負け組だった俺と制限されたチートスキル

根宮光拓

第三十一話 目指すべき場所は

 王都グラインへの道のりは地図を見る限り、そんなに離れていないことが分かった。
 全ての始まりにして、最終目的地である場所。
 俺の復讐はそこへ行けば全て成し遂げられる。

 そんなまるで宝物庫ともいえる場所が王都グラインなのだ。

 そうと決まれば善は急げ。
 迷いなく里を出ようとした。
 そんな時だ、

 ガチャンガチャンと金属音が遠くの方から聞こえて来た。
 嫌な予感がする。

「こっちだ」

 ミリルを連れ、里に引き返し壊れかけの家へと入り息を潜めた。

 間もなくすると、里に数十人の甲冑を着た人たちが現れる。

 予感が的中した。

 こいつらは見た目からして騎士。
 見た感じだけで所属は分からないが、普通は自国領なので、ロイヒエン王国の騎士だとは思うが、確定出来る証拠はない。
 とはいえ所属なんて俺たちには関係なく、敵であることは変わりないのだが。

 にしても何でこうも障害ばかりが…… 

 大方この里から逃げられた誰かが助けを呼んだのだろう。
 当たり前の理由だが、いかんせん煩わしい。

「静かにな」

 俺はミリルに小声でそう告げ、彼ら騎士の様子をくまなく確認する。
 ここで見つかってしまえば、ここでの惨状全て俺たちのせいにされかねない。
 間違っても里の生き残りとは思われないだろう。
 それもこれもこの見た目のせいである。

「おい、誰かいないか!」

 騎士の声が聞こえた。
 それを聞く限り、本当にただ救助に来たようだ。

「隊長、生存者は……」

 続いて若い男の声。
 彼はこの隊の中で唯一剣を持っている男にそう声をかけていた。
 なるほど、あいつが隊長か。
 もしもの時は、あいつを優先的に狙うとしよう。

「そうか……」

 甲冑で覆われいて表情は読み取れないが、声音からして落ち込んでいるようだった。あの態度を見る限り、こいつらは真っ当な騎士であるらしい。

 懸念としてあった、以前シンギルが言っていた第二皇子派なる外道集団直属の騎士である可能性は低いようだ。

 しかし安心は出来ない。
 いくらあちらが清廉潔白な騎士であっても、俺たちを手放しで助けてくれるとは思えない。
 そもそも俺はこの里の住民を少なくとも数人は殺しているのだ。その事実がある限り、正当防衛だったとしても何らかの罪に問われる可能性はないわけがない。

 それに捕まればまたあの独房に入れられる。
 あの地獄の始まりの独房に。
 今はそこには戻りたくない。

「……っ」

 足音が近づいてきた。
 息を呑む。

 大丈夫、この家はほとんど原型を留めていないくらい壊れている。
 人が居るなんて思わないはずだ。

「……報告」

 そう言ったのは近くまで来ていた何者かだ。
 騎士の一人である事くらいは、確認せずとも分かる。
 ただ隊長と呼ばれていた人、隊長と呼んでいた人のどれでもないことは声を聞いて分かった。

 しかし一体何を呟いているんだ?
 それに若干光を発しているような。

「フォール様へ」

 光が瞬き、直ぐに消えた。
 ワケが分からない現象だ。
 つまりそういうことになる。
 魔法だ。

 そこへ、

「何してるんだ?」
「ん、あぁ、少し用を足してた」
「おいおい、隊長に知られでもしたらただじゃ済まされねえぞ」

 新しい人が来て、先ほど魔法を唱えていた人に話しかけた。
 あの様子では、あの魔法は秘密裏にやっていたみたいだ。
 騎士の中にも派閥のようなものがあるのだろうか。
 大人の世界は難しいものだ。

「皆集まれ」

 隊長と呼ばれていた男から声が飛んだ。
 ガチャガチャと辺りから音が起こる。
 皆あの隊長の元へ移動したようだ。

 ここで身元を知るために鑑定をしたいところだが、悩む。
 あの魔人の男を鑑定した時に学んだ事、それは察知というスキルの存在だ。
 自分に鑑定がかけられていることに気づくスキル。
 そのお陰で鑑定が万能でないことを知ったのだ。
 相手にバレないで勝手にステータスを覗けるとい思い込みが幻想だったこと、鑑定で全てを覗けるわけではないということを学んだ。

 それを知った上では、そうむやみやたらと鑑定を使う気にはなれない。
 ここで何か些細な事でも気づかれてしまえばジ・エンド、お終いなのだから。

 ミリルと目配せし、一切音を立てないようにと確認しあう。
 だがそんな時に限って何かが起こるわけで、

 ガタッと俺たちのいる家が音を立てた。
 もう少ししたら全壊してしまうことは見ないでも分かった。
 これは早く別の場所に移動しないと、生き埋めになってしまう。
 そうなると見つかって収監されるのとそう変わらないエンディングを迎える。
 それも御免だ。

「何の音だ?」
「恐らくは倒壊寸前の家かと」

 騎士達の間で俺たちのいる家の話題が始まってしまった。
 ただ今のところ怪しまれていない。

 このまま何事もなく終えてくれればいいのだが。

「そうか、少し見てこよう」
「た、隊長?」

 隊長!?
 何で見に来るんだよ!

「少し気になることがあるんだ」
「そうですか、では私達も……」
「いやいい、私だけで十分だ」
「分かりました」

 足音が言葉通りに近づいてくる。
 おいおい、洒落にならねえぞ。
 こうなったら……やるしかない。

 俺は拳を握り締めそれを待った。
 ミリルが心配そうにこちらを見つめる。
 大丈夫だ、なんて気の利いたことはいえない。
 大丈夫じゃないんだから。

 足音が止まった。
 丁度俺たちと壁を隔てて真正面。
 ここから壁を貫くように、剣を突き刺せばギリギリ届くかどうか微妙な所である。
 ならまだ気を待つべきなのだろう。
 わざわざ自分から危険に飛び込むような事はしない。

 隊長と呼ばれる人物は一言も発さずにただそこに佇んでいるようだった。
 こっちはハラハラしているというのに、呑気なものだ。
 何もしないのならさっさとどっかに行ってくれ。

「……そこに誰かいるのか」

 何で気づかれたんだ。
 俺もミリルも何も怪しいアクションはしていないはずなのに。

「こう見えて透視スキルを持っているんだよ」

 どう見えていると思っているのか。
 しかし透視スキルときたか。
 確か神が教えてくれたスキルにそんな名前のものがあった気がする。
 能力は名前の通りだと。

 だったら俺たちが隠れているのなんて丸見えだったんだろう。
 何だか悔しい。

「安心してくれ、私は君達の正体を知って上で話している」

 魔人に敵意はないと。
 だが信用するにはまだ早い。
 アルトの件は置いといても、無償で善意を振りかざす奴に碌な奴はいない。
 そう思わなければ生きていけない。

「分かっている、君達がどれだけ苦悩の道を生きてきたのか」

 分かるわけがない。
 俺がどれほどの地獄を味わったかなんて。
 普通に生きてきた人は、実際に経験しないと、この地獄、想像すら出来ないはずだ。

「何も出てきてくれとは言わない。ただ教えて欲しいんだ、ここで何があったのかを」

 言われなくても出て行ったりしない。
 それにこの男も俺たちには出てきて欲しくなさそうだ。
 小声で話している辺り、他の隊員には俺たちのことを知られたくないのだろう。
 隊長さんはこう言っているが、他の隊員には魔人を快く思っていない者がいるということなのだ。
 だから裏取引のような感じで俺たちに提案している。

「こちらにメリットは?」

 取引においてそれを聞くのは当然だろう。
 ただで教えてやる有益なものなんてこの世にはない。

「誰にも見つからずに脱出させる、というのはどうだ」
「そうだな……」

 悩んだ口ぶりだが、端からそう言われることは想定済みだ。そしてその条件を呑む事も。

「では安全なルートも教えよう」

 これを待っていた。
 あのままあっさりと引き受けていれば追加の条件も告げてこなかっただろう。
 交渉なんてしたことはないが、とりあえずは上手くいったようで何よりだ。

「分かった、教えよう」
「ありがとう」

 取引に感謝のクソもないのだが……まあいいか。
 では対価に見合う情報を提供してやらんとな。

「まず俺たちは実験台だ――」

 と俺はこれまで起きた事、知っている事をそれなりにまとめながら隊長さんに話した。
 もちろん自分が不都合になる事は言わずに。

「そうか……確かにこの里はそういった情報もあったな」

 アルトも同じような事を言っていた。
 そういえばアルトもこの国の人なのだろうか。

「二つほど、こちらから聞いてもいいか?」

 少しくらい許してくれるだろう。

「ああ、構わない」

 ほら、やっぱり。

「あなた方はどこの国の騎士なんだ?」

 とりあえず気持ち分だけ丁寧な言葉遣いを心掛ける。
 少しでも気を損ねるわけにはいかないからな。

「ロイヒエン王国所属の騎士になる」

 やっぱりそうだったか。
 なら俺が敵対するであろう国の騎士様になる。
 それはいずれ、魔人関係なくただ一人の人として敵となる事を暗示している。
 もちろんそれを正直に告げるわけはない。
 今はただ単に敵味方関係なく互いに利を分け合う関係なのだ。

「ではロイヒエン王国において勇者とは何だ?」
「質問の意図が分からないな」

 確かに抽象的過ぎるな。
 もう少し突っ込んでみようか。

「ロイヒエン王国の勇者とは異世界人だけか、と聞いているんだ」
「……どうしてそれを知っている」
「風の噂でな」

 その様子からやはり王国の勇者が異世界人であるという認知は大っぴらにされていないようだ。
 ふむ、これは使えるかもしれないな。

「そうか、では一つだけ言っておこう、彼ら異世界人はロイヒエン王国だけの勇者ではない」
「……どういうことだ?」

 確かにこの王国で召喚されたはずだ。
 なのにこの王国所属ではないのか?

「簡潔に言うとしよう、そろそろ部下達が勘付きそうなんでね」

 確かに長話が過ぎた。
 情報を得ることに対して前のめりになり過ぎてしまったようだ。
 これからは気をつけよう。
 寝首をかかれかねないからな。

「異世界から召喚された勇者様方は魔王に対抗すべく大陸三国にそれぞれ配属されるという協定が結ばれてね」

 つまりあいつらはロイヒエン王国の一箇所に固まっているというわけではないと。

「今頃はそれぞれがその三国に配置されているはずだ、これで良いかい?」

 確かに良いことを聞いた。
 だけどもう一つだけ聞いておかなければならない事がある。
 気持ち的にはその三国を聞いておきたい気持ちもあるが、今は、


「最後に一つだけ」
「早めにしてくれ」
「アルトという勇者はどこの国のものだ?」

 アルトの所属。
 それだけは知っておきたい。
 今のところ俺のかなりの障害となるのが彼なのだ。
 彼がどこの所属かで、どこの国から攻めるかが変わる。

「アルト……聖剣の勇者アルトか、彼はどこの国所属ということはない」
「どういう?」
「彼はいわば歴史にたびたび出てくる勇者、そうだな正当な勇者といえる存在だ」

 言っている意味が良く分からないが、この男の言い方では、この世界には度々勇者なる者が現れているというように聞こえる。そしてそれが常識のようにも。

「だから勇者アルトはどこの国にも所属していない、強いて言うならこの大陸所属と言ったところか」
「……分かった」

 この情報は手放しで喜べないな。
 アルトがどこの国にも所属していないとなると、どこの国にいっても出会う可能性があるという事だ。
 これは厄介だな。

「では少し待っていてくれ」

 そう言って隊長さんは去っていった。
 そういえばここで裏切られれば向こうの一人勝ちである事に気が付く。

 ……不味くないか?

 あまりにも自然な流れで気が付かなかった。
 だからといって出て行っても地獄が待っている。

 これは……詰んでる。

 後はあの隊長の善意にかけるしかない、か。

「負け組だった俺と制限されたチートスキル」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く