Creation World Online

かずみ

第39話

 ディヴァ=ヘトの街並みはこれまでのヨーロッパ調の建物と違い、和風の建物が並び、道行く人を見れば袴をはいた侍風の男性NPCや、何故か背中に祭りと書いてある法被はっぴを羽織ってふんどしを履いた子供達や着物を着て杖を担ぐ獣耳の女性NPCなど、正に和風ファンタジーという言葉がぴったりだった。
 それにしても…


「なんだかピリピリしてねえか?」
「うん、それは思う。何か起こる」


 キョウジとナクが言う通り、道を歩く人々の表情は余裕がなさそうだった。


「お前達!」


 突然背後から声をかけられる。
 そちらを振り向くと、怒りの形相を浮かべたハーと困り顔のキョウラク、そして_


「話がある、ついてこい」


 そう言ってマントをひるがえす【皇帝】レノン。
 俺たちは大人しく従うことにして、レノン達の後ろを歩く。
 しばらく進んだところで大きな料亭らしき建物に入ると、中の店員NPCに奥の座敷へと案内される。
 俺、ナク、キョウジは襖側に座り、レノン達はその向かいに座った。
 そして、店員NPCが出した緑茶を一口飲むと、レノンが口を開く。


「さて、今回のことだが。君たちは自分たちが何をしたのかわかっているのか?
 君たち攻略者パーティーは最強、つまりプレイヤー達の希望なのだ。もし、そんな君たちが万が一にも死亡、ゲームオーバーになったとしたらどうなると思う?プレイヤー達の士気はかなり下がることになるのだぞ。
 特にシュウ、君は全プレイヤー最強の称号を持っているのだ。不本意だが」
「おい、心の声漏れてんぞ」


 いや、その気持ちはわかるけどな。
 俺がそう言うとレノンは溜息を吐く。


「そして、シュウ。君、パーティーを抜けるなどと言っているそうだが…それに関しては我々天議会が決める、故に後日連絡させてもらおう」


 そう言うとレノンは腕を組んで黙ってしまう。これ以上は何も語ってくれなさそうだな。


「シュウ君…あの、アンリさんのことは気の毒だと思うけど、もっと自分を大事にしてくれないかな?」
「…ああ、キョウラク悪いな。心配をかけた」


 そこで、襖が開き料理が運ばれてくる。
 すると、レノンは組んでいた腕を解くとこう言った。


「さて、話は以上だ。ささやかながらボス攻略への礼だ。受け取ってくれ、もちろん後日、報酬金も払わせてもらう」
「そうか、それなら遠慮なくもらおう」


 こうして俺たちは美味い料理に舌鼓をうち、料亭を後にした。しかし、アンリがいないと何処と無く味気なく感じるものだった。


  ☆


 食事の後、俺たちはキョウジと別れ、アンリを治すための薬を取りに、3界層の南の村【ドクラ村】を目指して歩いていた。
 あまり舗装されておらず、土剥き出しの道路を俺とナクは歩いて進んで行く。
 すると、進行方向に2匹のゴブリンの姿を見つける。
 しかし、ゴブリン達の姿はこれまでのものと大きく異なっていた。
 なんとゴブリン達は鎧と刀を持っていたのだ。今までのゴブリン達の装備は貧相な布の服に素手か棍棒、良くて錆び付いた短剣といったところだったのに対し、目の前で刀の手入れらしきものを行っているゴブリン達の鎧や刀は金属特有の光沢を放っており、手入れをおこたっていないという証拠だろう。


「ギャオ!」
「お、気づかれたか」


 片方のゴブリンがこちらに気がついたようでこちらを威嚇いかくしてくる。
 もう片方のゴブリンもこちらを見ながら刀を構える。
 すると、威嚇をしていたゴブリンが俺目掛けて駆けてくる。


「グルァ!」
「【ピアッシングエア】」


 俺の五指に出現した小さな魔法陣から放たれる高密度の風の針をゴブリンは難なく避けると、そのまま俺の横を通り過ぎ、すれ違いざまに俺の脇腹を刀で斬りつけていく。
 そんな俺にナクは心配したように駆け寄ってくる。


「ぐっ…!」
「シュウ!大丈夫?」
「ああ、何とかな…っ!【法則介入】!」


 ガキンと硬質な物同士がぶつかり合う音が聞こえる。先程まで刀を構えていたゴブリンが攻撃を仕掛けてきたのだ。
 斬りつけてきたゴブリンは、地面からせり上がった土壁を踏み蹴って距離を取る。
 俺はアイテムボックスから取り出したポーションを一気に飲み干すと、周囲を見渡す。
 ゴブリン達は余裕そうな表情で、ジリジリと距離を詰めてきている。どうやら俺たちをなぶり殺しにする気らしい。
 すると、突然周囲の気温が急激に冷えていく。
 見ればナクの頭上に氷塊が出現していた。


「良い加減にしろ薄汚い小鬼が」


 ナクがそう呟くと氷塊は砕け、破片となった氷がゴブリン達の鎧をまるで、紙か何かで出来ているかのように貫き、絶命させる。
 光の粒子に変化していくゴブリン達を眺めながらリザルト画面を確認すると、やはりというか、今までの敵よりも経験値が多かった。


「ん、レベルアップ」
「おお、よかったな。いくつになったんだ?」


 心なしかドヤ顔でピースをするナクにそう尋ねる。


「レベル23になった」


 そう言ってナクはステータス画面を見せてくれる。


◇◇◇◇◇◇
名前:ナク
性別:女
レベル:23
職業:メインジョブ【ウィザードLv.20】
  サブジョブ 【薬師Lv.24】


HP:1250
MP:4300(+250)
STR:34(+8)
DEF:52(+20)
INT:680(+180)
MEN:450
VIT:70
SPD:160


〈技能〉
固有技能:【固定魔術Lv.9】


付属技能:【地形ダメージ軽減】


通常技能:【水魔法Lv.18】【風魔法Lv.8】【光魔法Lv.14】【魔術の心得Lv.22】【暗視】【鑑定Lv.24】【調薬Lv.22】【付与術Lv.27】【魔力回復速度上昇[中]】【杖Lv.2】【空きスロット2】


〈装備〉
武器 :銀の杖
頭  :シルバーハット
防具 :ウィザードローブ(銀)
   :ウィザードスカート(銀)
靴  :小鬼の靴
装飾品:魔法使いの指輪
   :銀のイヤリング
   :海蛇かいじゃの腕輪


〈装備効果〉
 光魔法威力上昇[微小]
 水属性耐性[中]
 水属性威力上昇[小]


【所持金:38300L】


◇◇◇◇◇◇



「どう?強い?」
「ああ、いいんじゃないか」
「ふふっ、ありがと」


 そう言って微笑むとナクは「早く行こ」と言って先に歩いて行ってしまった。なんだったんだ?


  ☆


 その後も数匹のサムライゴブリンや、忍者のような姿をしたゴブリンシノビ、などが襲いかかってきたが特に苦戦することもなくほふり歩くこと3時間。
 日が暮れそうになった頃、ようやく俺たちは南端の村、ドクラ村に辿り着いていた。


「着いた」
「ああ、しかし何もないな」
「ど田舎」


 ナクの感想通り、ドクラ村は田舎だった。
 周囲を見渡してもあるのはボロボロの家が数軒に、田畑や牛舎など。
 家へと帰っている人々の格好もディヴァ=ヘトの人々のような華やかなものではなく、ボロボロの布切れのような様子だった。これが地域格差ってやつか。


「今日はもう遅いから取り敢えず宿屋に泊まろうか」
「ん、あそこに宿屋あるよ」


 そう言ってナクの指差した方向にはボロボロの家の中でも多少まともな建物だった。
 宿屋の扉に手をかけて開くとギィィイ…と扉がきしむ音がしてゆっくりと扉が開く。
 中で退屈そうに頬杖をついていた男性NPCがびっくりしたような表情を浮かべた後、一瞬で笑顔を作り元気な声で「いらっしゃいませ!」と言った。


「泊まりたいんだがいくらだ?」
「夕食・朝食付きで1人30Lです」
「それじゃ、それで頼む」
「お客様、現在空き部屋が1つしか無いのですがそれでもよろしいでしょうか?」


 俺はいいんだがナクはどうなんだろう。
 チラリとナクを見るとサムズアップされる。問題なさそうだ。


「ああ、それで大丈夫だ」
「ありがとうございます。お部屋は奥の突き当たりの壁を右に曲がったところです」


  ☆


 案内された部屋の内装は、やはりというかなんというか、ディヴァ=ヘトとは比べ物にならないくらいボロボロで古臭かった。
 木製の床は傷んでいるらしく、一歩歩くたびにギシギシと音を立てる。
 窓はめ込み式の分厚いガラスで、表面はボコボコしており美しさは感じられなかった。
 しかし、そんな事はどうでもよかった。瑣末な問題だ。何よりの問題は_


「なぜベッドが1つしか無いんだ!」


 そう、ベッドが1つしか無いのである。もう一度言う、1つしか無いのである。
 年頃の男女が同じ部屋というだけでも非常にマズイのに、ベッドまで同じなどマズイを通り越して最早アウトだ。


「うふ、シュウと同じベッド。襲われる予感」
「勘弁してくれ…」


 女性なら普通は嫌がるはず、にもかかわらずナクは心底楽しそうだった。
 俺が頭を抱えると部屋の扉がノックされ、店員NPCの呼び声が聞こえた。夕食の時間らしい。
 扉まで駆けていくと、ナクは扉から出ながらこちらを見る。


「食後のデザートは私」


 そう言うとナクはさっさと部屋から出て行ってしまった。なんなんだあいつは。          

「Creation World Online」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く