Creation World Online

かずみ

第14話

「ちょっと待てゴラァ!」


 武器屋に向かう途中の大通りで俺たちはそう呼び止められた。
 めんどいな…誰だ?
 俺が面倒そうに振り返ると、いかにも頭の悪そうな脳筋チックな装備の男が2人とアンリに絡んできていたヤンキー女達が立っていた。


「何の用だ?」
「とぼけてんじゃねーぞ!ぶっ殺すぞ!」


 俺が何の用かと聞くと男が唾を飛ばしながらそう言う。
 汚いな…つか、またあいつらかよ。懲りねえやつらだな。
 後ろでニヤニヤ笑っている女共を見て俺はそう思った。


「なあ、アンリ。あいつらってお前の知り合い?」
「えっと…はい、そうですね」
「仲良かった?」
「そんなわけないじゃないですか。やめてくださいよ」


 そう言ってアンリは本気で嫌そうな顔をしていたので本当に仲良くなかったのだろう。
 そして先程から放置されていたキョウジは不思議そうに俺に尋ねる。


「なあ、シュウ。あの頭の悪そうなやつお前らの友達?」
「そんなわけないだろ。バカか」
「だよなー」


 そう言ってキョウジはハハハと笑う。てか、わかってるなら聞くなよ。


「テメェら!いい加減に…しろ、よ…?」


 俺たちがそんなやり取りをしていると脳筋はついに頭にきたようでそう怒鳴ったがキョウジの姿を見て急に青ざめる。
 なんだ?なにかあったのか?


「なあ、キョウジ。あいつ知り合いか?」
「いや、覚えがねえな。おい、お前。俺のこと知ってんのか?」
「は、はい!知ってます!スイマセンでした!」


 そう言って先頭にいた脳筋は頭をさげる。え、マジでなにがあったんだ?


「ちょっとシンヤ!なんであんな奴等に頭下げてんの!?」
「お前バカかよ。なんで頭下げてんだよ」


 女共ともう1人の脳筋は頭をさげる脳筋シンヤにそう言って嘲笑うが脳筋は声を荒げて言う。


「バカはお前らだ!あいつを知らねえのか!青校の悪魔桜木さくらぎ恭二きょうじだぞ!?」
「おいコラなに人の個人情報垂れ流してんだ。殴るぞ」
「スイマセンでした!」


 キョウジが握りこぶしを作って脅すとシンヤは土下座して謝罪する。
 てか、悪魔ってこいつなにやったんだよ…


「ちょ!おい!嬢ちゃん達!違うから!そんな目で見ないでくれ!」


 俺とアンリがちょっと引いた目でキョウジを見ると焦ったようにキョウジはそう言った。
 さすがに少し可哀想なのでキョウジの俺は肩を叩きながらこう言う。


「ドンマイ。悪魔さん」
「悪魔って呼ぶなあああああ!」


 そう言うとキョウジの手から闇の球がシンヤ達に向けて放たれると、シンヤ達は吹き飛んでしまった。
 近づいて確認してみるが完全にノビてしまっていて、どうしようもないので放置していくことにする。
 まったく…どうして俺の知り合いは面倒ごとばかり起こすんだろうか。
 そう考えながら俺は武器屋を目指して歩くのであった。


   ☆


 シンヤ達に絡まれた以外はなんの問題もなく俺たちは【エーテル武具店】と看板のでた店にたどり着いた。
 古い木製の扉を開くと、カランカランと呼び鈴が鳴る。
 すると奥からパタパタという足音が聞こえ、女性NPCが顔を覗かせる。


『いらっしゃいませ!あ、シュウさん!』
「よ、頼んでたものが完成したって聞いたんで取りに来た」
『はい!完成してますよ!こちらです!』


 そう言って彼女はカウンターの下から1本の薄い紫色のショートソードを取り出した。
 俺はそれを手に取ると軽く素振りをしてみる。重すぎず軽すぎない程よい重量だった。


「うん、悪くないな」
『当たり前じゃないですか。なにせ私が作ったんですから!』
「あーはいはい。そうだなー」
『な、なんて雑な態度…!酷い!私はNPCでも女の子なのに!』


 武器屋のNPC_【エーテル】は嘘泣きをしながらそう言った。


「で、この武器の名前は?」
『あ、それは【カラトスブレイド】って名前です』
「やっぱり嘘泣きだったんだな」
『はっ、めやがりましたね!?!?』
「いや、お前が馬鹿なだけだろ」
『酷い!』


 そう言って再度嘘泣きを始めたエーテルを放置して俺が店を出ようとするとエーテルが慌てて俺の服の袖を掴んでくる。


「何の用だ?」
『余った素材はどうするんですか?』
「ふむ…なにが残ってる?」
『えーと、【カラトスの鱗】が3枚、【カラトスの斬牙】が1本、【カラトスの革】が8枚ってとこですかね』
「そうか…」


 んー、微妙な数だな…あ、そうだ。


「なあ、それ使ってナイフって作れるか?」
『ええ、まあ可能ですが…どのくらい作るんですか?』
「1本でいい、すぐに作ってくれないか?」
『すぐにですか!?まあ、1本ならできますけど…』


 そう言うとエーテルは奥の工房へと引っ込んで行った。これで俺の勝利は盤石ばんじゃくなものになるぜ…
 俺はステータス画面に映っている武器の効果を見てほくそ笑んだ。
 そんな俺をアンリとキョウジが軽く引いた目で見てこう言う。


「シュウ君なにをニヤニヤしてるんですか?気持ち悪いです」
「シュウ…その顔は引くわ」
「2人とも酷くないか!?」


 俺達がそんな風にワーワー騒いで待っていると工房からエーテルが戻ってくる。
 その手には1本のナイフが握られていた。
 …なんだかエーテルが嬉しそうだ。


『できましたよシュウさん!』
「おお…って、なんか色違わないか?染色とかしたのか?」


 俺が持っているショートソードの色が薄い紫色なのに対し、エーテルが持ってきたナイフはもっと濃い紫だったのだ。


『シュウさん。いいですか?これは極々稀に起こる【超成功】ってやつですよ』


 俺が疑問を口にするとエーテルはちっちっち、と人差し指を立てながらそう言った。…なんかイラッとするな。
 俺が握り拳を作るとエーテルはビクッと体を跳ねさせて頭をかばう。なにこの反応速度。
 正直涙目の女の子を殴るのはどうかと思うので俺は握り拳をとく。それにアンリとキョウジからの視線も痛かったし。


「はあ…いいから説明はよ」
『は、はい!えっとですね超成功っていうのは武器を作成する際に稀に起こる現象で武器が変質します』
「変質…?ああ、お前みたいになるんだな」
『違いますよ!誰が変質者ですか!』


 お、今の変質って言葉だけでよくわかったな。なかなかに腕を上げたようじゃないか。
 俺がエーテルの成長に内心で喜んでいると、何が不満なのかエーテルがジト目で俺のことを見てくる。


「なんだよ?」
『シュウさん…いえ、なんでもないです。早くこれ持って行ってください。余った素材は代金としていただいておきます』
「え、ちょ、おい!」


 エーテルはそう言って俺にナイフを押し付けると、俺たちを店の外にグイグイと押しやって店のドアを閉めてしまった。
 店内に入ろうとすると目の前に【侵入不可能】のアイコンが浮かび上がるあたり、エーテルの本気がうかがえる。
 まあ、ナイフも手に入ったわけだしこの店にはもう用は無い。
 俺が次の行き先を決めて歩き出すと、アンリが慌てて俺についてきてこう尋ねた。


「シュウ君、次はどこに行くつもりなんですか?」
「んー、南の洞窟のモンスターで新武器の実験でもしようと思ってな」
「ふーん、そうですか…あれ?キョウ…悪魔さん、どうしたんですか?」


 ん?キョウジのやつがどうかしたのか?
 アンリが何かに気づいたようにキョウジのことを呼んだので後ろを振り向いてみると、キョウジは先程の場所から動かずに空中で指を動かしていた。おそらくメニューを操作しているのだろう。
 キョウジは俺たちの視線に気づいたのかこちらを見て少し苦笑いを浮かべながらこう言った。


「ん?ああ、いや。ちょっと用事が出来てな。これからは別行動させてもらってもいいか?あと、悪魔って呼ぶな」
「ああ、別に構わないぞ」
「サンキュー、それじゃ!」
「え、おい…ってもう行ったのかよ…速えな」
「すごいですね〜、彼女か何かですかね?」


 物凄いスピードで走り去っていったキョウジを眺めながら俺たちは勝手なことを言っていた。
 それにしても彼女か…
 俺はチラリとアンリの方を見るとアンリと目があう。
 そして何故か気恥ずかしくなって前を向いて慌ててこう言った。


「さ!早く行こうか!」
「あ!ちょっと待ってくださいよ!」


   ☆


_『ミノー鉄鉱洞』_


 薄暗い洞窟の中でピトンピトン、と一定のリズムで滴る水の音とコツンコツン、と響く2つの靴音が響く。
 光源は手に持ったランプの光だけで、前後共に光の先はまさに暗黒であった。
 そんな中を俺たちは歩いていた。


「なあ、アンリさんや」
「なんですか?」
「離れてもらっていいですか?」


 そう、先程からアンリが俺にくっついていて歩きにくいのだ。
 俺がそんな風に言うとアンリはキリッとした声でこう言う。


「嫌です」
「即答かよ!そしてキリッとするんじゃなあああい!」
「やめてください!引き剥がさないでください!1人にしないでください!」


 俺がアンリの顔を押して引き剥がそうとするが、アンリはがっちりと俺の足と腰にしがみついて離れようとしない。


「この…っ!いい加減に…っ!?おい!アンリ!敵だ!」


 アンリを引き剥がそうと風魔法をぶちかまそうとしていると俺のスキル【敵感知】に2匹の敵が引っかかる。
 前方に集中していると暗闇から唐突に巨大な蜘蛛くもが2匹飛びかかってきた。
 俺は先に飛んできた蜘蛛に向かって手に持ったショートソードを振ると、明らかに刃先が届いてる距離では無いにもかかわらず蜘蛛の身体が真っ二つになる。
 これはカラトスソードの特徴で刃の延長というものだ。
 スキルの風纏いと併用して使うことで本来の2倍のリーチとなるのである。ちなみに魔法の媒体として使用すれば、魔法の飛距離も2倍となる優れものである。
 そして俺は開いた右手で炎の槍を生み出すと槍で蜘蛛を貫くと、蜘蛛は光の粒子になって消えていった。
 気がつくといつの間にかアンリが俺から離れていた。


「お、なんで急に離れたんだ?」
「い、いえ。なんでもありませんよ」
「ふーん…あ、足元に蜘蛛が…」
「【アースボム】!【アースボム】!【アースボム】!」
「ちょ!まて!嘘!うぉああああ!」


 俺があまりにも態度がワザとらしいアンリに嘘をつくとアンリは必死に何度も土魔法の【アースボム】を使用し、周囲が爆発して俺も吹き飛ばされそうになってしまう。


「はぁ…!はぁ…!ムシ、コロス…!」
「まてまてまてまて!嘘だから!てか、キャラ変わりすぎだろ!」
「う…そ…?ちょ!なんですかシュウ君驚かせないでくださいよ〜」
「驚かせるなはこっちのセリフだ!見ろ!HPが2割も減ってんじゃねえか!」


 俺が怒鳴るとアンリは視線をそらして下手な口笛を吹いた。吹けてないけどな。
 イラっとした俺は下手な口笛を吹いているアンリの頬を右手で掴むとそのまま壁に叩きつける。
 ドォンという音と共にアンリが「グエッ」と、おおよそ女子が出しそうにない声で鳴く。


「な、なにするんですか!痛いじゃないですか!」
「喧しいわ!自分の非を認めやがれ…ってなんだこの穴?」


 なんとアンリを叩きつけたフィールドの壁が崩れて、人1人なら余裕で通れそうな穴が出てきたのである。
 俺は【地図作成】のスキル持ちのプレイヤーが作成した地図を開いてみるが、このような穴のことは一切書かれていなかった。まさか隠しエリアか?となると、なんの情報もなしに行くのは危険すぎるな。ここは一旦街に戻るとするか…


「なあ…アンリ一旦いったん街に戻…」
「シュウ君なにしてるんですか?早く行きますよ!」
「お前なにやってんの!?」


 俺がアンリに声をかけようとすると、アンリはもうすでに穴の中へと進んでおり、こちらに手を振っていた。
 俺はダッシュでアンリに近づくと全力で頭をはたく。


いったあ!なにしてくれてんですか!」
「なにしてくれてんだはこっちのセリフだアホ!もっと警戒心を持てよ!」
「なに言ってるんですか!隠しエリアですよ!?行くしかないじゃないですか!」
「バカか!なにが待ってるかもわからないのに行くやつがあるか!ほら来い、街に戻るぞ」
「いーやーでーすー!行きたい!いーきーたーいーでーすー!」


 子供か!
 駄々をこねるアンリを引きずりながら穴から出ようとすると背後から足音が聞こえてくる。


「アンリ、何か来るぞ」
「え、虫ですか?ブチ殺してやりましょう…!」
「多分違うと思うからやめろ」


 俺たちがそんなやり取りをしていると足音は徐々に近づいてきてその姿を現した。
 この世界に似合わないような赤のパーカーに純白の白衣を羽織った、白い髪に黄金に輝く瞳の整った顔立ちの小学生くらいの少年が立っていた。
 少年はニコリと笑うとこう言った。


「こんにちは、シュウさんとアンリさんだよね?おじさんが会いたがってるから一緒に来てくれない?」
「まあ、テンプレな返しだと思うが嫌だと言ったら?」
「それなら帰っていいって言ってたよ」
「帰っていいんかい!」


 俺がそう聞くと少年は当たり前じゃないと言いたげな表情でそう言った。
 少年は溜息を吐きながら首を振るとこう言った。


「正直強制的に連れて行くのって面倒なんだよね。できれば嫌々じゃなく自主的に来て欲しい」
「変な奴だな…でも、俺らは帰らせてもらうぞ?一度街に帰って他のプレイヤーに相談しないといけないからな」


 とりあえず決勝戦にいるプレイヤー達への説明はしないといけないだろ。
 俺がそう言って帰ろうとすると少年はうーん、と指を頬に当てて少しの間考えていたが、何かを思い出したかのように口を開いた。


「んー、でももう一度ここに来るのは無理だと思うよ」
「なんだと?どういうことだ?」
「えっとねー、今回お兄さん達がここに入れたのって運が良かったんだよね。具体的に言うとステージのデータが緩んでたんだ。多分あと5分もすればその穴もふさがると思うよ。さらにご丁寧に強化までされてね」
「つまりここは…」
「そう、俗に言う【壁の中】状態だね」


 そうやって少年が笑った時、ゴゴゴと地響きが鳴り出し穴がどんどんと埋まっていく。あと5分は時間があるんじゃなかったのかよ!!!
 俺がそんなことを考えている間にも穴は塞がり始め、ついに完全に閉ざされてしまう。


「おい、どういうことだ!5分はあるはずじゃなかったのかよ!」
「シュウ君!手!」


 手?何言ってんだ?
 アンリに言われて手を見てみると指先からほどけるように消滅して行っていた。死亡エフェクトとは違い、まさに解けるというのが正しいような消滅の仕方だった。
 アンリの方を見てみるとアンリも足元から消滅しているようだった。
 俺は先程からこちらを見ていた少年にこう詰め寄った。


「おい!どうなってんだ!」
「あ、そっか。まだお兄さん達フィールド外に対応はしてないのか…」
「どういうことだよ!」


 確かに少年の身体アバターは一切解けていない。
 俺が疑問を口にすると少年は笑いながらこう言った。


「大丈夫だよ、お兄さん。安心して」
「ああ?何言ってんだ?安心できるわけねえだろ!」
「口調変わってるよ。仕方ないなあ【未踏:認可】」


 少年がそう呟くと解けていた身体がビデオの逆再生の様に修復され元に戻る。そういえば今の小学生ってビデオの逆再生って通じるんだろうか?通じないんだろうな。
 それにしても…この少年は何者なんだ?さっきのスキル…【未踏:認可】は普通のスキルとは違う気がする。


「なあ、お前。さっきのスキルもしかして…」
「固有スキルではないよ」


 あ、違うのか。
 俺の考えは否定される。しかし、固有スキルではないのならなんなのだろう。
 俺の考えを読んだのか少年はニッと笑ってこう言った。


「答えが知りたかったらついてきてほしいな」
「…仕方ない。おい、行くぞアンリ」
「はーい、わかりました」


 俺はアンリにそう声をかけるとアンリは立ち上がってこちらについてくる。
 それを見て少年は歩き出したが、突然「あ」と言ってこちらを振り向いてこう言った。


「僕の名前はユウタだよ、よろしくね。お兄さん達」          

「Creation World Online」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く