職業魔王にジョブチェンジ~それでも俺は天使です~

黒水晶

お伽噺

「ここまでくれば、もう大丈夫です」

 突然、大量に現れた敵対反応にソフィアはクレアシオンとリーフを連れて、村の上空に転移してきた。あの量の相手を動けないクレアシオンを庇いながら戦うのは困難な上に現れたのはほとんどが上位悪魔だったのだ。これには驚き、急いで離れることにしたのだ。

「なんだったのでしょうか……」

 青い顔をしながら、ソフィアは疑問を口にする。ひと段落したと思った瞬間を狙ったような出来事だった。

「わからないわ。……もしかして、クレア様の魔力をたどってきたのかしら?ほら、ダンジョンを落ちてきた時の」

 リーフの予想を聞き、ソフィアは頭が痛い、と言うように端正な眉を歪め、頭を押さえた。あの時か、と。実際に悪魔は突然現れた強大な魔力の元を調べに来ていたのだ。驚異を排除するために――――

「それより、早くクレア様を家に返しましょう。ご両親も心配しているわ」
「それもそうですね」

 過ぎたことを言っていてもしょうがないと、ソフィアはクレアシオンを村で唯一明かりが灯っている家の玄関に転移させた。すると、物音に気がついたのか、一人の男が出てきて、傷だらけのクレアシオンを見てクレアシオンに呼びかけている。

 何も反応しないクレアシオンを見て慌て、玄関に向かって、何かを叫んだかと思うと玄関から、一人の男と老人が現れた、何事かと出てきた男と老人は傷だらけのクレアシオンを見て、駆け寄り、呼びかけている。そして、呼びかけに反応しないのを見るや、急いで、家に連れ込んだ。

「傷を直さなくて良かったのかしら?私の回復魔術で直せたわよ」

 一連の流れを見守っていたリーフは疑問を口にした。クレアシオンの傷はソフィアが致命傷など大きな傷は直したのだが、それ以外の傷は一切直さず、その体は傷だらけだったのだ。

「いえ、あれでいいのです」

 そう言い切るソフィアにリーフは首をかしげた。魔力切れだと思っていたのだが、どうやら、考えのあった行動だったようだ。

「あんな、小さな子供が無傷で帰ってきたら、それこそ怪しまれますから」

 その答えに、リーフはああ、と納得した。一人でダンジョンに入って来る時点でおかしいが、無傷で帰ってきたら、それこそ怪しくなる。そうなれば、両親がどう思っていても、村人の中で、クレアシオンを鑑定しようという者が現れてくる可能性があった。そうなってしまえば、クレアシオンは拒否することができず、正体がバレてしまう可能性がある。

 その可能性を少しでも減らすために、あえて、傷だらけのクレアシオンを玄関に転移させたのだ。

「リーフさん、お父様に聞いたご主人様の話をお聞きしてもよろしいですか?」

 ソフィアはずっと気になっていた転生前のクレアシオンのことを聞くため、話を切り出した。

「ええ、いいわよ。でも、ここで話すのは落ち着かないわ」

 空中に立つのが初めてのリーフは落ち着かずにずっとそわそわしていた。ずっと地面に縛り付けられていて、空から見る景色は新鮮で興味が尽きないが、そろそろ、地面が恋しくなってきた。

「わかりました。近くの森に転移します」

 ソフィアがそう言った瞬間、景色が一転した。月明かりが照らす森の中に転移したのだ。森の一部が捲れ上がり、クレーターができている。ここはクレアシオンがヴェーグを召喚したことのある森だった。

「ここなら、落ち着いて話せるわね」

 リーフは森を見回してから、ホッと息をついた。

「お願いします」

 リーフはごほんっとわざとらしい咳払いを一つしてから、

「昔々――――」

 と、子供に読み聞かせるように、透き通った優しい声で、物語を紡ぎ始めた。

◆◇◆◇◆

 昔々、神界の在るところに、女神に拾われた魂がありました。魂は女神を守護する天使となり、仕えることとなりました。

 その天使は女神を守るため、武神と魔神の夫婦に弟子入りしました。朝から晩まで武神と打ち合い、その合間に魔神から魔法と魔術を学びました。

 天使はとても才能があるとは言えませんでしたが、それでも大剣を振るい続け、脳に呪文を叩き込み続けました。まるで、とりつかれたかの様に力を求め続けました。

 そんなある日、ある出来事が起こりました。師匠である武神と武者修行で夜営を行った際、天使が料理をしたのですが、その料理がとても美味しく、

「お前、武術向いてないから、料理人になれ」

 と、師匠である武神に言われました。この時、軍隊バリバリの洗ーー教育を受けていた天使は、武神の言葉を疑わず、料理人に成りました。

 そして、五十年後、天使は神界でも有名な料理人と成りました。

「シェフ!味見を!」
「――焼きが甘い!!やり直せ!!」
「ハッ!」
「今日は、大事な日だ!!俺たちで神界一の店に――――って違う!!」

天使は目指していたものと違うということについに気がついたのです。おそらく、最古のノリツッコミでしょう。五十年越しのツッコミでした。

 天使は引き止められましたが、止めに来るスッタフの手を振り払い、副シェフに店を任せ、再び、武術の扉を叩きました。話が違う、と。

 こうして、天使の辛く厳しい修行が再び始まりました。手足が可笑しな方向に曲がったり、首の骨が折れるぐらいの怪我は日常茶飯事で、たまに女神の回復魔法でも数日は動けるようにならない怪我をしてしまっても、天使は魔術を学び、研究し、体が動かない分、頭を酷使しました。

 その決して揺るぐことのない力への執念とも呼べる熱意に心を打たれた武神は他の武神に話、その日から、天使の学ぶ武器の種類と魔術の系統、師匠が増えました。

 天使は寝る時間を惜しみ、師匠からの無理難題とも言えるような課題をこなしていきました。――――体を休める時間を少しでも確保するために、必死でこなしました。

 しかし、課題をこなせばこなすほど、課題が増え、師匠が増えていきました。その膨大な技術や知識を天使は身につけましたが、彼の師匠たちの彼への印象は才能はないが、根性はあって、教えがいがある、というものでした。

 その後、天使の階級は上がりましたが、何百年と天使の努力は報われることはありませんでした。それどころか、最上級神直々に教わっていることで、他の天使から嫌がらせを受けるほどでした。

 その天使が武神と魔神の夫婦に弟子入りしてから、二千と数百年経ち、その時が来ました。数え切れない武術と魔術の技術が天使の中で化学反応が起きたのです。これまでの努力の実が熟成され、芳醇なワインになるように、これまでの経験が混ざり合ったのでしょう。教えられた技術を次々に取り込み、強くなりだしたのです。

 それに焦ったのは他の神たちでした。最上位天使だった者が自分たち神の領域に突然踏み入れてきたように見えたのでしょう。彼の努力の過程を見ていない者達からすると、急に現れた天使が急激に力をつけてきたように映ったのでしょう。

 自分たちの地位が脅かされる、と考えた一部の神々はその天使の才能が将来、神界を脅かす驚異になると判断しました。神々はその芽を摘むために天使を死ぬ危険のある仕事に向かわせ、事故として消すことにしました。

 しかし、後にこの判断をした神々は後悔することとなりました。天使はその仕事である、魔王殺しや邪神殺しを傷だらけになりながらも、なんとかこなしてきたのです。更に誤算が有ったとするならば、その天使は実戦の経験がないから、すぐ魔王の軍勢に飲まれ、殺されると考えていたことです。

 確かに、天使は実戦の経験がありませんでした。しかし、それが逆に足りないものを補うこととなったのです。実戦で技術を磨き、一人で挑んだことにより、大量の経験値を得て、レベルを上げ、天使になってから三千年と五百年、天使は遂に単純な力や技術では適わなくてもで戦い方次第で最上級神に並ぶ力を手に入れ、神界になくてはならない戦力の一つになりました。

 出る杭は打たれると言いますが、諦めるということを知らない杭を打ち続けた神々は崩すことのできない塔を知らず知らずのうちに造り上げていたのです。

◆◇◆◇◆

 リーフが話し終わったあと、ソフィアは息を吐いてから、少し考える仕草をしてから、

「なんだか、ご主人様が無茶苦茶な訳が分かった気がします」

 その言葉に、リーフは苦笑いしながら言った。

「実は、この話には続きがあるのよ。――――悲しい勝手な神々の思惑に振り回された天使の物語が……」


ありがとうございました。

「職業魔王にジョブチェンジ~それでも俺は天使です~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く