Creation World Online

かずみ

第50話

「ナク!そっちに行ったぞ!」
「任せて【アクアウィップ】」


 ナクの杖から放たれた水の鞭が、ナク目掛けて動き出していたヒルのようなモブを切り裂いて、絶命させる。


「ふう、お疲れ。休憩するか?」
「うん、休憩しよ」


 俺達は、手頃な岩に腰掛けるとアイテムポーチから取り出した飲み物で喉を潤す。
 すると、俺の影から音も無くエンリベルが姿を表す。


『主様、時間にゴザいマす』
「ああ、ありがとな。ナク、行くぞ」
「ん…わかった」


 トテトテと、ナクが駆け寄ってきて俺の腕に抱きつく。
 ギュッと、大きな2つの柔らかな感触が俺の腕に伝わる。
 いや、嬉しいんだが歩きにくいな…


『小娘、主様が迷惑そうナ顔をしてイルだロウ。離レろ』
「嫌、無理、骨に何か言われる筋合いはない」
『良かロウ、小娘。杖を構えヨ、消し炭にシてくれルワ!』
「ふん、ボスでなくなった骨に何ができる。返り討ちにする」


 そう言ってバチバチと火花を散らす2人。
 喧嘩すんなよ!大人しくしろよ!


「はあ…2人ともいい加減にしてくれ…やめないならパーティー解散な」
「むぅ…骨、命拾いした」
『ソレハ、我のセリフだぞ小娘』


 無言でまた杖を取り出す2人。
 だからやめろっての!
 結局、街に戻るまでナクとエンリベルは喧嘩を続けたのであった。
 まあ、不幸中の幸いというか、直接攻撃での喧嘩は一回しかなかったってことかな。          

「Creation World Online」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く