負け組だった俺と制限されたチートスキル

根宮光拓

第九話 幸運

 俺と魔物の死闘は夜通し続いた。
 時には死をあと数センチで感じるまでの場面もあったが、またそれも一興というやつだ。

 そして闇に覆われた森に日が差し込み始める頃、

「はは、まさかここまでやれるとは」

 俺は乾いた笑みを浮かべ呟き、倒れた魔物を見下していた。
 互いに満身創痍といったところ。
 しかし魔物自身もまだ戦意を保っているようで、血走った目でこちらを睨みつけていた。

「そんな目で見られてもな」

 魔物の態度に苦笑する。
 確かに恨まれるだけのことはしたが、いまそこに倒れている魔物の体に傷は少ない。それもこれも魔物特有の高い治癒能力のせいだ。
 いくら肉を絶とうが、驚くべき速度でそれを防ぐといった特性をこいつは持っていた。
 そのせいでこんな時間まで戦うはめになったのは言うまでもない。

「しかも……」

 俺は左腕のあった場所を見る。
 魔物の突進に対応した時すでにボロボロだった左腕は、とっさの隙をつかれ魔物に食べられてしまったのだ。その直後に、あの治癒能力が活動を活発化させたということは、あの能力は材料となる肉が必要なのかもしれない。

 そうこう考えているうちに魔物が起き上がってくるかもしれない。
 ということで俺は、此度の戦いで大いに役立った木の枝を魔物の体から抜き取り、再び魔物の体へとむける。

 きっと即死させれば復活は出来ないはずだ。
 俺はしっかり狙いを定めて枝を突き出した。

「グルアアアアアアアアアア」

 一際大きい声をあげ暴れる魔物。
 俺が勢い余って腕を突き出したせいもあるが、その魔物の暴れ方が見事に俺の腕と同調し、枝のみならず腕までもが魔物の胴体へと突き刺さった。
 生暖かい感触に思わず顔を顰める。

 加えて俺の腕に魔物の肉がまとわりつきはじめた。

「もしかして俺の肉で回復する気か?」

 俺は驚きの声と同時に感心する。
 口からの摂取じゃなくてもいけるというのだ、なんとも効率的な身体だろうか。
 だが、それをさせるほど俺は優しくない。

 すぐさま腕を奥底に突っ込み、目当てのものを捜す。
 するとその目当てのものが指に触れた。

「じゃあな」

 最期の言葉として魔物にそう声をかけ、それを勢い良く引く抜いた。

「グルア、アア」

 少しばかりもがいた後に魔物は域を引き取った。
 それもそうだ、俺が引き抜いたのは心臓なのだから。

「ようやく……終わった、か」

 やることをやり俺の気は一気に抜けてその場にへたり込んだ。
 達成感はもちろんだが、体を酷使し続けたためか、異様な疲労感に脱力感に襲われ、忘れていた痛みも戻ってくる。

 さらにいえば空腹感もやってきた。
 我ながら緊張感が少々足りないな。

 しかし体の不調は寝れば直ると仮定しても、空腹感だけはどうしようもない。
 俺はあたりを可能な限り見渡すが、体が疲れからか動かないことに気づき、ガクッとうな垂れた。そこで目にしたのが、右手に持っていた魔物の心臓である。魔物の肉といえど動物の肉には変わりないはず。そう思った俺は目と閉じ勢いのままにそれを喰らった。

 味は美味ではなかったが、別段不味くも無く、あまり面白い経験をしたとはいえなかった。
 それにガッカリした心境で、俺はそのまま寝転がる。すると、相当疲れがたまっていたのか、俺は無防備にもその場で眠りこけてしまった。

【――認、――ル――造――】

 夢心地の中、そんな声が聞こえた気がしたが、俺は別段気にすることもなくまどろみの中へ意識を溶かした。


 翌朝、何事も無く俺は目を覚ました。

 目の前には無残に転がる魔物の死体。それから昨日あったことをぼんやりと思い出していく。魔物と対峙したところまではハッキリ覚えているが、その後があまり定かではなかった。
 それに一度寝たからか、昨日のような高揚感は感じない。

 欠伸をしながら俺は上体を起こし、大きく伸びをする。
 そこで気が付いた。
 やけに左腕が重いことを。

「……確か左腕は」

 虚ろながらに左腕を失ったことは覚えている。だがそれなら腕は重いどころか軽いはずだ。
 だというのに俺の左腕は重かった。

「は?」

 言葉を失うとはこのことだ。
 何故なら俺の左腕が何もなかったかのように生えていた。少し赤黒い気もするが治っていた。
 いや、よくよく見ると、全身が綺麗に治っていた。指の骨折はもとい、戦いで負った傷も跡形も無くなくなっている。

「どういう……」

 この不可解な現象を目の当たりにした俺の脳内には、一人の男が浮かび上がっていた。
 言わずもがな俺をこの場所へ放り込んだであろう男のことだ。
 だがそれには一つ不可解な点があった。
 それは俺を完治させる必要があの男にはないということだ。何せ、完治させてしまえば俺が逃げ出してしまう恐れがある。そこまでのリスクを負って何かをするような男には思えない。ならば……

名前  コウスケ・タカツキ
スキル 真偽 鑑定 隠蔽 同化 技能創造 

「やっぱり」

 目の前に映し出されたスキルの羅列を見た俺はそう呟いた。
 この世界で摩訶不思議な事が起こるとすれば、それはスキルのせいである可能性が高い。
 そしてその予想は的中していた。その証拠はいつの間にか増えていた見覚えのないスキル。
 同化、一見、俺の傷を治すようなスキルには見えないが、俺には一つ心当たりがった。
 魔物の治癒能力。
 あれが他者の肉を自分の肉の材料にすることによって発動する能力ということは戦闘中に発覚したことだ。そこから考えられるのは、この同化というスキルがあの魔物の治癒能力の正体である可能性が高いということだ。
 実際、俺は魔物の肉に取り込まれようとした。それが技能創造スキルメーカーの必要条件である経験をしたことになったのだろう。

「ただ運が良かったと」

 俺はムスッとした面持ちで天を眺める。
 俺に運が回ってくることなど今まで無かったのだから、これを仕向けたのは神かそれに連なる者の仕業だと俺は考えることにした。というよりそう考えないと、自分で思うのもなんだが、この奇跡に近い復活劇は起こりえない。
 とまあいちゃもんをつけたくはなるが、感謝はしていた。何しろ主人公のような体験を俺が出来たのだから。

 そんなすがすがしい気持ちを一瞬で吹き飛ばす出来事が起こった。

「やあやあコウスケ君、贈り物は気に入って頂けたかな?」

 あの男だった。
 あの男が数人の男を引き連れて俺の前に現れたのだ。しかしその中にカインはいない。

「おいおいそんな顔をしないでくれよ」

 そんなことを言われても無理なものは無理だ。俺はこいつを殺してやりたいほどに憎んでいる。

「それとも贈り物がお気に召さなかったのかな?」
「贈り物?」

 さっきから贈り物、贈り物とうるさい男にイラだったまま声を出す。
 男はそんな俺の様子に首を傾げて尋ねた。

「気づいていないのかい?」

 その問いに俺は怪訝な表情を浮かべる。

「君の左腕は私が開発した義手なんだよ」

 男は満足そうな表情を浮かべそう告げる。どうやら嘘はついていないらしい。
 そうか、この左腕は奴が、

「そうだったんですか」
「そうだとも」

 俺が急に下手に出たことに満足したのか、満面の笑みを浮かべて頷く男。
 せっかくなので今のうちにスキルでも確認しておこう。

名前  カノスガ・ゲイルト
スキル 錬金 調合 治療 支配

 治療スキルもあるのか。なら傷もこいつが?
 もしかすると同化スキルは傷とは全く関係なかった?

「な、なんだと!?」
「は?」

 俺がカノスガのスキルを覗いている時に、彼は大声を上げた。
 まさか、スキルを見ているのがばれたか?

「き、君の左腕はどうなっている?」

 焦った面持ちで詰め寄るカノスガ。
 どうなっているも何も、当事者はこいつのはずだが、

「貴方がつけたのでは?」

 なので俺は丁寧にそう聞き返した。
 だが当のカノスガは首をブンブンと振り、興奮して口を開く。

「そんなことはあり得ない! 私がしたことはカレドメタルで造られた義手をつけただけだ」

 一体何を興奮しているのか、俺には全く分からなかった。

「君! 一体何をした?」
「えっと……」

 詰め寄られ怒鳴られても俺には何のことかわからない。
 そんな俺の態度にカノスガは俺の左腕を指差しながら怒鳴る。

「この皮膚のことだ、私の義手には皮膚なんてものはつけていない!」

 ……なるほど。大体分かった。
 こいつは俺の傷を治してはいないし、俺の傷が治っていることも知らない。そして当たり前だが同化スキルも知らない。
 俺は今座りながら話を聞いている。
 つまりまだこの男は俺が骨折し、ボロボロな状態だと思い込んでいるというわけだ。

「そんなこといわれても」

 表面上はそう言いつつ、内心では笑みが漏らすまいと我慢する。
 どうやってこいつを始末しようかと考えていたが、思いのほか簡単そうだったからだ。

 今のところカノスガとその取り巻きは俺に危害を加えるつもりはないらしい。というよりは、俺の左腕に戸惑っていてその余裕がないようだが。
 現にカノスガは歩きながらブツブツと呟いて回っていた。
 そして、

「分からない、だが、それを解明することこそが科学だ!」

 という結論に勝手に至り、俺の方を見据えた。

「いやいや、君の腕が幸運にも失われただけじゃなく、装着した義手にも不思議な力が宿るという幸運。私は科学の神に愛されているようだ」

 天を仰ぎ言葉を連ねるカノスガ。
 呆れながらそれを眺めていた俺とその他の取り巻き。まあ今は好きに言わせておけば良い。

「じゃあ一緒に来てもらおうか、コウスケ君」

 笑みを浮かべ俺に手を差し出すカノスガ。それも俺が指を骨折していると思っているからの行動なのだろう。
 俺が手を握れるはずが無いと高を括って。
 ならばと、俺はカノスガの差し出された手に自分の手を伸ばす。
 さすがのカノスガも驚いた表情だが、まだ余裕は残していた。
 俺はその手を強く握り締め誓う。

 さて復讐をしようか。

「負け組だった俺と制限されたチートスキル」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く