話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~

八木山蒼

第2話 幼馴染の提案

 セイナ・セントールはその日、久しぶりに幼馴染のレイの家に向かっていた。

 セイナは16歳、この辺りの地主の娘だ。地主といってもド田舎のビリ村、人口100人に対し家畜はその数倍という僻地ぶりなのでたいしたものではないが、それでも村では一番の金持ちである。今日もセイナは小奇麗な布服を身にまとい、綺麗にまとめた金髪を揺らしつつ荷物を抱えて野原の道を歩いていた。

「おーセイナちゃん、今日は学校お休みかい?」

 道なりの畑で農作業をしていた老人が尋ねる。セイナは足を止め、手を振りながら答えた。

「はい、連休になったのでちょっと帰ってきたんです! レイって今日家にいますか?」
「レイかい? あの子なら今日も牧場だろうねー」
「ありがとうございまーす!」

 老人に挨拶をかわし、軽快な調子でセイナはまた歩き始めた。
 セイナとレイは幼い頃、レイの両親が顕在だったころから地主と牧場主ということで家ぐるみの付き合いだ。レイの両親の死後、天涯孤独となってしまったレイのことを何かと気にかけ、たびたび食事や生活用品を届けたりもしていた。

 だがセイナが今在籍しているサブリナ魔法女学園に入学したのに対し、牧場を経営しなければならずまた都市部での生活費も他の学園の学費のあてもないレイは村に残り、2人は離れ離れになってしまった。
 幸いにもサブリナ魔法女学園はそう遠い場所ではないので、セイナは今日のようにまとまった休みができた場合には帰省しレイに会いに行っている。村から離れられないレイの表情にわずかに見える陰に、申し訳なさも感じながら。

 道を歩いていくと牧場特有の臭いが漂い始め、放牧されている牛の姿が目に付くようになる。レイの牧場に近づいたのだ。
 やがて見え始める粗末な木小屋。人一人やっと生活できるようなそれがレイの住居だ。
 セイナはお土産に持ってきた包みを片手に持ち替え、小屋の戸を開けた。

「レイ、久しぶ……っと」

 幼馴染ゆえの無遠慮さで小屋に入ったセイナは慌てて足と口を止める。物の少ない綺麗な室内、その面積の約四分の一をしめるベッドの上で、シーツが盛り上がっていたからだ。
 珍しくレイは昼寝をしているらしい、疲れているのかもしれない、起こさない方がいいか――せめて寝顔は見てやろう。セイナはそっとベッドに歩み寄った。

 そしてシーツをめくり、久しぶりに会う幼馴染の顔を覗こうとして、セイナは硬直した。

「え……ええっ!?」

 起こさないようにという気遣いも忘れ、セイナはばっとシーツをはぎ取った。
 そこに寝ていたのはレイではなく、見覚えのない銀色の髪の少女だった。それもなぜかメイド服を着て、すうすうと穏やかな寝息を立てている。
 レイのベッドで平然と眠る、見たことのないメイド姿の美少女――あまりにも異質な状況にセイナはとにかく焦った。

「え、えと、起こした方がいい……よね? いやでも何か理由があるのかも……」

 メイド少女が寝るベッドの横でわたわたと1人慌てるセイナ。するとその体が近くにあった棚に当たってしまいそこの本が一冊どさりと音を立てて落ちた。

「わっ!?」

 ただでさえ慌てていたセイナが思わず声を上げる。その声に反応して眠っていた少女はゆっくりと目を開き、起き上がった。

「ん……なんだ……誰かいるのか……?」
「わ、わわ、そ、その……」

 メイド少女は半身を起こし、目をこすりこすりセイナを見る。狭い小屋に逃げ場などなくセイナはただただ慌てて少女と正対した。

「なんだ、セイナか。帰ってきてたんだな」
「え? あ、あなた、私のこと知ってるん……ですか?」
「知ってるも何もないだろ、俺は……あっ」

 少女ははたと口を抑え、自分の手や体を確かめるように眺める。そして何かを思い出したように頭を抱え、はあとため息をついた。

「そっか、わかるわけないよな、こんな体で……俺だよ、レイだよ。レイ・ヴィーン」
「え? レイ……え?」
「そうだ。こんなナリだが、間違いなく俺だよ、セイナ」

 メイド服を着てレイを名乗る少女に、セイナはただただ目を白黒させていた。



 俺は兄が去っていった後、まずは家に戻り、色んな意味での疲れていたので軽く飯を食べてから寝た。それは兵器に改造された体で食事と睡眠ができるのかという実験も兼ねてのことだったのだがいずれも問題はなかった。『素体を人間にすることで管理を容易にする』とはこのことだったらしい。つくづくあの兄の技術力の高さには驚くやらあきれるやら。

 ともあれ、俺は「レイ・ヴィーンだけが知り得ること」の説明なども交えつつ、ことの顛末をセイナに説明した。

「じゃあ、お兄さんがレイをその体に改造した……ってことなんだ?」
「そういうことだ。信じてくれて助かった」
「そりゃあ幼馴染だもの。でもなんでメイド服なんて着てるの?」
「……あのクソ兄貴の趣味らしい。そういや着替えときゃよかった」

 俺はとりあえずヘッドドレスを外し、そこらへんに投げ捨てた。
 セイナは俺がレイであると信じてくれたようで何よりだ。共有の秘密がいくつもある幼馴染だからこその呑み込みの早さだった。

「魔科学兵器……少しだけ本で読んだことがある。古の時代に研究され、絶大な力を誇ったけど、それがもとに戦争が起こって魔科学自体も戦火で失われた……って」
「本で? すごいな、知ってるとは思わなかった」
「でも本当にそれだけだよ、もうおとぎ話レベルのものだって思ってた。まさかこうして現代の目の前で、しかも幼馴染がそのものになるなんて想像もつかなかったよ」
「つくわけないわな、そりゃ」

 当事者の俺ですら夢だったんじゃないかと思うような出来事だ。もしも体が見た目からわかりやすく改造されてなければ本当に夢だと思い込んでいたかもしれない。改めて思うとそれぐらいに異常な事態だ。

「とりあえず食事も睡眠もとれたし、兵器にされたといっても見た目以外はそんなに変わってない。幸いにも兄貴がアホだったおかげで精神面は何も弄られてないしな、少なくとも今はな」

 この身体にはまだ未知が多いので、実は精神の方も何かしらされている可能性はあるが今のところは俺は平時の俺だ。そこはまあ安心といえるだろう。

「疲れてたんで寝てしまったが、そろそろ動物たちに餌をやらなきゃいけない時間だ。こんな体にされても奴らにゃ関係ない、仕事はしなきゃな。セイナ、手伝ってくれ」
「あ、うん、了解」

 俺の身に何が起ころうと牧場の動物たちは腹も減らすし病気もする、たとえ魔科学兵器のメイド服少女に改造されよう友だ。牧場経営の辛いところである。
 俺はセイナといっしょに小屋を出て、動物たちの世話に向かった。



 だが僅か数分後、俺たちは小屋に戻ってきていた。そして俺はベッドの上に座り物凄く落ち込んでいた。

「……どうすりゃ、いいんだ……」

 絶望が口から出てくる。セイナがすぐそばでおろおろしているがそれも気に掛ける余裕もなかった。

 というのも――動物たちが、俺を避けるのだ。

 餌をやりにいったのにも関わらず、牛も豚も鶏も俺が寄っただけで逃げ、畜舎の中の連中は大声で騒ぎ立てる。見た目が違うから、というレベルじゃない嫌がり方で、そもそも牧場の動物たちは人慣れしてるから初対面の人間だろうとちょっとやそっとじゃ騒ぐはずはない。だが俺が近くに行ったときの動物たちは明らかに激しい嫌悪、あるいは恐怖を示していた。
 そういった感情が、長年奴らと接してきた俺にはあまりにもありありとわかってしまう。餌やりどころか牧場経営そのものができないような嫌がり方だった。

「なんでだ? いくら見た目が全然違ったからって……明らかに俺のこと、まるで外敵みたいに……」
「ひょ、ひょっとして、魔科学兵器だから……じゃないかな」
「え?」

 セイナはうろたえつつも考えがあるようだ。彼女はこう見えてかなりの秀才で、育ちもよく頭脳も冴えている。

「レイのその体、見た目じゃわからないけどすごいパワーがあるんでしょ? ってことは高い魔力を秘めているわけなんだけど……魔科学のエネルギーって現代にない未知のものらしいの。それも邪悪な感じのものなんだと思う。動物たちはきっとそれを本能的に感じ取って、レイを避けているのかもしれない」
「……なるほど、な」

 俺は自分の手を見下ろした。連日の仕事に日焼けしてごつごつとしていた俺の手とは違い、色白で細く美しい少女の腕。だがその内には自分の体の何十倍もの相手を投げ飛ばすパワーと、高度な魔法陣を操る魔力を秘めている。魔兵器などという得体の知れないもの、たしかに動物たちが受け容れるとは思えなかった。

「……マジでどうしよう。これじゃあ牧場は続けられない、だが俺には他のものは何もないし……」
「そう、だよね……どうしよう」

 唯一の親の遺産がこの牧場、俺はそれだけを頼りにこれまで生きてきた。それ以外には学も能もない。俺はこの牧場がなくては、文字通り生きていけないのだ。俺もセイナも困り果て、考え込んだ。
 だが。

「そうだ!」

 ふいにセイナが手を打つ。その表情には笑みが浮かんでいた。

「レイ、いいアイデアがある! その魔化学兵器のパワー、ものすごいんだよね?」
「あ、ああ。それはそうだが……」
「だったら大丈夫! それにこれなら私も……うん、完璧!」

 セイナは1人でうんうんと頷き希望に満ちた顔で何やら笑っている。そして俺の手を握ると、いきなりこんなことを切り出した。

「レイ! 特待生として、サブリナ魔法女学園に入ればいいんだよ!」

「魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く