話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~

八木山蒼

幕間 愚兄と新たな魔兵器少女

 某所。
 暗闇の中、イルオ(レイの兄)は怪しげな笑みを浮かべていた。

「……よし! これでひとまずは完成だ! さあ目覚めるがいい、我が魔兵器よ!」

 兄が魔導書を広げ魔力を送り込むと、その前にある寝台に眠っていた少女が瞳を開いた。紫色のおかっぱ頭をした少女はむくりと起き上がると、感情のない冷たい瞳で辺りを見渡し、自分の首や指の動きを確かめる。

「おはようございます、マスター。ホムンクルス・パーソナリティ、マジック・アクセラー、いずれも問題ありません。これまでの行動データを照合……完了。人格と身体、同期いたしました」
「うむ! これでお前も新たな体を得て生まれ変わったというわけだ! 魔神兵ミシモフ改め、魔兵器少女シリーズNo.1ミシモフよ!」
「はい、マスター」

 深紫色の髪と瞳をした少女は淡々と頷いた。
 少女の正体は、巨大な体躯をもって以前レイに襲い掛かった魔力で動く鎧の兵隊である。魔科学兵器の力を発揮したレイにあっさりと敗北し損傷の激しかったその巨兵を、イルオはレイと同様に人間の少女の姿にして再生させたのだ。ただし彼女の場合は人間が素体となったレイとは違い完全な魔科学によるホムンクルスである。

「マスター、私に新たなボディと人格を与えてくださりありがとうございます。ホムンクルス・パーソナリティは感謝を示しています」
「よしよし、お前は大事な私の子だからな。今はまだぎこちないが、いずれ人格も学習を続けこなれていくだろう」
「はい。ですがマスター、このボディは以前のものに比べて戦闘能力が大幅に劣化しています。最大馬力で70%減、戦術評価でA+からB-への下降です」
「それは仕方がない! 私にとってはその愛らしい容姿こそが大事だった! やはり作業にはモチベーションが重要だからな、お前を作る時の私のモチベーションはレイの改造時の次に高かったぞ!」
「それは……賞賛なのでしょうか? マスター」
「無論だ。まあじきに私の感情も理解できるようになる、ミシモフよ、今はその体に慣れるよう努めるのだ」
「はい、マスター」

 ミシモフにしばらくストレッチなどをしておくよう指示し、イルオはミシモフとリンクしている魔導書を見た。それは魔科学兵器であるミシモフの体の一部でもあるもので、その情報も書いてある。彼女自身が言ったようにその性能は巨兵の体だったころと比べて大幅に下がっていた。

「やはりレイほどの性能の魔兵器の製造は不可能か……いやまずは自律行動可能な魔兵器の成功で十分! 我が魔科学はなおも進化を続け、ゆくゆくは崇高なる目的を達成することだろう! はーっはっはっはあ!」

 イルオは1人高笑いをする。そんな彼をミシモフは不思議そうに見つめていた。
 その時、1羽のカラスが飛んできて、イルオの肩に止まった。よく見ればそのカラスは生物ではなく目に光のない魔兵器。ミシモフとは違い、設定された行動基準に沿い魔力で動く自動兵器だ。

「おお、こいつが戻って来たということは……レイは無事にサブリナ魔法女学園に入ったのだな! うむうむ」

 全て計画通り。イルオはほくそ笑んだ。

「では私も研究を続け、可及的速やかに魔科学兵器の量産を実現せねば……! ふっははは、忙しくなるぞお!」

 イルオは歓喜の声を上げ笑っていた。だがふいに笑みを消し――小さく、呟く。

「レイ。せめて、お前だけは……」

 暗闇の中、ミシモフがストレッチをする音だけがしばし響く。だがすぐにイルオはまた動き出した。

「よおしミシモフ! 悪いがまた寝てくれ、お前のデータを改めてとりたい! そしてお前の仲間をまずは増やし、ゆくゆくはレイと同等の魔兵器を生み出していくのだあ!」
「はい、マスター」

 ミシモフは律儀に続けていたストレッチをやめた。

「ところでマスター、なぜわざわざ暗い場所で作業するのですか? 魔導書が読みにくいのでは?」
「バカ者、こういうのはムードが大事なのだ! いずれそういうことも理解できるよう努力するのだぞミシモォーッフ!」
「がんばります、マスター」

 この世で唯一魔科学を操る男、イルオはまた研究に熱意を燃やす。その目的に向かって。

「魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く