負け組だった俺と制限されたチートスキル

根宮光拓

第四十六話 俺という自分

 俺自身のことで一悶着あったが、一応は何事もなくエルフの里へ俺たちは向かっていた。
 その際ミリルの視線がかなり痛いが、俺は内心苦笑ものだった。きっと彼女はこの俺をまだ認めるわけにはいかないのだろう。
 それを俺は認めろと強要するつもりもないし、それにミリルには元々の俺を覚えておいて貰うという考えも見ようによっては出来るので、特に気にする必要はないと判断した。もしミリルが不快で、一緒に行動するのも嫌だと言われればさすがに考えるだろうが、今のところはただ疑問に思っているというだけで、不快という感情ではなさそうだ。

「ここです」

 いつの間にかエルフの里の入り口についていた。見れば生い茂る木々の隙間に梯子のようなものがかかっている。
 しまった、考え事をしすぎたせいで道筋を何一つ覚えていないぞ。となると、これからもエルフの里に行くときにはリーフの力が必須になる。
 つまりリーフとはこれからも行動を共にしないといけないな。まあ代わりにエルフの里から派遣してくれるのであれば話は別だが、きっとそんなことはしないはずだ。何しろ、俺たちは今問題の魔人族なのだから。
 ん? ということは村に入ること自体難しいような気がするんだが……大丈夫なのか?
 そうした懸念が吹き出る。
 しかしリーフはお構いなしにずんずんと進んでいく。
 もちろんその里の者でない俺よりも、リーフの方が里に詳しい。だけど不安だった。
 なので、

「大丈夫なのか?」 

 と堪らずに聞いた。
 少しでも不安の種は消しておきたい。

「えっと……何がですか?」

 しかしリーフはその不安そのものを認識していないらしい。
 俺が神経質になりすぎているだけなのか?
 そう思いミリルを見た。
 しかしミリルにとっては、そんなことより俺の方が気になるらしく、心ここにあらずといった態度だ。
 彼女を当てにするのは止めた。

「あぁ、お前たちのお姫様とやらを攫ったのは俺たちと同じ魔人族なんだろ? なら俺たちに対して少なからず反感を抱くんじゃないのか?」
「あ、なるほど」

 ようやく要領が得たとリーフは頷く。
 何だか俺がこうなってからこいつも緊張感というものがなくなったような気がする。
 これは少しダメな気がする。

「ちゃんとしてくれ、俺だって切り捨てたくはないんだ」

 なのでそれっぽいことを伏し目がちに言って脅した。

「あっ、す、すいません」

 効果は抜群だった。
 リーフは真っ青な顔で俺に頭を下げてきた。
 相当前の俺が怖かったようだ。
 自分自身のことなのに他人のように思える。その時点で異常なのだが、まあ今は良いとしよう。それを楽しむという考えも出来るんだから。

 ただ冗談だとは言わないでおこう。
 少し浮かれていたリーフには良い薬だ。

「それでどうなんだ?」

 話は少しそれたが、結局のところどうなんだ。
 もしリーフが本当にただ浮かれていて何も考えなしに里へ向かっていたというのなら呆れたものだが。

「あ、はい、それについては大丈夫だと思います」
「どうして言い切れる?」
「それは……僕の父がそれなりに偉いので……」

 少し言いよどんでリーフは答えた。
 なるほど、親の七光りか。
 俺にとってはあまり好ましくない単語だ。何しろ俺はその親の七光り、詳しく言えば叔父の七光りのせいで痛い目にあったのだから。
 しかしそれが自分にとって特になるものであれば俺は是非とも使うべきだとは思う。親の威光だろうと、それは自分の力の一つであると俺は考えているのだから。
 そもそも親の影響を何も受けないで生きていく方が難しいことくらい誰だって知っている。
 それがメリットだろうとデメリットだろうと、それを背負っていくのがその親の子として生まれた者の責務なのだ。
 とまあ、少し持論が過ぎたが、俺は親の威光を使おうとしているリーフを批判する気はないという姿勢だけは貫かせてもらう。

「なるほど、それなら思う存分使ってくれ」
「あ……はい」
「何だ? 気乗りしないか?」
「えと、一応……はい」

 そりゃあそうか。
 親から自立したいと感じる頃だろうから、親の力は極力頼りたくないんだろう。
 だけど今はそんな自分の都合で動くべきでないことくらい、リーフだって知っている。だからこそ俺に親を使うと告げたのだ。

「でも分かってます、今は選り好みしている場合じゃないってことくらい」
「そうか」

 言ったとおりだ。
 リーフは大丈夫である。
 後は勝手に事が運ぶのを待つだけだった。
 俺やミリルが口を出して事態をややこしくすることだけは避けるべきなのも重々理解している。

 と心の中で決めたところで見張り番らしき人のところに辿りついていた。
 さあここからが本番だ。
 俺たちは魔人族どころか不法入国者に近い。
 笑えないくらいに怪しい人物である。

「リーフ! 大丈夫!?」

 見張り番の人はリーフの顔を見て大声を上げて詰め寄った。
 初め何故そんなに焦っているのかと思ったが、それはこの後の会話で直ぐに分かることになる。

「うん、見ての通りだよ、ウリス」
「良かった……かなり前にアーウッドさんが出て行ってから帰ってきてないから何かあったかと……」
「……それは」

 リーフの顔が曇る。
 それを見て見張り番をしていたウリスという男は心配そうにリーフを見つめた。
 そこでようやく俺も理解した。
 敦や守人との印象が強くて忘れていたが、勇人に殺されたエルフ族が数人いたのだ。そしてその中にリーフの知り合いがいたことは間違いない。
 恐らくアーウッドという名はその知り合いの名なのだろう。

「リーフ?」
「おじさんは……死んだよ」
「え……」

 ウリスという男は絶句。
 リーフは伏せた顔。
 そうか、俺に対して見せていたあのやけに明るい態度は自分の内心をごまかすためにワザとしていたのか。なるほど、だから俺の問いも直ぐに理解できなかった。きっと自分のことで精一杯だったのだろう。
 今思えばリーフがあそこまで元気良く接してきたのは不自然だ。
 自分の状態の異常にばかり気を取られていて全然気づかなかった。

「それって……」
「本当だよ……」

 二人の沈んだ空気に俺たちは極力入らないようにした。入ったところで事態を悪化させるだけ、決して改善など出来ない。
 そこでリーフがこちらを見た。
 この場面で視線を向けたことに意味がないわけがない。
 ……何だ?

「コウスケさんはあの人たちのことを知ってるんですよね?」

 ……なるほど。
 確かにここで断ってしまえば、俺はリーフへ恩を売れず里へ入れない可能性が出てくる。
 こいつ、考えていないように見えて、かなり計算高いな。正直驚きだ。

「一応な」
「……え? リーフ、この人たちは?」
「色々ワケがあって一緒に行動している、でも敵じゃないから」
「……そう」

 ウリスはそうとだけ言ってまた顔を伏せた。
 流石に知り合いの死をそう易々と受け入れられるわけもないか。

「コウスケさん」
「……分かった」

 リーフに促される。
 そうだな、答えないメリットがないし、別に隠す事ではないので構わない。ただ俺が異世界人であるということは隠しておくが。

「あいつらは勇者だ」

 ごく簡潔に述べた。
 ウリスという男はビクッと反応し、リーフも困惑した顔を浮かべていた。
 やはり勇者という存在はこの世界ではかなり有名なのだろう。
 そしてその勇者は多分アルトあたりを指す。
 つまり悪逆を尽くすあいつらとは似ても似つかない存在が勇者なのだ。
 だからこそその表情なのだろう。

 俺は続ける。

「恐らくロイヒエン王国に所属しているんだろうな」
「ロイヒエン王国……」

 噛み締めるように二人のエルフが呟いた。
 二人にとってはロイヒエン王国の勇者が仇敵となったわけだ。
 そこで自分が知らずうちに笑みを浮かべていることに気が付き、慌てて後ろを振り向く。

 それは自分でも無意識のことだった。
 そのことは俺が善意でその情報をあげたということではないことを指していた。
 もちろん取り入るために情報をさらけ出したという理由もある。
 しかし俺がそういった情報を吐くことで一番得する、別の言い方をすれば一番嬉しいと思う理由はこのエルフに気に入られることではない。
 その一番の理由、つまり俺が無意識に笑みを浮かべた理由は、奴ら勇者の敵が増えると確信したからだ。
 あんな言い方をすれば少なくともリーフとウリスというエルフはロイヒエン王国に対して良い感情を抱かない。むしろ悪感情を抱くはずだ。
 俺はまだどこかであいつらに対して嫉妬のようなものを感じていたらしい。
 あいつらが「勇者」と呼ばれることに対してだ。

 だからこそ俺はその「勇者」の名を貶めたかった。
 そしてその勇者の評判が下がったことに無意識の内に喜びを感じていたのだ。

 我ながら規模の小さい話であるが、小さな一歩でもそれは一歩に違いない。
 塵も積もれば山となる、とも言うのだから、決して無駄ではない……はずだ。

 ひとまず言えることは俺はいくら変わったところで、あいつら勇者に対しての悪感情は消えない。
 結論はそれだった。

「……コウスケ?」

 そんな時、ミリルが声をかけてきた。
 目ざとく俺の心境の変化に気が付いたようだ。

「いや、少し考え事をな」

 ミリルの頭に手を置き告げた。
 俺は何も変わっていない、安心してくれと言った意味合いを乗せて。

 何も上っ面が変わったからといって、根っこまでも変わっただなんて決め付けるのも可笑しな話だ。
 人間の根っこはそうそう変わることはない。本質と言うものはそういうものだ。

 だから俺が復讐の道を外れるわけがない。
 もう決めたのだ。
 もう踏み出したのだ。
 今更逃げられるだなんて思ってもいないし、逃げようとも思わない。
 俺の目標はあいつらに絶望を与えること。
 それが命を奪うことか、それとも人生を壊すことかは場合によって変わるだろうが、目的は同じなのだ。 

 少しばかり心に余裕が出来たように見える心境の変化を体感している今。もちろんそれを楽しもうという気持ちもあるが、だからといって復讐を辞めるという結論には落ち着かないとだけは言っておく。

 もしかしたら、敦が俺の心を弄ったのかもしれないが、そんなことを考えても答えなんて出ないし、そもそもそんなことをするメリットが敦にはない。
 あいつは俺が復讐をすること自体には否定的ではなかったからだ。わざわざ俺が復讐以外の楽しみに気づくように調整するとは思えない。

 色々考えたが何も答えは出ない。

 ……まぁ、そんなこんなで俺はただ何となく今さっき創った強化スキルを使いたいと思った。
 理由はない。
 ただの好奇心から。楽しみたいから。
 それにこのまま俺がここにいても何も言うこともすることもない。
 俺が出来るのは精々事実を告げることくらい。励ますなんて柄じゃないどころか、出来る気がしない。
 それに今はあの二人でゆっくりと語り合って傷を舐めあってもらいたい。
 リーフが壊れたら俺たちは何のつてもないのだ。
 出来ることなら、少しでも万全にしてもらいたい。

 だからこそ暇つぶし程度に発動した。
 【強化】

「……なるほど」

 全身に使うイメージで発動したそれは、使った瞬間全ての感覚が研ぎ澄まされ、力が内から漲ってくるような感覚に覆われた。
 軽いハイ状態と言うべきか、それともゾーン状態と言うべきか。
 とりあえずそんな感じの状態である。

 しかし、

「これは……」

 予想外なこともあった。
 俺は顔を顰める。

「それで……リーフは……」
「僕は……今のところは……」

 確かに全ての感覚が研ぎ澄まされるものの、これは少々強すぎだ。
 小さな声で語り合っているはずのあの二人の会話をいとも簡単に聞き取れている。聴覚の強化だ。
 それだけじゃない。
 全く風が吹いていなかったはずのこの場で、俺は風を感じていた。
 いや、これは風と言うより、空気の流れと言うべきだろう。
 ともかく俺はそれを触覚の強化によって感じていたのだ。

 こればかりは恐ろしさを感じる。
 ただの空気の流れを感じられる。つまりそれ以上の刺激がこの身に降りかかるのだと思うと、ゾッとするものがあった。
 俺は勇人を思い出す。

 確か俺はあいつの後頭部を思い切り殴ったのだ。それもあいつが強化状態の時に……強化を手にした今だから分かる、あいつはかなりヤバイことが。

 俺の想像もつかない痛みだったはずだ。
 様々な苦痛を受けてきた俺だって、それを想像するのは恐ろしい。
 受けたいとなんて当然思わない。

 俺は改めて勇人の異常さに気づく。
 流石は勇者だと褒めるべきなのか、貶すべきなのか。
 まるで言葉が見つからない。
 まぁどうでもいいか。

 俺は今身につけたこの力の使い方を考えながら、強化を体に慣らすために、しばらくそのままあの二人の会話を黙って聞く。

 退屈だと言えば嘘になるが、それを口にした日には信用を失う。人間性を疑われる。
 いかに価値観が狂ってしまったとはいえ空気だけは読めるようにしなければ、世知辛い世の中を生きていけない。

 何となくそんな、この場には的外れなことを考えながら俺は黙っていた。

「負け組だった俺と制限されたチートスキル」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く