Creation World Online

かずみ

第1話

「遂にこの日が来た!ああ、何ヶ月待ち望んだことか!」


 そう叫んだ俺の名は鈴鹿秋麻すずかしゅうま。年齢は今年で17になる、男子高校生だ。
 そんな俺が何故叫んだのかというと、俺が手に持っているこの箱である。


 VRMMO『クリエーションワールドオンライン』通称、CWO。通称の時の英語の並びがとても可愛らしいゲームである。
 このゲームは今までのものとは違いなんと驚きなことに、NPCだけでなく敵mobにもしっかりとしたAIが組み込まれていることである。
 そして何より見所なのはそれぞれのプレイヤーに渡される。固有のスキル、もしくは装備や職業ジョブだろう。このシステムを『固有オリジナルシステム』というらしい、そのまんまだ。


「さて、そろそろサービス開始時刻だな。さっさと準備しよう」


 時計を見ると11:30分を示していた、たしかサービス開始が12:00だから早く用意しないといけない。
 別に後でもできないことはないのだがこんなに楽しそうなゲームなのだ、我慢なんてできるはずがない。そう考え俺は早速箱を開けるのだった。
 11:59分俺は自室のベッドの上に寝転び首にチョーカー型の機械『ダイヴチョーカー』をつける。某ラノベの様にヘルメット型ではない。なんでも、これをつけ電源を入れると超小型の針が飛び出し神経と接続、そしてそこから擬似的な電気信号を送り出してゲームをプレイするとか。詳しいことはよくわからん、専門家に聞きやがれ。
 そんなことを考えていると12:00になったので俺はダイヴチョーカーについているボタンを押す。すると目の前が真っ暗に変化する。


 さあ、ゲームの始まりだ。          

「Creation World Online」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く