンドのことは気にかけているようだ。
 なら、今俺が口出すことではないな。偉い人は偉い人とやりあっていればいい。
 俺がわざわざ突っ込むような場所ではない。
 ただ俺自身の邪魔をしてきたら問答無用で叩き潰す。

 俺はリフリードさんと別れた。
 ちなみにリーフはついてこなかった。
 理由は聞いていないが、恐らくはまだ立ち直れていないのだろう。もちろんリーフがいれば他のエルフ族に顔が利くので惜しいが、それが理由なら無理に連れ出すなんてことはしないほうが良い。むしろ足手まといになりかねないのだ。

「行くか」
「うん」

 エルフの里三層。
 地上への降り方はリフリードさんに教えてもらった。
 それはごく簡単な方法だ。一層ずつ階段で降りていくと、最下層である一層に地上へ繋がる階段があるということらしいのだ。
 あの時リーフが行った転移のようなものは、緊急用などに使われるものらしく、通常はこうして階段を下りるということだった。
 リーフの判断は正しい。
 俺のような魔人が突然住民たちのいる層へ訪れるのは混乱を招きかねない。だからこそリーフは緊急用だった転移を使ったのだろう。
 だが今はもう俺と言う魔人がこの里を訪れているということはある程度エルフ達へ知らせたようなので、堂々と俺は層を移動していく。

 チラチラとエルフ族たちの視線が向けられるが、向こうから声をかけてくる者は誰一人いなかった。やはり魔人という見た目であるため、怖がられているのだろう。
 ただミリルに対して向けられる視線は何か俺とは違った気がしたが。


 着いた。
 多分ここが地上へと降りる階段だろう。
 それを見ると、今まで当たり前のように過ごしていたこの場所が木の上だったのだということを実感させられる。
 本当に凄いなこの木とこの里は。

 その階段の入り口には見張りがいた。
 早速その男と目が合う。
 俺の知っている人ではなかったので、こちらからは話しかけようとは思わなかった。すると向こうから声がかけられる。

「あ、魔人族の……コウスケ様ですか、話は聞いています、どうぞお通り下さい」

 軽い会釈をしてそこを通り過ぎる。

 見事に怖がられていたな。

「コウスケ、無愛想」
「お前にだけには言われたくないよ」

 そんな一言二言言い合いながら俺たちは地上を目指して歩みを進める。
 てっきり階段と言う名の梯子で地上へと降りるのかと思っていたのだが、案外しっかりとした階段が俺の目の前にはあった。
 何となく理解した。
 多分これは木の幹の中を掘って作ったものだ。
 普通そんなことを出来る木なんて存在しないのだが、流石異世界、当たり前のように今目の前にそれがある。
 この木は馬鹿でかいだけじゃなく、生命力もずば抜けているようだ。

 感心しっぱなしの俺。
 これだけでもこの里に来た価値があるというものだ。
 貴重な体験。
 これを糧に頑張るとしましょうか。

 地上へと着いた。
 階段を降りる途中は特に何もなくただ薄暗いだけ。
 なので黙々と降りただけだ。

 そして着いたこの場所。
 外から見ればどこに階段への入り口があるか分からないように草や蔦でカモフラージュされていた。
 これならまず一目では分からないだろう。それにこれほどでかい木の上に里があるだなんて誰も思わないだろうし、ましてや幹の内側に階段があるとは考えもつかない。
 隠れ里という意味では良く考えられている。

 さて感心するのはお仕舞いだ。
 仕事の時間である。

「まずは……」

 魔人の男が去って行ったとされる西へ向かうべきだろう。
 ただそれよりも先にやることがある。
 【強化】発動。

 耳を澄ます。
 木や虫、そして人のさざめきが聞こえる。
 ただしそれは目的の音ではない。
 人の足音は恐らく捜索隊のもの。何せそこら中で聞こえてきて話し声もする。
 誘拐犯ならばこんな無用心に話なんてする訳もない。

 探せ。
 無言の足音を。

 簡単に言っているが、きっと一生かかっても出来かどうか分からない芸当を俺は自分に求めている。
 ただしそれは強化がない話だ。
 今は強化によって果てしなく強化された聴覚がある。
 それくらい造作もないと言えば嘘になるが、出来ないことはないはずだ。

「一体どこにいるんだ?」「くそ、魔人め」「まだまだ見つかりそうにないな」「はぁ、早く飯を食べたい」「リフリード戦士長の地位向上のために頑張るぞ!」

 そこら中から面白いくらいに会話が拾える。
 しかし手がかりは何一つない。
 強いて言うなら西に行った捜索隊の進展状況が芳しくないということが分かったくらいか。

 もっと聴覚を研ぎ澄ませようとするが、これ以上やると耳が壊れそうなのを察した。何より近くにいるミリルの呼吸音、心拍音が特に聞こえてくるのだ。
 もちろん聞きたくてやっているわけじゃない。
 音を選別するカクテルパーティー効果なんて言うが、流石にこれだけ聴覚が強化されてしまえば全ての音を拾ってしまう。
 聞き分けは出来るが、入ってくる音の調整は出来ない。

 だからこそ俺はこのままの聴覚で聞き続けた。
 ここでもしミリルが話しかけてこようものなら俺の耳が発狂するだろう。
 まあミリルがそんな悪戯をしないことくらい分かっているので、俺はじっくりと音を聞き続けた。

 そして――

「……いつだ?」
「明日の朝にでも……」

 怪しい会話を捉えた。
 ただそれは目当てのものではない可能性が高いと俺は読んでいた。というのも、お姫様を攫った犯人は魔人一人。当たり前だが一人で会話なんて出来ない……出来ないよな?

 ま……まあいい。

 ただしもしその声が魔人の男の声だったとすると、そこには別の共犯者がいるということになる。
 今のところはそれはリーンドが最有力だが、あいつ程の権力者があの里から出るとは思えない。むしろ怪しまれるからだ。
 だったら一体誰なのか。
 可能性は広がるばかりではあるが、一つだけ確定していることは、その者たちがリフリードさんの手配した捜索隊ではないということだ。
 いくらなんでもその会話をしている奴らだけ、他の捜索隊と距離が離れすぎている。それにそいつらは積極的に捜索が行われている西ではなく北方向にいるのだから間違いない。

 俺は強化を解除した。

「ミリル、行くぞ」
「うん」

 何も言わずにミリルは頷いてくれる。
 ありがたいことだ。
 俺も頷き返し、足を進める。
 一応の手がかりの下へ向かうために。

 目指すは北。
 地図的に言えば、セントリア公国という国がある方向。
 何となくだが、その国は関わっていない気がする。その国は全ての国家と国境を隣接している唯一の国なのだ。
 そのため外交上、無茶なことをするとは思えない。無茶なんてしようものなら、多くの隣接国家から袋叩きに合いかねないからだ。
 良くも悪くも忙しそうな国である。


 果たしてこの事件は国家ぐるみなのか、身内の騒動なのか、はたまた魔王の思惑なのか。
 何はともあれ俺はそれを解決するだけだ。

「負け組だった俺と制限されたチートスキル」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く