職業魔王にジョブチェンジ~それでも俺は天使です~

黒水晶

キャンディ・ポリス〜対価~

この閑話、思ったより長くなりそうなので、中編?にしました。


  男は頭の上にある光の輪を指で弾いて笑い、

「悪魔だなんて人聞きが悪い。……俺は天使だぞ?」

  そう言いながら、男は、ジンに背を向け、半円状に囲みながら銃口を向ける強盗達に向かってゆっくりと歩き始めた。

 その男は、サブマシンガンの銃口が向けられているにもかかわらず、特に気負った様子を見せない。

「……誰だ?テメーはどっから来た?」

 強盗のリーダーらしき男が低い声で、急に現れた男に誰何する。その声で、混乱していた強盗たちは幾分、平静を取り戻したようだ。ジャキッと狙いが定められた。

「……おい、なんでもするといったな?」

 だが、男は聞こえないかのように振る舞い、ジンに再度尋ねた。

「する!!ボクに出来る事なら何でもする!!だから――」
「――ならば、ならば、我は甘味を所望する。貴様の最も美味と感じる甘味を我に捧げよ!!」

 まだ春先とは言え、長袖を着ると少し暑い時期だと言うのに男は肌を隠すように黒い手袋をして、ロングコートに身を包み素肌が一切見えない。

「どうした?」
「え?」

 そんな男が仰々しく、両手を掲げ、お菓子を要求する大の大人にジンは呆気にとられていた。何度も念押しをするものだから、命や魂でも取られるのかと思っていたのに甘いものをよこせというのだ。拍子抜けもいいところだった。

 だから、ぐりんっと顔だけ振り返る男にジンはつい聞き返してしまった。

「え、じゃないだろ?お前が美味しいと思う菓子はなんだ?」
「マ、ママの作ったチェリーパイ……」
「旨いか?」
「お、美味しいよ!」

 ジンは元気よく答えた。なぜか、この怪しい男と話していると、心が落ち着いてくる。任せておけば、大丈夫だと、そんな安心感が有った。

 それとも、この事件に巻き込まれるまで当たり前だった、外で遊んでいると、母親に呼ばれ、家に入った瞬間、鼻腔をくすぐる甘ったるく香ばしい生地の焼ける匂い、まだかまだかとパイを切り分ける母親を催促し、皿に乗せられたパイをフォークで刺して口一杯に頬張る。

 あわてて食べたせいで喉に詰まらせ、咳き込み、母親に渡された牛乳を笑われながら飲み干し、しょうがない子ね、と口を拭われる。

 そんな当たり前だった『日常』の風景を思い出したのか、今にも泣きそうだった少年に笑顔が戻っていた。

 ジンの言葉に男は満足そうに頷き、

「ならば、我、クレアシオン=ゼーレ=シュヴァーレンは契約に従い、力を執行する」

 声を張り上げた。

「ヒーロー気取りが!!調子に乗るなよ!!」

 無視をされて怒ったのであろう銀行強盗のリーダーの小銃がクレアシオンに向けて火を吹いた。鳴り響く銃声、恐怖に叫ぶ人質達、それらを聞きながらも強盗のリーダーは騒ぐ人質を黙らせようと天井に向けて威嚇射撃をしようとした。

 銀行強盗として、このまま訳のわからない男に好き勝手されるのは面白くなかった。

 好き勝手させているとせっかく恐怖で従わせている人質達が従わなくなってくる可能性があったからだ。 

 強盗達も好き好んで死ぬわけがない。人質諸とも死ぬのは最後の手段だった。その為には人質には従って貰い確実に逃走する機会を手にしなければ為らなかった。

 ここで異物を見過ごす余裕はない。それに、人質に対する見せしめに調度いいとも思った。俺達は殺すことに一切、躊躇はない、と。

 だが、上げようとした腕は途中で動きを止めることになった。

「なっ!?」
 
 撃ったれたはずの男は死んでいなかったのだ。それどころか、ゆっくりとゆっくりとこちらに向かって歩いて来るではないか。

「こんなので殺せるわけないだろ?」

 そう言ってクレアシオンは右手人差し指と中指の間に挟まっている弾丸を後ろに指で弾いた。

 甲高い金属音が鳴り響き、クルクルと回転して落ちる弾丸が酷くゆっくりに感じられる。この銀行の中にいる人間は開いた口が塞がらなかった。誰もがクレアシオンが脳天をぶち抜かれる光景を幻視していたからだ。

「う、撃て!!殺せ!!アイツをこれ以上近づかせるな!!」  

 ゆっくりと変わらずに歩いてくる男に半狂乱になりながらもなんとか指示を出す。その指示に従い銀行強盗たちは訓練された兵士のように淀みなく一斉にサブマシンガンを構え、引き金を引く。ジンの母親はクレアシオンの後ろの我が子が巻き込まれ、叫ぶが、全ての音がマシンガンの駆動音に飲まれた。

「どうやったか知らねぇが、これで……」
  
 リーダーが手を上げると、鳴り響いていたガトリング音はやみ、銃口から静かに煙が上がる。

 サブマシンガンによる集中砲火。万が一にも逃げ出せないように、弾幕を張り、その光景を見た者たちは、誰もが見るも無残な肉塊に成り果ててしまっただろう、と思っていた。

 だが、言葉が出なかった。

「……どうなってやがる?」

 やっと絞り出した言葉がこれだった。銀行強盗たちは見ている光景を受け入れられずにいた。否、誰ひとりとして、目の前の光景を疑った。それほどまでの異常が起こっていたのだ。

「レディース&ジェントルマン!!紳士淑女、幼子からご老人の皆様方!!これより、他ではお目にかかれないショーをご覧に入れましょう!!」

 無傷のクレアシオンが両手を掲げ、注目を集めてから、惚れ惚れするような、一礼を魅せた。だが、そこに驚いたのではない。無数の弾丸が彼を中心に衛星のように軌道を描いて廻っていたからだ。周囲には一発も着弾した跡が見られない。

「え……?」

 何が起きたか分からず、呆然としている我が子を見つけ、ジンの母親は、その場にへたりこんでしまった。

 クレアシオンは凶悪な笑みを浮かべながら顔を上げ、どこからか取り出した幾何学模様の描かれた仮面をつけた。

「さあ、【傲慢な道化師】によるショーの始まりだ!!――死んでる暇はないぞ!!」

 そういい彼が指を鳴らすと大量出血で今にも息絶えそうだった怪我人の傷が塞がり、土色だった顔色は、血の気を取り戻し、冷えっきていた体は温もりを取り戻した。

 その奇跡――銀行強盗たちにとっては悪夢のような光景に彼らが怯み、一歩また一歩、と無意識に下がり出すと、クレアシオンは大きく一歩踏み出し、仮面をずらした。

「――さあ、欲望の対価を貰おうか?」

 仮面の隙間からは、悪魔のような笑顔が覗いていた――――









お菓子一つで動く天使(自称)!

悪魔のような天使(自称)の笑。【傲慢な道化師】によるショーとは?何を企んでいるのか?銀行強盗たちのトラウマ待ったなし!

ブックマーク・評価・感想よろしくお願いします。

誤字・脱字報告もよろしくお願いします。

「職業魔王にジョブチェンジ~それでも俺は天使です~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く