話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~

八木山蒼

幕間 愚兄と魔神兵ミシモフ

 それは1年ほど前のことだった。
 打ち棄てられ、忘れ去られた古代の遺跡。積もる砂が示す悠久の時、彼が眠る場所に光は届かない。この世の果て、地中深く。歴史の遺物はただただ眠っていた。
 だがその時、遺跡の天井がふいに崩れ光が差し込む。そうして空いた穴は、人間が落ちてきてできたものだった。
 探検の装備のその男――イルオ・ヴィーンは瓦礫の上にしたたかに打ち付けた腰をさすりながら立ち上がる。

「ぐぐ……よもや風化のほどがここまでとは。さほどの高さではなかったのが幸いだが、これでは道が……」

 イルオはその時ようやく『彼』に気付いた。彼を見つめ、おお、と歓喜の声を漏らす。すでに痛みなど吹き飛んでいた。

「ついに……ついに見つけたぞ! やはり文献の通りだ、ここは古代魔科学の実験場だった! そしてここに眠る、これこそ……ふはは、ふはははははっ!」

 沈黙したまま座り込む彼を見上げ、イルオの笑い声が遺跡に響く。そしてイルオは彼の名を高らかに叫んだ。

「我が研究……そして世界の希望! 魔神兵ミシモフよ!」

 遺跡に座す古代魔科学兵器は、その時はまだ心のない瞳で、歓喜するその男を見つめていた――




 ――現在、某所。
 イルオはしみじみと目の前で柔軟体操をする紫色の髪の少女を眺めていた。

「あの時の『彼』が『彼女』に……全ては私の技術の賜物。感慨深い!」
「マスター、何をおっしゃってるんですか。マスターは自分の頭で大量に考え、その断片だけを口に出すので他人から気味悪がられるんですよ」
「なるほどそうだったのか……! さすがだぞミシモフ、見事な分析だ! もっと私の欠点を見つけ罵ってくれ!」
「その言動がそもそもアウトです、マスター」
「ああっ、いいぞお……!」
「……変態」
「おおうっ!」

 ミシモフがジト目で罵倒する度に身もだえするイルオ。ミシモフの容姿はイルオの好みに合わせて作っているのである。

「くっふふ、実は我らの出会いのことを思い出してな。覚えているか? あれは南の遺跡で……」
「マスター。私のメモリーは、この時代にマスターに改装され覚醒した時からです。前時代のことは覚えておりません」
「おっとそうだったな! 実に惜しい、お前が千五百年前のことを覚えていればもっと……いやないものねだりはよそう! お前が立派に魔科学兵器として動いている、それで十分だ」
「ありがとうございます、マスター」

 かつて遺跡で眠っていた巨大な魔法科学兵器――それが今、魔兵器少女として動き、話している。イルオの喜びはかつて彼女を発見した時以上だった。

「さてミシモフよ。お前は十分に育ち、データも集まった。そろそろ我らは本懐のために動き出す時だ!」
「はい、マスター」

 ミシモフは体操をやめて起き上がる。希薄だった人格も定着が進み、未だ無感情・無表情ではあるが、彼女は魔神兵ミシモフではなく魔兵器少女ミシモフとして覚醒しつつあった。人がオシャレするだけで気分が明るくなるように、肉体が美少女というだけで、ある程度精神もその影響を受けるものなのだ。

「ミシモフよ、愛すべき我が子よ。お前がやるべきことはすでにその頭にインプットした通りだ。私も魔兵器少女『No.2』で補助するからな」
「はい、マスター。正直、No.2はとても気持ち悪いのですががんばります」
「すっかり毒舌キャラになったな! だがそれでいいぞお!」

 イルオは興奮しつつミシモフの肩に手を置いて迫った。

「いいかミシモフ。任務も大事だが、お前にとっては初めての外界、初めての大勢の他人との接触だ。まずは存分に楽しんでこい! その経験がさらにお前を成長させるだろうっ!」
「……はい、マスター」

 ミシモフは静かに頷く。その言葉と表情のわずかな機微に、彼女の中の人格が揺れていることをイルオは感じ取り、満足そうに笑った。

「では最終調整だ! No.2は実験的な要素が大きいからな、しっかりと完成させねば私も危うい。しばし待つんだぞミシモフ、もうちょっとでおでかけだからな」
「はい」

 イルオはミシモフに背を向け、作業台に用意されていた『魔兵器少女シリーズNo.2』への作業に入った。
 ミシモフはしばらくイルオの背をじっと見つめていた。表情は人形のように変わらない。だがその頭部にある疑似人格では、複雑な思考が繰り返されていた。
 やがて、ミシモフは口にした。

「マスター。マスターの真意は、なんなのですか?」

 ミシモフの問いにイルオがぴたりと動きを止める。ミシモフは続けた。

「マスターは魔科学を研究し、弟、レイ・ヴィーンを改造して。私を作り、育て……今度の作戦を実行する。その真意を、私はまだ知りません。あなたの目的はなんなのですか、マスター」

 イルオは作業の手を完全に止めると振り向く。やはり満足げに笑っていた。

「『興味』か……すばらしいぞミシモフ。唯々諾々と指示に従う魔科学兵器にはない行動だ。ミシモフよ私がこう言ったらどうする、お前が知る必要はないだろう、と」
「マスターの本心を知らないまま作戦行動を行っては、作戦自体は成功でも長期的に見た場合の失敗を呼ぶ場合があります。どうか、マスターの最終目的をお教えください」
「『理屈』そして『疑問』! すばらしい! 魔科学の子たるお前がここまで心を育て上げたか! やはりお前は……」
「マスター。マスターが興奮の演技をして話をはぐらかす場合があることはデータより明らかです。納得のいく対応をお願いいたします」

 ミシモフは淡々とイルオへの疑問を投げつけ、イルオも意味ありげに黙り込みミシモフを見ていた。
 イルオは笑みを浮かべたまま、少しうつむいた。

「納得、と来たか……いやすばらしい。わかった、嘘はやめよう。私の真意は『教えたくない』、それが本音だ。いかにお前であろうともな」
「マスター。それは、なぜですか」
「それも『教えたくない』! ミシモフよ、人は嘘をつき嘘には2種ある。真実を偽るのと、真実を隠す場合だ。そしてそれは人に与えられた知恵であり罪であり権利なのだよ。悪いがミシモフよ、親は子に教えられないこともあるのだ」
「……そうですか。わかりました、マスター」
「だがミシモフ! 最終目的、それだけは教えてやろう」

 イルオは顔を上げ、いっぱいに頬を歪ませて笑った。さも楽し気に、かつ狂おし気に。

「全ては我が弟レイのため! レイが幸福ならば私はそれでよいのだ! おっと今は妹だったか? ふぅーんはっはっはっはっはーっ!」

 イルオはひとしきり笑った後、また作業に戻っていく。ミシモフもそれ以上は何も言わず、静かにイルオを見つめながら作業の終わりを待っていた。





 ……マスター。

 レイ・ヴィーンに会えば。

 再び彼女に会えば、あなたのことがわかるのでしょうか。

 あなたに近づけるのでしょうか。

 私は……

 …………

 ……過熱を確認。ホムンクルス・パーソナリティ、セーフモードに入ります。

「魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く