負け組だった俺と制限されたチートスキル

根宮光拓

第二十四話 もう一つの勇者

 この里が俺たち赤い目、あの男が言うに、魔人を拘束して研究する共同体。
 それはつまり、カノスガが俺に対して行っていた事と全く同じ事、そのものだ。

 そんなまさか、何てありがちの感情は特に湧いてこない。
 何しろ、この里には昨日来て一泊したというだけの関係なのだ。深い感情は全くといっていいほど無かった。
 ただアルトに関してだけは別だ。

 あの善意の塊であるアルトが裏にこんなどす黒いものを隠していたなんて、到底信じられない。
 確かに親切すぎて逆に怪しいと感じていた、ミリルも恐らくはそう感じていただろう。

 いや、返ってあの親切はやましい事があったからと解釈すれば腑に落ちる。
 無償の善意なんてものはないのだと、改めて見直せたいい機会だったのだ。

「で? 手伝うか?」

 男がニヤリと笑みを浮かべながら俺にそう尋ねてきた。
 この状況で手伝うといえば一つ。
 人殺しの手伝いである。

 こいつらが皆カノスガの協力者だったならば、問答無用で殺していただろうが、他人からその事実を聞いたからか、いまいち実感が無かった。
 復讐心も燃え上がるどころか、燻ったまま。

 どこか他人事のように感じている自分がいるのだろう。そう感じていた。

 俺にはこの男の言うような、赤い目の同族という観念はないのだ。
 俺は一人で復讐を成し遂げようとしていたのだから。
 つまり復讐対象は、俺に害を与えてきたものだけ。そこに仲間、友、同族が受けた害は入らない。
 俺にとっては、他人がどういう扱いを受けようが大したことではないのだ。

「何だ、気が乗らないか?」
「まあな」

 男の言葉に俺はそう返事をした。
 確かに気が乗らない。
 俺が憎悪を抱くのは復讐対象者だけ、決して人殺しに快楽を覚えるような人間になった覚えはないのだ。

「まあ良い」

 男はそれだけ言って剣を抜いた。
 初めて見る光景だ。
 とはいえ、今までも目に見えない速度で抜いていたのだろうが。

 そして男が殺戮を開始しようとした、その時。
 複数の足音が里の入り口の方から聞こえてきた。
 間違いなく、魔物対峙に出かけた男たちの凱旋だ。

「む、貴様の言ったとおりになったな」
「え?」

 男の意図が分からず、思わず聞き返す。

「人気のある場所で人殺しは効率が悪いという話だ」
「ああ」

 納得した。
 確かに、女、子どもだけならこの男の手を煩わせることはなかったはずだ。
 しかし多数の男達を相手取らなければならない今の状況は、この男でも多少は面倒に感じるのだろう、それでその発言なのだと、俺は思っていた。
 だが実際は――

「コウスケ……君?」

 アルトの声が聞こえた。
 見れば帰ってきた男達の先頭を歩いている青年、その人がアルトであることに気が付く。流石はお偉いさん、中々の待遇である。
 何て呑気に考えながら、俺はアルトの顔を見る。
 その顔はいつもの爽やかな笑みは微塵も無く、唖然と言った顔。
 そんな彼が見ているのは俺の方、詳しく言えば、俺とあの男の傍に倒れている女性の死体を見ているようだった。

 そりゃあ同郷も者が目の前で無残に殺されていたら困惑するし、その近くに昨日泊めた男がいたことで、更なる混乱が彼を襲っている事だろう。

「それは……君がやったのか?」

 恐る恐ると言った口調だ。
 もちろん答えは否、見方によれば少しばかり関与しているかもしれないが、そこに意思はなく俺はただ偶然居合わせた人に過ぎない。

「いや、それはオレがやった」

 そう口にしたのはあの男だった。
 この男の事だから、俺を巻き込まないために自白した、なんていう理由ではないだろう。ただ自分の手柄を横取りされたくなかったか、それとも自分に注目を集めたかったからか、はたまた別の事情があるのか。

「お前が……やったのか」

 初めて聞くアルトの暗い感情。
 それは怒りか、悲しみか、表情だけでは分からない。ただそれは決して明るいものではなかった。

 男とアルトがにらみ合う。
 俺はそれを端から見ていた。
 正直、アルトには恩を感じているし、それが悪意に満ちたものだったとしても、助かったのは確か。こちらに実害がないのであればわざわざその恩を仇で返そうとも思わない。

「ああ、オレがやった」
「何のために?」

 震える声でそう男に尋ねるアルト。

「何でだと? そんなものオレの勝手ではないか」
「お前の都合で彼女は殺されたって言うのか?」
「人殺しとは大抵そういったことで起こるものだ」
「ふざけるな!」

 相も変わらず男の言い分は筋が通っていて、かつ相手を苛立たせる物言いだった。
 アルトは声を荒らげるほど憤っている。

「オレは何一つふざけていないのだがな」
「いい加減にしろ」

 今にもアルトは飛び掛りそうな勢いだった。
 だが武器らしい武器は彼のどこにもない。
 それは魔物を狩りに行った者とは思えない装いであることは間違いない。現に彼の後ろにいる男たちの手にはちゃんと鍬や鎌などの農具から剣や槍などの武器が見当たる。
 もしかするとアルトはお坊ちゃんだから指示係だったのかもしれない。
 だが他人が苦労しているのに自分だけ何もしないで見ているような男には見えない。
 そこだけが気になったのだが、

 次の瞬間、その答えが男の口によって告げられた。

「オレは何一つふざけていないぞ、勇者よ」
「僕が勇者だと知っての狼藉か」

 待て、勇者だと?
 あいつが?
 あのアルトが?

「勇者、だと?」

 声を出さずにはいられなかった。
 だって勇者という名は、あいつらに与えられた称号なのだから。

「知らなかったのか」

 男が一言そう言った。

 知るわけがない。

「どういうことだよ」

 そう尋ねるも、

「勇者を知らぬのか?」

 と驚かれる。
 勇者自体を知らないわけじゃない、むしろ勇者についてはよく知っている。

「勇者は異世界人だけじゃないのかよ」

 俺はその事実を口にする。
 この際、この事実を知っているのが王国関係者だけだったとしても構わなかった。
 事実を知りたい、ただそれだけだった。

「答えてやろう、といいたい所だが……」

 しかし男はそれ以上言う前に、目の前の青年、アルトに目を向けた。
 あの男が目の前の青年に警戒していた。
 今まで余裕たっぷりだったあの男がだ。
 ということはつまり、あの青年、アルトはこの男にとって警戒するに値する人間なのだ。
 当たり前だが俺を前にしたときなんて、比じゃない程、この男は集中していた。

 だがそんなこと関係ない。
 俺は今、答えが知りたくてイライラしていた。
 今なら、無謀だがこの男に襲い掛かってでも答えを聞き出そうとしかねないほどだ。

 そんな俺に声をかけてくるものがいた。

「コウスケ君、君は何も関係がないんだよね?」

 冷めた口調。
 あの温かい口調の青年は見る影も無かった。

「あ、ああ」

 あまりの豹変振りに戸惑っているわけではない。
 この青年が勇者なのかという戸惑いが尾を引いているだけだ。

 誰でもいいから答えをくれ。

 そこにあの男が余計な口を挟んだ。

「関係があるかもしれんぞ?」
「なに?」

 ギロリと鋭い視線でアルトが男と俺を睨みつける。
 俺は何も言えない。
 関係はあるような、ないような、といった曖昧な感じなのだから。
 対して男の方は、

「そろそろ手合わせ願おうか、勇者様」

 全く空気を読まない発言を繰り出した。
 その模様に、驚きを通り越して、あきれ返ってしまう。
 今は自分のことだけで、手一杯だというのにこの男のせいでペースが乱される。
 勇者について聞きたいが、今は一触即発の自体。それも俺が到底叶わないような次元の戦いが繰り広げられようとしている。加えて、男の発言によって俺も巻き込まれようとしている。
 もうめちゃくちゃだった。

「お前……!」
「お前……」

 俺とアルトの言葉が重なる。
 前者の押し殺したような声がアルトで、後者の呆れかえっているのが俺だ。

「ふ、何ならその者ら皆でかかってきても良いが?」
「調子に乗るなよ」

 そろそろ感覚で分かっていた。
 戦いが始まると。

 そう感じた直後、

「――はぁ!」

 とてつもない音の金属音が目の前で響き渡った。

 何も見えなかった。
 しかしいつの間にか目の前でこうして繰り広げられている。
 まるで音が遅れて聞こえた感覚。
 それほどまでに目の前の光景は速いという次元を超えていた。

 そう、俺の目の前では戦いが始まっていた。
 目の前でアルトとあの男が鍔競りあっているのだから。

「負け組だった俺と制限されたチートスキル」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く