話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~

八木山蒼

第7話 スライム大騒動!?


 ……あの、特待生。

 あの力……あの肉体……魔法……間違いない。

 魔科学兵器。

 復活させたのは、誰?

 あの技術を。

 禁じられた力を。

 いけない。

 早く、早く。

 っ……


・ ・ ・ ・ ・



 オニキス寮の生徒との邂逅の後。
 アクアマリン寮では俺の歓迎会の準備をするからしばらく出て行ってほしいと言われた俺は、ルビー寮の生徒に誘われたので、中庭で球技をして遊んでいた。

「それっ、特待生!」

 ルビー寮寮長、ボーイッシュなショートカットのマコットがボールを高く上げる。マジボールと呼ばれるこの球技、ルールは奇妙だが単純、「ボールに一切触れてはいけない」こと。
 バレーボールと同じくらいのサイズのボールは魔力に反発するように作られており、プレイヤーは適宜魔力を放出してボールに触れないようにしながら操るのだ。今やっているのは6人ほどが輪になってえんえんとボールをパスし合うだけの遊びである。

「よし……そらっ!」

 俺は上から落ちてきたボールに両手を出し、手に触れる前に魔力を出して跳ね飛ばす。だが出力が強すぎてボールは校舎よりもさらに高くまで吹っ飛んでいってしまった。

「おいおい特待生! 強いのは結構だが、マジボールは強すぎてもダメなんだぜ? まだまだだな!」

 寮長マコットは高々と上がったボールを見て笑った。

「悪い。初めてだし、大目に見てくれよ」
「でもいいセンしてるぜ! どうだ、本格的にやってみないか? お前ならきっとレギュラーになれる!」
「今は保留にさせてくれ、まだ知らないことが多くて、決めるには早すぎる」
「待ってるぜ!」

 マコットは快く誘ってくれたが、実のところ俺は魔科学兵器の体で競技に参加するのはズルのような気がするのでスポーツを本式にやるのは避けるつもりだ。後でバレてドーピングだなんだと騒がれても困る……いや魔科学兵器だとバレた時点で大問題なのだが。

「お、ボールが落ちてくるな。見てろよ、あんな高いとこからでもあたしは受け返してやる! 力のルビー寮の実力見せてやるぜ!」

 マコットはぐっと力を溜めて上から来るボールを待ち受ける。俺や他の生徒たちはそれを見守った。
 だがその時。

 遠くから激しい爆発音と共に、生徒の悲鳴が響き渡った。

「な、なんだ!?」
「爆発……? 寮の方からだ! 行くぞみんな! 特待生も!」
「わ、わかった!」

 マコットに連れられて、俺たちは寮のある裏庭の方へと走っていった。



 裏庭では大勢の生徒が出てきてざわざわと騒いでいる。生徒の群衆の中心はダイヤモンド寮だった。
 俺たちが生徒たちをかき分けてダイヤモンド寮に近づいてみると、そこは酷い有様だった。4つの寮の中でも一際豪華に飾られていたはずの寮は三分の一が崩壊し、壁も天井も崩れて吹きさらしになっている。さっきの爆発音はダイヤモンド寮を破壊した何かのものだったのだろう。

「あ、レイ!」

 人ごみの中、セイナが手を振っている。俺は彼女のもとに行って状況を尋ねた。

「セイナ、何があったんだ? ダイヤモンド寮はどうしたんだ」
「私もよくわかんないんだけど、たまたま見てた子によると、いきなりダイヤモンド寮からおっきな何かが飛び出てきて寮を壊したんだって。その大きなものは学園とは逆の森の方に向かったから誰も怪我とかはしてないらしいんだけど……」
「森の方……」

 俺は寮が並ぶその奥を見つめた。寮の奥にはサブリナ魔法女学園全体を覆ううっそうと茂った深緑の森が広がっており、セイナの言った通りダイヤモンド寮の裏には大きな何かが通ったかのように木々がなぎ倒された道が出来ていた。
 その時、俺は何かを感じ取った。魔科学兵器の肉体は俺の意識を読み取って動く、森の奥に逃げていったという何かに意識を向けた時、『知りたい』という俺の意識を認識して、兵器が機能を発揮したのだ。

「……大きな魔力が1つ。あとその少し奥……これは、追われている……?」
「レイ? どうしたの?」

 セイナは怪訝そうに俺を見つめている。辺りを見渡してみたが先生たちもまだ到着していないようだった。

「行かないと!」
「あっ、レイ!?」

 俺は兵器のパワーを使って思い切り跳躍し、人混みを飛び越えてダイヤモンド寮の屋根へ跳び移る。生徒たちの視線を気にする暇などない、俺はダイヤモンド寮の屋根からさらに跳び、森の中へと入っていった。




『ゴポッ……ゴポポッ……!』

 森の中、木々を次々と取り込み吸収しながら進む影。
 それは巨大なスライムだった。半透明の肉体は通常の手のひらサイズのスライムの数百倍もの肉体を持ち、小器官をぷかぷかと浮かべながら森を進む。木がその液状の体に触れればとぷんと沈み、直後に溶けてなくなってしまう。巨大スライムは、なんでも溶かす肉体を持っているのだ。
 そしてその巨大スライムから一心不乱に逃げ惑う女生徒が1人。

「ひいいいいっ! こ、来ないでくださいましぃぃぃぃぃっ!」

 涙を流しながら必死に森を駆けるその生徒は、ユニコ・サマリーだった。魔法を使う余裕もないのか、ただただ全速力で森を走っている。

『ゴポポポポッ……!』

 スライムは森の全てを溶かしながら彼女を追い続けていた。両者のスピードはほぼ互角だが、障害物をよけながら走るサマリーに対しスライムの動きは一直線。意外にもスタミナのあるサマリーは健闘していたが、その距離はだんだんと縮まり、捕まるのは時間の問題だった。

「おおおお、お母様、お父様、ユニコをお助けください! あ、ああっ!?」

 僅かに気を逸らした瞬間、木の根に足を引っ掛けたサマリーの体は走っていた勢いのまま一瞬、宙に浮く。そのまま地面に倒れ込んで一巻の終わり――となる直前に。
 辛うじて間に合った俺はサマリーをかっ攫い、彼女を抱えて駆け出した。

「おい、大丈夫か!?」
「うーん、ママ、パパ……はっ! わわ、わたくしは? スライムに溶かされるのは嫌ですわ~!」
「しっかりしろ! 俺だよ、レイ・ヴィーンだ」
「はえ? あ、あなたは……! ハッ!」

 俺に抱えられながらきょろきょろと周囲を見回し、サマリーはようやく状況を察したらしかった。少し体勢が辛そうだったので一旦俺は足を止め、彼女を背負う形に変える。背中に柔らかいものが当たる感覚がしたがそんなことを気にしている場合ではない、スライムのスピードは魔科学兵器の俺よりは遅いが悠長にしている暇はなく、すぐに俺はまた駆け出した。
 森の中を走りながらサマリーに尋ねる。

「いったい何があったんだ? あのスライムはなんなんだ」
「あ、あれは学園で貯蔵されてるスライムに、わたくしが改良を加えた『選択式透過性万物可溶スライム』ですわ! なんでも溶かす性質を持ちつつも表面に選択的透過性を持たせ、現実的な『なんでも溶かす液体』を実現したわたくしの傑作なんですのよ! オーッホッホッホ!」
「耳元で高笑いするな! なんでそんなもん作ったんだ!」
「わたくしの学と技術で持って作られたあのスライムを見せればあなたもわたくしの凄さを認識し、ダイヤモンド寮に来て下さるかと。どうです? 凄いでしょう? これぞわたくしの実力なのです、褒めてくださってもよくてよ?」
「そんなこと言っている場合か! どう見ても暴走してんだろ!」
「ちょ、ちょっと大きくし過ぎましたわね! 鶏肉を用意してたんですがそれでタンパク質が足りなかったらしく、わたくしを吸収しようとしてるのでしょう……たた、助けてくださいましぃ!」
「今頃慌てんな!」

 どこか抜けたことがあるお嬢様とは思っていたが、ここまでとは。俺は背後から近づく怪物の気配をしかと感じながら、サマリーを背負ったまま逃げ続ける。
 だがサマリーも、何も考えず逃げ惑っていたわけではないようだった。

「くそっ、せめて先生たちが来てくれれば……なんでこんな学園の真逆に逃げたんだよ!」
「だ、だって、学園の方に逃げたら皆様に迷惑がかかります! 校舎も無事では済みませんわ! それで咄嗟に学園と真逆に……」

 俺はサマリーの言葉を意外に思った。高飛車で傍若無人なお嬢様かと思いきや、案外他のことも考えているようだ。いやそもそもこんなスライムを作った時点で思慮が足りないのは間違いはないのだが――とにかく、逃げ続けていてもらちが明かない。

「おいサマリー! あのスライムに、なにか弱点はないのか!」
「えっと、えっと、えっと……あっ、そ、そうですわ! あ、あのスライムは90%以上が水でできています、ですからあれを一瞬で蒸発させられるくらいの火力があれば……ああでもそんなことができるのは学園長か一部の先生くらいですわー!」
「火か……」

 俺は走りながら自分の体に問いかける。この魔科学兵器の体の実力は未知数、大抵のことはできる肉体だが、ここでの決断の誤りは生死を左右する。
 ――魔科学兵器は、俺に答えを教えてくれた。

「……信じるぞ、兄貴!」

 俺は走るのをやめ、騒ぎ立てるサマリーを背から下ろした。

「どどど、どうするのです? まさかあなた……」
「離れてろ! 巻き込まれるぞ!」
「危険です! いくら特待生のあなたでも、あのスライムに1人で立ち向かうなんて……!」
「いいから、俺の後ろに隠れているんだ……来たぞ!」

 森の木々を溶かしつくしながら、液体の怪物は俺の目の前に現れた。ひっと声を上げ、サマリーは俺の後ろに隠れる。一直線に彼女を狙うスライムはそのまま俺へと突っ込んでくる。
 俺は両手を前に突き出し、魔力を解き放った。

「『焼却』ッ!」

 瞬間。
 業火と閃光が俺の手から放たれ、スライムを飲み込んだ。光は周囲の全てを白く染め、火による熱風は肌を焼かんばかり。おそらくは魔科学兵器の俺だけが、その大爆発の中、スライムが跡形もなく蒸発し、消えていくのを見ていた。

 爆発は本当に一瞬だった。瞬きほどの間の後、スライムはもうそこにはおらず、爆発によりえぐられた地面と僅かに焼け焦げた木々が残っているばかりだった。

「……ふうっ」

 俺は自分で放った火力に軽くビビりつつもぱんぱんと手を払い、一件落着に安堵したのだった。
 ――その後ろで、サマリーは俺をじっと見つめていた。



 しばらくして、サマリーはレイに連れられて学園に戻ってきた。

「サマリー様!」
「ご無事ですかー!」
「心配してましたよー!」

 レイが他の生徒たちに囲まれる中、サマリーは取り巻きの3人組にまず迎えられた。
 だがサマリーは彼女たちに返事もせずに考え込んでいた。

「サマリー様?」
「どうしました?」
「やっぱりお怪我を?」

 取り巻きたちが尋ねるのにも気付かずにサマリーは考え込んでいる。彼女を気にする他の生徒たちも目に入っていなかった。

「レイ・ヴィーン……」

 彼女の脳裏に強く焼き付いたのは、その後姿だった。爆風に銀髪をなびかせ、危険を顧みず、確かな実力を持って自身を守ってくれたその背中。その後、ゆっくりと振り返り、もう大丈夫だと言いながら微笑んだその顔を――サマリーは、忘れられなかった。

「ふ、ふ、ふふふふっ! レイ・ヴィーン! やはりわたくしの目に間違いはありませんでした! 絶っ対に、わたくしのものにしてみせますわー!」
「サマリー様ー!」
「たくましいですー!」
「でも先生方カンカンですよー!」
「わかってます! まずはお叱りを受けに行ってきますわ!」

 ユニコ・サマリーは改めて謎の特待生のことを理解する。そして意気揚々と先生の下に向かい、こってりと絞られた上に一週間のトイレ掃除を命じられたのだった。

「魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く