Creation World Online

かずみ

第26話

 俺が着替えを手伝ってやる、とか言って少し運動したせいで遅れたがなんとか着替え終わり俺たちは浜辺に立っていた。


「速く泳ぎたいですね!」
「ああ、だけどしっかり準備運動しろよ」
「運動ならさっき誰かさんのせいでする羽目になったんですけどね?」
「本当にすいませんでした!」


 ジト目で俺を見るアンリに素直に謝るとアンリは溜息を吐いて「ま、いいですけもね」と言う。
 ふと近くにあるテントを見ると男女のプレイヤーが先程水着コーナーで見た【ウーギーの番パーカー】を着ているのが見えた。
 良く良く見るとそれはサイカとシラクモで上機嫌なシラクモに対しサイカは今にも死にそうな顔をしていた。…御愁傷様です。
 道行く通行人たちもシラクモたちを見て笑っているがシラクモは一切気にした様子はなかった。
 絡まれるのも面倒なので俺はさっさと準備運動を済ませると海に向かって駆け出して海に足から入るとヒヤッとして一瞬ドキッとするが直ぐに足が冷やされていき心地よかった。


「とりゃああああ!」
「うおあ!?」


 次に身体を水につけようとしていた俺は突如背後からアンリに蹴られたせいで顔から海に突っ込むことになってしまった。


「あははは!シュウ君…!うおあ!?って…!あはははは!」
「そうか、そうか、お前も味わうといい」
「あれ?なんでシュウ君私の足を掴んでぇえええええええ…」


 俺が顔を上げるとアンリが大爆笑していたので足を掴むとぽいっと海に向かって投げてやるとザポン!という音がしてアンリは着水するとこっちを見て「むむむ…」と唸りながら泳いでくる。


「ちょっと!何するんですか!危ないじゃないですか!」
「人の事言えないよな?あ?」
「むっ!反省の色が見えませんね!これは仕返しです!えいっ!」
「おい!やめろって!」


 パシャパシャと水をかけてくるアンリに俺は水をかけ返したり、競争したり、屋台の食べ物を食べたりしているとすっかり辺りは夕方の景色に変わっていた。
 そろそろ帰ろうか、と俺たちは水から上がると宿屋に帰って行く。
 宿に入る前に俺たちは水着からマイセットの普段着に着替える。いくら濡れても装備を変えれば直ぐに乾くってところはこのゲームの良い所だよな。


  ☆


 部屋に帰ると同時にアンリはベッドにダイブする。


「あはは!シュウ君!まだ波に揺られてる気分ですよ!」


 アンリはそう言いながらきゃっきゃと笑っている。確かに海を上がった後しばらくの間は波に揺られてるような感じだよな、なんでだろうか。
 俺が海上がりの謎を考えているとスースーと規則正しい呼吸音が聴こえてきた。
 見れば、アンリがベッドで眠っていた。遊び疲れたのだろう。
 しかし夕飯がまだなので一応起こしておこうと思って肩を揺すってみる。


「おーい、アンリ。起きろー、飯食わないのかー?」
「んぅ…」
「おっとっと」


 肩を揺すっているとゴロンとアンリが寝返りを打ったせいで手がずれてなぜか押し倒したような形になってしまい、俺はドキッとしてしまう。
 寝返りを打ったせいか、胸元が緩んでおりアンリの白い鎖骨のラインが見えていた。
 更に冷却魔道具を使用していないため部屋の中が暑いせいかアンリの細い首筋を汗がつーっと流れ落ちる様はとても色っぽく、正直理性を保つのが大変だった。
 このままではマズイと思った俺は本気でアンリを起こしにかかることにした。


「アンリ!起きろ!朝だぞ!」
「うぅん…」
「うおっ!」


 俺が先程より強くアンリの肩を揺するとアンリに抱きつかれてしまう。
 離れようとしても体勢のせいで力が入らないためどうしようもないと諦めた俺はアンリと同じベッドに入ると、薄い胸に頭を抱き締められたまま眠るのであるった。もちろん夕飯は逃した、もったいないことをしてしまった。


  ☆


 翌朝俺たち【攻略者キャプチャーパーティー】は街の東区にある大きな屋敷に呼び出されていた。
 理由はかねてより計画していたギルドが結成され、俺たち【攻略者パーティー】と正式に契約を結ぶためだった。
 無駄な物は一切無いのに殺風景だと感じさせない部屋の中を見渡していると扉が開いて10人のプレイヤーが入ってくる。
 プレイヤーたちはそれぞれ席に着く。
 【皇帝】【法王】【天使と悪魔】【将軍】【観測者】【木こり】【学者】【天馬】【神父】【破城槌はじょうつい
 全員が二つ名持ちであり、このゲームの秩序と言っても過言では無い。
 プレイヤーたちが暴徒化しないのはひとえに彼らの力だとも言える。


「初めまして、だな。【天議会】代表の【皇帝】レノンだ。早速だが本題に入らせてもらう」


 そう言ってレノンから提示された条件は以下の通りだった。
 1.攻略者パーティーは1週間に一度界層を解放する。
 2.界層を解放した際には報酬を【天議会】から支払われる。
 3.途中脱退する場合は【天議会】に申告する、その後【天議会】の許可の元脱退完了とする。
 4.問題を起こした場合即刻除名処分とする。


「さて、君たちには2界層を解放してもらった報酬を支払わなければならないな。おい、エリーアレを」
「は、はいです!」


 【天使と悪魔】エリーはアイテムボックスから6つの皮袋を取り出すとそれぞれ俺たちの前に1つづつ置いていく。


「中身を確認してくれ」


 レノンにそう言われて袋を開くと目の前にエアディスプレイが浮かび上がり手に入った金額に俺は目を丸くする。


「じ、10万L!?」
「なにも驚くことでは無い。君たちの活躍はそれ程の価値があるということだ」


 レノンはそう言うと椅子に深く腰をかけたままこちらに2枚の紙を滑らせる。
 見てみると2界層のボス【シーサーペント】の住処の情報が記されているだった。


「それが2界層のボスだ。攻略は1週間後、頼んだぞ。そして契約を結ぶ者のみがこのメッセージにイエスと答えてくれ。なに、ノーを選んでもその金を返せとは言わんよ」


 レノンがそう言うと目の前に【YES/NO】の選択肢が現れる。
 俺は迷わずYESを選択する。
 他のメンバーもYESを選択したようで皆、決意に満ちた表情をしていた。
 レノンはそんな俺たちを見て満足そうに頷く。
 そして俺たち【攻略者パーティー】は本格的に動き出すのであった。


  ☆


「ということでレベルを上げていきたいと思いまーす」


 俺は宿に帰るなりアンリに向かってそう宣言する。
 アンリは「は?なに言ってんのこいつ」って目で俺を見てくるが俺は気にしない。気にしたら負けだと思ってる。


「レベルを上げるってどこで上げるんですか?」
「うーん、取り敢えず【メラドーラの洞窟】なんてどうだ?」
「ふむ…今のレベル帯ならそこですね。さ、行きましょう」


 そう言うとアンリはベッドから立ち上がる。
 そして俺たちは【メラドーラの洞窟】を目指すのであった。


  ☆


 メラドーラの洞窟内に出てくるモブは3種類しかいない。
 まずトカゲを無理やり二足歩行にして剣を持たせたようなモブ【リザードマン】
 フジツボのような形をしたモブの【メディラ】
 そしてフィールドボスの巨大タコ【メラドーラ】である。
 俺たちが洞窟内を進んでいると前方からリザードマンが2体現れる。
 リザードマンはこちらに気がつくと体を左右に揺らしてノッシノッシと走ってくる。
 俺は一気にリザードマンの側まで駆け寄ると首目掛けてカラトスソードを振り抜く。
 しかし一撃では倒れずもう1体のリザードマンが剣を振り下ろしてきたため【法則介入】で俺と剣の間に土壁を作ると土壁を針に変形させて2体のリザードマンを串刺しにすると俺は後方に離脱する。
 するとそこにアンリの火魔法【フレイドーラ】が叩き込まれリザードマンたちが焼ける匂いが立ち込めた後、光の粒子になってリザードマンは消える。


「お、レベル上がった」
「私も上がりました」


 この戦闘で俺のレベルは22。アンリのレベルは23になった。この調子でレベルを上げていくか!


  ☆


 しばらくの間レベル上げを行った結果。


◇◇◇◇◇◇
名前:シュウ
性別:男
レベル:22
職業:メインジョブ【錬金術士Lv.15】
  サブジョブ 【盗賊Lv.24】


HP:1325
MP:2950(+350)
STR:105(+55)
DEF:90(+125)
INT:360(+150)
MEN:280(+160)
VIT:85
DEX:340
SPD:385(+45)


〈技能〉
固有技能:【法則介入Lv.2】【未踏】


付属技能:【地形ダメージ軽減】


通常技能:【錬金術Lv.28】【火魔法Lv.39】【風魔法Lv.48】【罠感知Lv.18】【罠解除Lv.18】【罠作成Lv.37】【敵感知Lv.22】【鑑定Lv.38】【魔力増加[特大]】【魔術の心得Lv.20】【空きスロット2】


〈装備〉
武器 :カラトスソード
頭  :魔族のフード(黒)
防具 :宵闇のコート
   :宵闇のズボン
   :黒蛇こくじゃの革手袋
靴  :黒犬の靴
装飾品:風魔の指輪シルフリング+++
   :盗賊のピアス++


〈装備効果〉
 風属性与ダメージ3割増
 風系統魔力消費50%カット
 魔力消費35%カット
 風属性耐性[中]
 闇属性耐性[中]
 気配遮断[中]


【所持金:369800L】


◇◇◇◇◇◇


◇◇◇◇◇◇
名前:アンリ
性別:女
レベル:23
職業:メインジョブ【ウィザードLv.25】
  サブジョブ 【魔導士Lv.23】


HP:1290
MP:7200(+650)
STR:38(+12)
DEF:48(+32)
INT:640(+380)
MEN:295
VIT:45
SPD:118


〈技能〉
固有技能:【爆発系魔術Lv.7】


付属技能:【地形ダメージ軽減】


通常技能:【魔術の真髄しんずいLv.10】【術式強化Lv.18】【魔力増加[特大]】【結界術Lv.15】【付与術エンチャントLv.18】【魔力回復速度上昇[中]】【無属性魔法Lv.20】【土魔法Lv.22】【火魔法Lv.28】【魔術の心得Lv.30】【状態異常Lv.5】【空きスロット1】


〈装備〉
武器 :真銀ミスリルの杖
頭  :蒼天の魔導帽
防具 :ブルディアローブ
   :ブルディアズボン(短)
靴  :蒼蛇そうじゃの靴
装飾品:魔導の指輪+
   :魔導のネックレス++


〈装備効果〉
 水属性耐性[中]
 火属性耐性[中]
 魔力消費8%カット
 MP自動回復[小]


【所持金:18900L】


◇◇◇◇◇◇          

「Creation World Online」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く