負け組だった俺と制限されたチートスキル

根宮光拓

第五十三話 求めよさらば与えられん

 【強化】を遠慮なく使い、森全体の音を耳で拾う。
 何か一つでも不自然な所を見つければ良い。それさえ見つけれればきっと……

 そこで不意に思ったことがある。
 何故リーンドはああも自信満々だったのかということだ。
 昨日今日やってきたばかりの俺はともかく、リフリードの部下たちは毎日のように血眼になって捜索を続けている。
 当然見つからないという現状は変わることないが、見つかるわけがないという確信にはならない。
 なのにリーンドは当然であるかのような態度だったのだ。
 彼が自信家であると考えれば不自然ではないかもしれない。だがもしも、その自信は性格によって現れたものではなく本当に見つからないと思っている場所にお姫様を置いているとしたら……?
 それならばあの自信も納得できる。

 つまりリーンドは俺たちが現在行っている正攻法では見つからない場所にお姫様を置いていると考えられるのだ。
 すなわち裏をかいている。
 俺たちは森の中を捜索していた。主に魔人が逃げたとされる西を。ならその反対である東を隠し場所として選んだとすると、これも裏に当たる。
 しかしそんな単純な策でああも自信満々には語れないだろう。
 ならもっと大きく見る。

 俺たちは森、いや外を捜索していた。
 そう考えたらどうだろうか。
 外の裏、要するに反対は内。ここで言う内とは里の中。
 そうだ、お姫様が里の中に初めからいるとしたらどうだろう。
 俺たちの捜査の範囲外だ。
 もし既に里内にも捜査が入っているとしても、里内は奴、リフリードの手の中も同然。きっと重要なことはバレないように働きかけた可能性が高い。

 段々見えてきた。
 あの自信はそこから来ていたのだ。
 二重、三重の策を取っている。
 外にいると思っていたお姫様が実は内にいる逆転の発想が見破られることなどないという自信に、それを確定付けるために里内捜査を権力でごまかしたことでその策の秘匿性を増している。
 加えて今現在、外から来た者を里にいれない方針を取っている。つまりそもそも里内の捜査をさせないことでお姫様のところまでたどり着けないという現状なのだ。

 完璧な筋立て。
 それを踏まえるとあの自信も納得だ。

 外の捜査結果が著しくない今この手を打ったリーンドには脱帽する。
 こうも進展がないと改めて里内にいるんじゃないか、と疑問を抱くものがいても可笑しくない。その気運が高まった今、その者たちを外へ隔離することがリーンドの王手だったのだ。
 俺には多種族という理由で里へ入ることを許さなかった。恐らく別の理由を持ち出してリーンドはリフリードの配下たちも里への帰還を許さないだろう。
 そうすればしばらくの間、外にいる連中は中へ干渉できない。

 未だにその目的が分からないが、わざわざそこまでして成し遂げたいことが詰まらない理由であるわけがない。
 大方お姫様を見つけたのは自分だとでも宣言して、名声を掌握するとか、それとも王族へお姫様の身柄と交換条件を出して、権威を手にするか。
 俺のリーンドに対してのイメージからしたら、こんなところだ。

 まあ正直それは重要じゃない。

 問題はそんなリーンドの罪をどうやって明かすかだ。
 生憎と一番堅実で確実だと思われていたお姫様捜索が、実は一番困難なことが分かってしまった今、状況は最悪といえる。
 さっきまで言っていた木をよじ登る方法も手段に入れておくが、今は無理だ。リーンドがあそこに居たということは、今あの大木周辺には多くの見張りがいると思われるからだ。
 そんな中、よじ登るなんて無謀なこと出来るわけがない。
 そんなことをすれば最悪、不法侵入で殺されても文句は言えないのだ。リーンドのことだ。きっとそうする。

 ならばどうすれば良いのか。
 リフリードさんと連絡が取れれば一番は良いのだが多分無理だ。リーンドがその可能性を摘んでいるだろう。
 ならリフリードの配下たちと共に里へ侵攻するのはどうか。
 いや、それも無理だ。
 どこの馬の骨かも知れない魔人族に従って故郷を侵攻するなんて奴がいるわけがない。

 そうだな……いっそあの木、切り倒すか?

 多分この剣があればいけないこともない。ただし時間は馬鹿みたいにかかるとは思うが。
 馬鹿な考えはやめよう。
 そんなことをすれば俺はとんだ極悪人だ。
 エルフ族だけでなく、国、世界を敵に回しかねない。そんな覚悟俺にはない。

 せめて知り合いでもいれば可能性がゼロではなくなるのだが……あ。

 俺は再び【強化】を使った。
 探す。
 ギリギリ知り合いと言える男を。
 そして見つけた。

「ミリル、行くぞ」

 問答無用にミリルを抱え上げ走り出す。
 素早く慎重に動くためには仕方のない対応だ。
 子ども扱い、又は足手まといになっていると認識させてしまう行為だが、今は我慢して欲しい。
 ミリルは顔を背けていた。そのため彼女がどういう表情をしているかは読み取れない。
 それはそれで良いか。

 俺は走る。
 目的の人物の元へ。
 幸いにもその男は一人で行動していた。

 近くの茂みに入り、その者の名を告げる。

「ウリス」

 ビクッと体を震わせ反応するウリス。
 そしてキョロキョロと辺りを見渡した。

「こっちだ」

 正直この賭けはリスクが大きい。
 俺とウリスの関係性なんて、リーフの知り合いという間接的なものだ。強いて言うなら直接顔を合わせて話したことのある数少ないエルフ族ともいえるが、それでも関係性は薄い。

 ウリスはこちらに気がついた。
 そして目が合うなり声をあげかける。

「っ! あ……コウスケさん」

 しかし見覚えのある顔だと分かった途端、息を吐いて落ち着きを取り戻した。

「驚かせてすまん、ちょっと色々事情があってな」
「事情は何となく分かります」

 ウリスは察したようにそう言った。
 今のところ、目に見えて敵意は感じない。
 ホッとしたいところだが、まだ安心は出来ない。

「現状を聞いてもいいか?」

 とりあえず情報収集も兼ねて、ウリスが俺たちを騙そうとしないか探りを入れてみることにする。

「はい、ついさっきのことです。リーンド様が緊急発表をするということで里への入場を制限せよと、お達しがありました」
「それは今までもあったことなのか?」

 流石に発表ごときで突然里への入場を制限するなんて、里の住民が「はい、そうですか」と納得するとは思えない。

「例は少ないですが、時々あります。主にその時は王族が姿をお披露目なされるので、厳重な警戒をするためだと聞き及んでおります」
「なるほど」

 それならばエルフ族の住人が受け入れるのも仕方がないのかもしれない。
 もし不埒者が里への出入りに紛れて侵入してしまったら、王族の命に関わる一大事になってしまうのだから。
 しかも今は、お姫様が攫われたという一大事。エルフ族の警戒心が増しに増しているため、その施策もすんなり受け入れたわけか。
 リーンドと言う男、見事としか言いようがない。
 敵でなかったらどれだけ心強かったか。

「なら俺はやはり里へは入れないのか?」
「そうですね……同種族のエルフも規制されていますので、多種族の……その魔人族であるコウスケさんは厳しいかと……」

 ウリスの言葉に偽りはない。

「なら里へ入る別の方法はないか? 誰にも見つからない入り口なんかは」
「え? まさか里へ行くおつもりですか?」
「ある事情があってな、どうしても行かなきゃならない」
「事情ですか?」

 ウリスは若干疑いを持った顔で俺を見た。
 これはごまかしたらダメだな。

「これから話すことはただの戯言だと思って聞いてくれ」
「は、はあ」
「俺は攫われたお姫様が里の中にいると考えている」
「……え?」

 呆気にとられた表情のウリス。

「そしてリーンド宰相が黒幕だと思っている」
「ま、待ってください! え……姫様が里の中に? そしてリーンド様が黒幕?」

 目に見えて混乱しているウリスに同情を抱きながらも俺は口を閉じない。

「ただの戯言だ、信じなくても良い」
「でも……それをわざわざ自分に言ったってことは、確信を持っているんですよね?」
「まあな」

 中々察しの良い男だ。
 そう、俺は危険を承知でそれを口にした。戯言だと保険をかけたとしても、その危険性はなくなることはない。

「そうですか……」

 これから先の言葉によっては俺のウリスへ向ける対応が変わる。
 俺の意見を尊重してくれるのであれば何もすることはないが、もし否定し、敵意を向けてきたなら、それに応じた態度を示すしかないのだ。
 それはすなわち戦闘行為を指す。

「分かりました、リーフを保護してくれた恩もあります。それにリーンド様は以前から良くない噂もありましたし、これを機に反抗してみるのもいいかもしれません」
「……いいのか?」
「はい、ここでコウスケさんを裏切ってしまえば、永遠にリーフから嫌われてしまいかねませんし」
「そうか、助かる」

 俺はホッと息を吐いた。
 思いのほかリーフと言う存在が物を言った。

「では案内しますね、自分とリーフしか知らない里への通路を」
「そんなものがあるのか?」

 ウリスの言葉に問い返さざるを得なかった。

「はい、昔からリーフとは悪戯をして遊んだ仲でして、その際誰にも見つからないように里に入れるような逃げ道も作っておいたんです」
「そ、それは良かった」

 もしそれがバレたら厳重注意だけでは済まないだろうな……何しろ、それは実質里を危険に晒しかねないのだから。
 それは今この状況にも言える。
 今、里の中枢であるリーンドにとって俺はイレギュラー、つまり危険分子なのだから。

 待っていろお姫様、そしてリーンド。今そこへ行ってやる。

「負け組だった俺と制限されたチートスキル」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く