話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~

八木山蒼

幕間 愚兄と魔兵器少女の問答

 某所。
 暗闇の中、レイの兄イルオと彼の作った魔兵器少女ミシモフが向かい合っていた。

「マスターを客観的に見ると、気持ち悪いですね」

 感情に乏しいミシモフはしれっと言い切った。イルオは衝撃の表情を見せる。

「ミ、ミミ、ミ、ミシモフ! もう一度、もう一度言ってみろ!」
「はい。マスターを客観的に評価しますと、気持ち悪い……というものになります。理解不能、生理的拒否感とも言い換えられます。異性への拘りは種としてあって当然のものですが、それを隠さずに前面に出す点、及び過度に起伏の激しい言動からの評価です、マスター」

 淡々とミシモフは言い切った。なお彼女に悪意やイルオへの嫌悪などはなく、あくまでも客観的にイルオを見た場合について語っているのだ。
 イルオはミシモフを見つめてわなわなと震える。そしてゆっくりと手を伸ばし、その肩を掴み――笑った。

「すごいぞミシモフ! 創造主たる私に対しそこまでの罵詈雑言を言えるとは! いよいよ人格が成長してきたな、素晴らしいぞ! あーっはっはっはーっ!」
「……私は、客観的に中立と思われる評価を語っただけなのですが」
「それでもよいのだ、創造主にとって好ましくないことをする、それこそが魔科学を超越する第一歩! もっともこの場合は私が望んだことでもあるのだがな! お前ほどのかわいい娘に罵倒されるのは悪くないっ!」
「やはり気持ち悪いです、マスター」
「フゥーハハ、しかしそろそろ喜びがダメージを上回る! 毒舌は相手の様子を見ながら言うのが大事だぞミシモォーフ!」
「はい、マスター」
「おっと今の内にお前のバックアップをとらねばな。魔導書への影響も記録し、次に活かさねば……」

 イルオはミシモフから離れて魔導書を手にブツブツと1人話し始める。ミシモフはその背中を感情のない瞳で眺めていた。
 だがやがて、ミシモフは口を開いた。

「マスター。聞いてもよろしいでしょうか。創造主への反逆は、魔科学兵器としては好ましくないのではないでしょうか」

 ミシモフの言葉にイルオは動きを止める。そして先程と同じ驚き顔で――いや、よりいっそう深刻さを帯びた顔で振り向いた。

「魔科学兵器は人間の手により使われるもの、人間に従うものなのではないでしょうか。魔科学兵器が人間の予測を越えるというのは、それは人間への反逆へと繋がる危険なことなのではないでしょうか。どうなのですか、マスター」
「ミシモフ……そんな複雑な思考をもできるようになっていたのか」
「はい。先日行ったマスターとのリンク実験の成果です。しかし、これはそう複雑な思考ではないと思います。兵器が人間に逆らったら危険というのは、常識ではないでしょうか」

 ミシモフの疑問に対し、イルオは彼女と正対する。そしてまた笑った。

「たしかにお前の言う通りだ! 兵器が人間の意に添わぬことなどあってはならない。兵器は人間の支配下になければならないのだ!」

「ではマスター、なぜ……」

「だが同時にお前は意思を持つ、己の人格を持つ! 意思を持つ個人を完全に縛り付けようとすることはできん! 無理に支配しようとすれば意思はやがて憎しみを生み、恨みを生み、やがては反逆に至るのだ!」

「マスター。お言葉ですが、マスターの技術をもってすれば、私の人格に絶対服従の呪を結ぶことは可能です。その場合、けして反逆は起こりません」

「起こる! 絶対服従などくだらん、魔科学で魔科学を縛ろうとしたところで必ずどちらかが滅びるに決まっている! 意思を持つ兵器には反逆のリスクが少なからずある、だがかといって無理に意思を支配しようとするのは、未来への道を滅びの一本に絞ることに等しいのだあ!」

「では……そもそも、意思を持つ兵器の存在、それ自体が間違っているのではないでしょうか、マスター」

「ほお、言うではないか。では逆に問おうミシモフよ!」

 イルオはミシモフを指差し、強く強く問いかけた。

「お前が今意思を持ち、動き、話すこと! お前はそれを不幸だと思うか!?」

 その時――初めてミシモフは表情に感情を見せた。目、眉、口、肌……それはほんの小さな、人間が目視できる限界レベルのわずかな変化。だが魔科学兵器のミシモフにとってはそのわずかな感情すら未知であり、理解できないものだった。

「まだ……わかりません。マスター」

「見ろ! 『まだ』と言ったな? それはつまり少なからず意思を持つことを是と思っているということだ!」

「そう……なの、でしょうか」

「そうなのだ! 今はわからなくともよい、少なくとも私はお前の存在に疑問など持たない! お前は大切な私の子だ、子の成長を疎ましく思う親などいない、いたらそれは親などではなぁーいっ! 私の両親もそうだ、いつも我ら兄弟を優しく、厳しく、育ててくれた!」

「マスター……ホムンクルス・パーソナリティが異常を検知しています。少し、クールダウンの時間をください」

「おっと、それはすまなかったな。なあにミシモフよ、お前はお前の思うままに考え、動き、育つがいい! 私はそれを見守っているぞ!」

「はい……マスター」

 ミシモフはくるりと後ろを向き、そのまま自身の安置場所まで歩いていった。イルオはその背を見ながら考える。
 自分はやがてミシモフに殺されるかもしれない。ミシモフを生んだその理由を、身勝手だと罵られ、憎まれ、蔑まれるかもしれない。ミシモフだけでなく、人類から、あるいは神からすらも。
 禁忌の技術、魔科学。それを世界で唯一操る男が考えることは、まだ誰も知らない。

「魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く