負け組だった俺と制限されたチートスキル

根宮光拓

第二十三話 大海を知らず

 次の日の朝が来ていた。
 俺は考えをしている間に寝てしまっていたようだ。
 まだアルトのスキルについてや、ミリルの様子について考えようと思っていたのだが、一眠りしたせいか、もうそんな気分ではなかった。

 少し外の空気を吸いに行こう。

 そう思って俺は今もなおスヤスヤ寝ているミリルを起こさずにその部屋から出た。

 静かだった。

 てっきりアルト辺りは朝から起きていて、挨拶でもして来そうなものだと思っていたのだが、どうやら違ったようだ。それどころかこの建物内に人の気配がない。
 皆がまだ寝ているならば納得するのだが、今が朝、それも日の傾きを見る限りそんなに早い時間ではないことを考えると、どうもおかしかった。

 おかしい

 警戒心が高まる。
 アルトのあの善意には裏があったのでは、と勘繰ってしまう。

 そもそも無償の善意なんて信じる性質たちではなかったというのに何故俺は当たり前のように彼を信用してしまっていたんだ?

 考えれば考えるほど分からなくなる。
 アルトという青年はスキルさえも分からなかったのだ。
 今思えば、その怪しさはあの赤目の男と同じくらいになるではないか。

「……考えても仕方ないか」

 とりあえずまだアルトが黒とは決まっていない。
 ミリルを置いていくのは少し気が引けるが、起こしたことで相手側に勘繰られるのも良くない。
 俺はそのままその建物を出た。


「……あんたは」

 建物の外には、昨日のように見張りの男達はいなかった。
 変わりに昨日の赤目の男が立っていたが。

「またまみえようと言ったであろう」

 言ったにしても、昨日の今日なんだが。
 それにこの不可解な状況でこの男の登場。これではますますあの青年、アルトが怪しく感じてしまう。
 二人で手を組み俺をどうにかするつもりなのかと。
 いや、俺の情報がまだ世に出回っているとは限らない。
 なら……ミリルか?

 俺はミリルを連れて来なかったことを少し後悔した。
 どうも薄気味悪いのだ。
 この状況が。

「何のようだ」

 内心は興奮していたが、あくまで冷静な態度を表に出す。
 ここで襲い掛かっても、この男には勝てないと昨日のあの一撃で分かっているのだから。

「なに、ただ同族として話をしようと思ってな」
「それだけのためか?」
「ああそうだ」

 この男の言っている事は、今のところ真偽スキルが反応していない。
 なら本当のことを言っているのか。
 しかしそう考えるのは早計である。

「その前に一つ聞きたい」
「なんだ?」

 聞く事は決まっている。

「この静けさは何だ?」

 建物内が静かなのは、まだ外出によって誰もいないということで理解できる。
 しかしここ屋外まで人の気配がないのは明らかにおかしい。もしこの里全てがグルになっていて、俺を嵌めようとしていたとなるとかなり厄介である。
 そうなっていないことを願うしかないのだが。

 俺は目の前の男に警戒心むき出しで睨みつける。
 いつ攻撃が来てもいいように。

「まあそんな警戒することはない、少なくとも今のところはお前達の味方だ」
「ならこの静けさにお前は関係ないと?」
「いいや、間接的とはいえ関わっている」

 そもそも何が起こっているのか分からないため、間接的だろうが直接的だろうが、俺にとっては害ある者にしか感じられない。

「貴様はこの里で何が起こっているのか分かっているのか?」
「……いや」

 俺の様子から察したのか、男がそう口にした。
 情報が少しでも欲しい今は素直に本当のことを告げるしかない。

「だろうな、では簡潔に説明するとしよう。なに、魔物が近場で複数目撃された、ただそれだけの事だよ」
「魔物だと?」

 魔物と聞いて感情が揺れないわけが無かった。
 魔物に対する恐怖ではなく、それよりも魔物に痛めつけられた過去を体が覚えており、それで憎悪が燻るのだから。

 しかし男の言い分は納得出来る者だった。
 それでこの静けさ。
 なるほど、男は魔物討伐に行き、女、子どもは家に篭っているわけか。

「ああ、だがすぐに討伐されるだろうがな」
「どういうことだ、そしてそもそも何故そこまで詳しく知っている?」

 あの魔物の危険性は俺がこの体で良く知っている。だからこそ言えるのだ、そう簡単に倒せるような奴ではない事を。

 なのにこいつの言い方では、難なく倒せるように言う。そりゃあこの男ほどの実力があれば難なく倒せるかもしれない。だが出たのは里の人だ。

 だがもしかすると魔物にも個体差があって、弱い部類が近くに現れた可能性もあるが、それにしてもだ、何でこいつはそんな事を知っているのか、それに魔物が倒される事に対しての発言もおかしい。まるで自分が魔物側に立っているかのような言い方ではないか。「討伐される」という受身ではなく、「討伐出来る」が里側の人間としては正しいはず。
 疑問が尽きない。

「貴様なら分かると思ったのだが、見込み違いか?」
「なに?」

 その物言いに眉間に力が入る。
 勝手に期待されて、期待外れなのか? と言われたのだ。当然ながら腹が立つ。

 いや冷静になれ。
 このまま真っ向からこの男と戦っても無傷では帰れない。

「お前が魔物をけしかけた、どうだ違うか?」

 先ほどの発言に加え、カノスガが魔物を操った旨の発言をしていたことを思い出した。
 あんな小物にも出来たのだから、この男にも出来ると踏んだのだ。

「ほお、やはりオレの目に狂いは無かったか」

 やはり癇に障る物言いだ。
 俺が当てたというのに、そんな俺の本質を見抜いたとして自分を褒めるその姿勢に苛立ちが募る。
 そのためついつい口調にも力が加わる。

「で? 何のためにそんなことをしたんだ」
「そう急くな、オレは逃げたりせん」

 ああ、ダメだ。
 こいつイラつく。

「いいから早く答えろよ」

 つい口調が荒らぐ。
 しかし男は何ともないように淡々と告げる。
 俺の怒りに油を注ぐようなことを。

「そうだな、これ以上は貴様の堪忍袋が持たなさそうだ」
「お前な……」

 もう我慢の限界だ。
 俺は腰の黒剣に手をかけた。その時だった。

「きゃあああああ!」

 女性の叫び声が里中に響いた。
 見れば、いつの間にかそこにいた女性が俺たちを見て目を剥いている。今気づけば結構な人たちが外に出ていたようだ。
 皆決まってこちらを見て固まっている。
 何だかそれを見て、冷静になっていった。
 他人の間抜けな面を見たら、自分は落ち着く、そういうものだ。

「ああ、そうかフードが」

 俺は男を見ながら、自分の体を見た。
 昨日はフードを被っていたから、大騒ぎにはならなかったのだ。
 それが今は二人も表に顔を晒して立っている。それも片方は剣に手を添えて。
 日本基準でしか考えられないが、そんな奴らがいたら、まあ怖いだろうな。

「興を削がれるとはまさにこのことだな」

 男の半笑いめいた表情からそんな言葉が述べられた瞬間、男の体がぶれたように感じた。
 そして次に聞こえたのは、重たいものが水溜りに倒れたときのような音。

 俺はゆっくりと先ほど悲鳴をあげた女性の方を向いた。

「……っ!」

 予想通りだった。
 そこにあったのは、首から上がない女性の体。
 間違いなくこの目の前の男がやったことだ。

「……何をしてんだ」

 震えが止まらない。
 昨日の時点で実力差は感じていたつもりだったが、それさえも超えていくとは思っていもいなかったのだ。
 そんな相手に俺は剣を抜こうとしていた。
 今考えれば、俺は何て愚かな行為をしているのかが分かる。
 それは自分の命を自分で捨てる行為に等しいのだ。愚かといわずして何という。

 しかしそれを踏まえても問わずにはいられなかった。
 その行為の意図を。

「何をだと? 見て分からないのか、口封じだ」

 それぐらい予想がつく。
 確かに口封じの手段として、殺しは最適解かもしれない。だけどそれは暗殺に近いやり方の場合だ。

「貴様はオレがあれを殺したことについて批判するのか?」

 その時の顔は無表情、下手な事を言えば殺す、まさにそういわんばかりの態度だった。
 本能が理性が、こいつを恐れていた。

「ああ、そうだ」
「そうか……」

 殺気が襲い掛かる。
 ただそれだけで息が詰まる。

「何故ここで・・・殺したんだ?」
「何だと?」

 殺気が揺らいだ。

「場所の話だ、ここで殺した結果、こうして嫌でも人の目に付いている」
「それがどうした」

 目を細め俺を睨みつける。
 その目は真意を聞かせろ、そう言っていた。

「それだけ口封じをしないといけないってことだ」
「……つまり効率が悪いと」
「ああ」

 何も俺は殺し自体を批判したわけではないのだ。
 人殺しなんて俺も十分にやっているのだ。
 そんな俺が人殺しについて他人を批判出来るワケがない。

「確かにそうだな」

 男が頷いた。
 これで収まった、そう思ったのだが、

「しかしそれは貴様の次元の話ではないか?」

 とまたしても突っかかってきた。
 もう話をしている場合ではないのだが、無碍にしてしまえばご機嫌を損ねてしまう。

「どういう意味だ?」
「簡単な事だ、貴様なら人一人殺すのに何秒ほどかかるかもしれん、だがオレは数人を秒単位で殺せる」
「……な、なるほど」

 思わず俺は納得した。
 つまりアリのような存在、いくら殺したって手間は変わらないといいたいのだ、この男は。
 次元が違いすぎて、口論はもう諦めた。

「ではこの事態を収拾させよう」

 その男の言葉。
 その言葉の意味は聞かないでも分かる。
 皆殺しだ。

 この事態に発展してしまえば、目撃者で無かろうと一人残さず殺したほうが証拠も何も残らない。
 確かにその選択は正しいだろう。
 だが何も無関係な人を巻き込むことに、俺は未だ躊躇があった。
 そんな事を思っているとき、男からある事を告げられた。

「良いことを聞かせてもらった代わりとして、良いことを教えよう」

 それは、

「ここは我々のような魔人を拘束し研究する者たちによって構成された里だ」

 俺の躊躇を吹き飛ばす言葉だった。

「負け組だった俺と制限されたチートスキル」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く