職業魔王にジョブチェンジ~それでも俺は天使です~

黒水晶

響け!!俺の気持ち(破壊音)!!~全異世界まで轟く悪名~

遅れてすみません。テストやサークルで忙しくて……。

ちなみに、今日、テストなんだ……。あはは……徹夜だ(涙)


 クレアシオンが倒れそうなところをリーフが受け止めた。大きく崩れた天井のから、月光が差し込み、スポットライトのように二人を照らしている。人工の煌々と照らすスポットライトの光と違い、優しく差し込む光が二人を照らす様子はなんとなく一枚の絵画のように思える。

「ねぇ、何か悩み事でもあるのかしら?」
「……どうしてそう思ったのですか?」

 リーフは寝てたら、年相応なのに……と呟きながら、クレアシオンを膝枕で寝かしつけ、優しく頭をなでている。

 ソフィアは見抜かれた事を顔には出さないが、動揺した。出来るだけ表に出さないようにしていた事を見抜かれたからだ。

 彼女は逡巡し、そして――――

「聴いて貰ってもよろしいですか?」

 話すことに決め、うつむきながら尋ねる。メイド服を掴むその手は少し震えていた。

「ええ、遠慮は要らないわ。同じこの子の眷属よ?」

 リーフはソフィアに優しく微笑みかけ、悩みを少しでも緩和出来るように相談に乗ると言う。

 それだけ、思い詰めたようにリーフの目には映ったのだ。このままでは潰れてしまう。そんな危なっかしさをソフィアは抱えていたのだ。

「……実は、ご主人様の事がたまにわからないのです……」
「……わからない?」

 リーフは真っ直ぐとソフィアの瞳を見て続きを促す。いまいち、彼女の言うことが掴めないでいた。

「はい……。魔物を笑顔で殺す姿を見ていると、ご家族に向ける優しさが嘘なんじゃないかって……」

 ソフィアはエレノアたちや村の皆と共に過ごしていた時の笑顔が嘘だと思いたく無かった。だが、あの恐ろしい程にまで研ぎ澄まされた触れるもの全てを切り裂き、一瞬のうちに命の火を消し去る様な殺気を目にすると村での姿は全て『演技』ではないのか?とどうしても疑ってしまう。

 そんな筈はない、とそんな思いをかけ消そうと頭を振るが、冷たい全てを凍てつかせるかのような冷たい笑顔が脳裏に張り付いてはなれない。

「そんなこと――」
「――そんなことってどういうことですか!?」

 ずっと悩んできたことをたった一言、『そんなこと』と片付けられては堪らない。それも、今日出会ったばかりの人にだ。

 なにも知らない貴女に何が分かると言うのだ、とソフィアはリーフを睨み付けた。

「ごめんなさい。言い方が悪かったわ。……あんな殺気、近くで受けて恐怖を持ったのは分かるわ。でも、それは貴女に向けられたものかしら?」
「それは……」

 クレアシオンの研ぎ澄まされた淀みない殺気を一身に浴びたリーフだから分かる恐怖。あれは余波ですら、普段の優しさを見ていたソフィアが恐怖を十分に与えうるものだった。

 だが、それと同時にソフィアに向けられたものではなかった。ソフィアは言われてはじめて今までの殺気は自分に向けられたものでは無かったと理解した。
 
 それほどまでに余波とは思えないほど強烈な、レベルとは関係のない――――力の強さに左右されない――――【敵対するもの全て殺す】という意志の元、幾千、幾億もの実戦のなかで削り削られ、研ぎ澄まされてきた本物の【殺意】だった。
 


「それに……演技なら、ここまで必死に……自分の命をかけて守ろうとするかしら?」
「……」

 確かにそうだ。ミノタウロスの時など、まさに死にかけていた。手足の骨は折れ、内蔵などミキサーにかけられたかのようにぐちゃぐちゃになっているのは離れてみていたソフィアにも分かるほどだった。

 ソフィアはそう言われ、なにもいえなかった。あの冷たい笑みを浮かべる彼が本性で演技なら、なにも出来ない子どものように降るまい、苦しむエレノアの姿を見て見ぬふりもできたはずだった。それなのに、勇者をそだて、邪神を倒すという使命のもと、転生した命を危険にさらしてまでエレノアを助けようとしたのだ。

 たとえ、薬草を手に入れ、エレノアを救うことが出来たとしても、村人やアニス達から怪しまれ、職業が【魔王】とバレてしまい、使命を果すのに支障をきたす可能性があったのもにも関わらず、それでも、クレアシオンは悩むそぶりすら見せず、救うことをえらんでいた。

「それに、あの時何をするつもりかわからなかったけど、あのままだったら、確実に私は殺されていたわ」
「そんなはずは……。力差がありすぎます」

 リーフの言葉にソフィアは驚きを隠せなかった。それもそのはずだ。彼女とクレアシオンの間には誰が見ても明白な力の差があった。

 その差はイーヴィル・ブラッドミノタウロスの時のように戦闘技術ではどうすることも出来ない程に――――

「ええ、そうね。でも、その力差を覆す程の何かをしようとしていたわ」
 
 ソフィアの言葉を肯定しながら、それでも覆されるとリーフはいった。

 そんな彼女の様子にソフィアはだから必死に止めたのだと思った。だが、それは違っていた。

「でも、その力には大きな代償が必要だったわ。……使おうとするだけで魂が崩れかける程に――――」
 
 リーフがクレアシオンを止めたのはこういう理由だったのだ。精霊種が持つという精霊眼――――彼女の瞳には軋むように悲鳴を上げながら、確固たる決意を宿した魂が写っていたのだった。

「いえ、正確には一度跡形もなく砕け散った魂をかき集めて取り繕っただけの継ぎ接ぎの魂。……完全には戻らなかったのね。一部が大きく変質してしまっているわ」

 こんなに小さな体でどれ程辛い体験をしたらこんなことになるのかしらね?そう呟きながら、汗で額に張り付いたクレアシオンの髪の毛を優しく払う。

 嫌な夢でも見ているのだろうか。うわ言のように何かを繰り返していた。小さく掠れた声で上手く聞き取る事が出来ないが、守れなかった、約束したのに、とそんな言葉が繰り返されている。

「……私は助かったわ。貴方のお姉さんもきっと助かるわ」

 そう言って、リーフが彼の手をそっと握ると、安心したように静かに寝息をたて始めた。

「……赤と青……壊れそう」

 魂が変質している。これはソフィアにも心当たりがあったのか、ポツリと思っていたことが口に出た。

「ええ、そうよ。二度ともとに戻らないほど変質してしまっているわ。そういえば、貴女も精霊よね?」

 リーフはなぜわかったのか、と眼を見開いたが、目の前の存在が同族だということに気がついた。

 だが、ソフィアはビクッと体を震わせた。

「そうです……」
「なら、精霊眼を――」
「――ですが、私は精霊眼を持っていません。他の精霊が言っているのを聞いただけです」

 消え入りそうな声でそう呟いた。その声からは無力感と後悔が色濃く写し出されていた。ソフィアの心当たりとは彼女がクレアシオンの元を離れる原因となったオーク狩りのあとのことだった。あの日からなぜ、精霊眼を手放したのか、もし、精霊眼を持っていたら、クレアシオンのことを信じることが出来たのではないか、という答えの出ることのない、出たとしても決して結果の変わることのない問いをずっと考えていたのだ。

「そうなのね……。彼の魂は暖かく包み込むような優しい赤い炎と触れる全ての命を凍らせるような冷たい青い炎……そのふたつが混ざり合うことなく燃え盛っているわ」

 ソフィアの表情から何かを察したのか、リーフは精霊眼のことには触れず、魂の状態を分かりやすく告げる。

 暖かい水と冷たい水、元は同じだが、そのふたつが混ざり会わないように彼の魂は大きくふたつに別れていた。前者は時間と共に再び混ざり合うのに対し、後者は時間が解決できるほど単純ではない、ということだ。

 少なくとも二百年以上は――――

「では、そのせいで……」

 魂がふたつ、そうなればふたつの人格があり、もう一つの残忍な性格があるのでは、そうソフィアは思い至った。

 だが、

「いえ、それは違うわ」

 ソフィアの考えはすぐに否定された。

「ふたつに別れていても、紛れもなく同じ彼よ」

 ならばなぜ、というソフィアの問いにリーフは少し目をつぶり、考えながら言葉を紡ぐ。

 それほど魂という無形の物を言葉にして伝えるのは難しいことなのだ。

「そうね……ふたつの炎は深い……もっと根本的な場所で繋がっているわ」
「根本的な……」

 リーフの言葉をおうむ返しにし、ソフィアはこれまでの、ほんの僅かな時間だが、クレアシオンと過ごした時間を振り返り、探す。

 彼を信じたいと思った原因を、信じられなくなった原因を、そして――――

「『守りたい』それが彼の魂の本質よ」
「――っ!?」

 全てのピースがはまった気がした。かかっていた靄が晴れた気がした。

 彼がここにいる理由も、彼が今倒れている理由も、彼が転生した理由も、彼が――――、

「これも……」

 ソフィアの手には杖が握られていた。『死なれちゃ困る』そうぶっきらぼうに渡された物だが、込められた想いは違っていたのかも知れない。

 白銀に漆黒の鎖の様な模様が浮かぶ杖を雫が濡らす。

「私には青い炎は、大切な物に触れるな!って必死に叫んでいるように見えるわ……」

「私は何も知らず……」
「……魂は普通は見えないわ。何があったかわからないけど、この子は気にしてないと思うわ。この子が起きたら、その時ちゃんと話せば大丈夫よ」
「……はい」

 月明かりが照す中、少女のすすり泣く声だけが聞こえていたという。

◆◇◆◇◆

「……すみません。お見苦しいところを」
「大丈夫よ。落ち着いた?」
「はい」

 しばらくして、ソフィアは顔を上げた。その眼は赤く腫れていたが、もう、先程までの思い詰めたような様子はない。

 そんな彼女の様子を見て、リーフは安心したようにほっと息をついた。

 そして、ポツリと呟いた。

「守ってる姿が、守ってる人たちから恐れられるなんて……なんだか。この子を見ていたら、父に話で聞いていた方に似てるわね」
 
 その様子は恋する乙女のようで、頬を染め、ぼんやりと月夜を眺める。

「誰ですか?」

 その姿に、ソフィアに興味を持って聞いてしまった。そう、聞いてしまったのだ。その答えがどんなものかも知らずに……。

 しかし、一度口から出た言葉は戻せない。ソフィアの問いに、リーフは少し頬を赤らめ、モジモジとしながら、胸元からロケットペンダントを取り出した。

「……こう言うのは恋人とか家族の写真を入れるのが普通だけど。子供の時から憧れて、お守り代わりに持っていたのよ。……邪気に飲まれなかったのも、いつかこの人が助けてくれるって思っていたからかしら」

 お守りと言っているが、それ以外の感情があるのは誰が見ても明らかだった。

 そして、ロケットペンダントの蓋を開ける。その中にはクレアシオンがたまに見せるような、全てを凍りつかせるような凶悪な笑みを浮かべている黒髪に金色の瞳のクレアシオンそっくりの男が写っていた。――――とても他人には思えない。髪が蒼銀で、瞳が蒼色なら完全に一致していただろう。

 これは、お守り代わりにもするはずだ。魔除けどころか、邪神も裸足で逃げ出すような悪名高い天使の姿が写されていたのだから。

「な、名前は……」

 ソフィアは、た、他人の空似、似ているだけ……世界には同じ顔が三人居るって言うし、他人の空似よね?まだ、大丈夫……本人と決まった訳じゃないわ、と自分に言い聞かせたが、現実は無情かな。

 リーフの口から紡がれた言葉は彼女に現実を突きつけた。






「神を神とも思わない、幾千もの魔物を統べし【神よりも神らしい天使】【神をも裁きし魔王】【世界の終焉を告げる天使】【ムケツノ魔王】【沈黙の天使】【神界に宣戦布告せし魔王】――――クレアシオン=ゼーレ=シュヴァーレン様よ」
「……恐らく、本人です」
「……えっ!?」

 





◆◇◆◇◆

 時は少し戻り、クレアシオンのを発動した【紅月】の極光が夜空を照らす。

 轟音は大地を揺るがし、解き放たれた紅雷の奔流は辺りを破壊した。クレアシオンの渾身の一撃により、辺りは彼の濃密な魔力に包み込まれ、力のない者は突然現れた魔力を伴う紅い光という恐怖に駆られ、一目散ににげだした。

 だが、それだけではない。強い光というものは色々なものを引き寄せる。

「堕ちた天使……クレアシオン♥何処にいるかと思えば、ここにいたか♠しかも、小さくなって弱くなってるとは……♣」

 黒い雷とともに、黒い赤のスペード、ダイヤ、グラブ、ハートのマークがあしらわれた燕尾服とシルクハットに身を包んだ男が現れた。顔の左上のみを隠した仮面をつけ、アタッシュケースを右手に持っている。

 穴のない仮面によって左目は完全に隠され、男の雰囲気をより不気味なものへと変えていた。

「はぁ……♦あれがあの【紅月】か♠?がっかりだぜ、クレア……♣星を塗り潰す程の威力があった技を使って、ダンジョン一つがやっとかよ♥」

 その男は楽しそうに笑い声を上げていたが、クレアシオンがリーフと対峙し、何かを使おうとした瞬間、表情が変わった。

『……ああ、殺してしまおうか♠♥♣♦』

 先程までと一転して、冷たい声が響いた。

「……行かないのですか?」

 男の声が響き、黒い風が吹き荒れ、仮面の男の横に集束し、少しずつ、人の形を型どっていく。

 黒い風が霧散し、白衣を着た白髪の男が現れた。その男は両目が赤い包帯で隠されているにも関わらず、仮面の男の方を見ている。

「これはこれは、【黒き風と疫病の邪神】殿」

 仮面の男は白衣の男の問いにおどけた口調で恭しく頭を下げた。いつのまにか、彼はペストマスクをつけている。

「喧嘩がしたいなら、買いますよ?【狂騒と狂楽の魔王】様?」

『あぁ♠?』

 仮面の男はペストマスクを外し、左目を隠した仮面に手をかけ、彼の周りには黒い雷が迸り、白衣を着た男は両目を隠した包帯を掴み、何時でも外せる状態になり、皮膚はボコボコと蠢き、彼の体からは黒い煙が吹き出して白衣を揺らしている。

 空気が重くなり、二人の魔力が徐々に強くなっていく。

 二人の様子から、左目しか覆わない仮面や赤い包帯はただのお洒落でわない、と理解させられる。隙間から覗く瞳には禍々しい光が宿っていた。

 だが、

「これ以上やると感知されちまう♣」
「……そうですね。で、なぜ行かないのですか?」

 そう言われ、仮面の男――――【狂騒と狂乱の魔王】は料理をしている。クレアシオンを見て、


「クレアはまだ弱いだろ♦?あんなのと戦っても、すぐに死んじまうじゃねぇか♦つまんねぇだろ♠?」

 と、あっけらかんと言ってのけた。その表情はとても愉しそうで、子どものように無邪気な笑みを浮かべている。

「……これだから貴方には困ります。いつもいつも、そのように……」
「そっちの方が愉しいだろ♣?」

 包帯の男――――【黒き風と疫病の邪神】は頭が痛いとばかりにこめかみを押さえながら、ため息を吐いた。

 彼とは対称的に仮面の男は愉しそうな笑みを浮かべ続けている。いや、質の悪いことに包帯の男が困っている様子を楽しんでいるのだろう。

 そうこうしている間に、クレアシオンが倒れた。

「……さて、私たちはどうしますか?」

 事の顛末を見届けた包帯の男は仮面の男にこれからの事を聞く。

「そんなの決まってんだろ♥?」
「はぁ、わかりましたよ」

 仮面の男は持っていたアタッシュケースの鍵穴に右手の親指を押し付け、包帯の男からは黒い霧が立ちこめる。


『スタートアップ、【機械仕掛けの狂想曲】。……魔力紋……ユーザー……【ジョーカー】……認証』

 アタッシュケースから機械的な音声が響く。それと同時に機械音を響かせながら、開いた。開いたと言っても、アタッシュケースの本来の開きかたではない。

 アタッシュケースだった物は男の手から離れ、空中に浮かび上がりながら、展開する。内部は、青いラインが縦横無尽に走り、蒸気を上げ、男の右腕を覆う様に変型していく。

「【大剣】♠」
『アイアイサー。モードチェンジ【大剣】。……完了』

 仮面の男の声に反応し、その姿が徐々に男の背丈より大きな大剣の形をとっていく。だが、その大剣はとても実用的とは思えないほど、洗練とは対極に位置する様なものだった。

 一言で言うなら、様々な機械を無理矢理、剣の形に組み上げた、と言ったところだろうか、とてもごちゃごちゃとした形をしている。

「『退屈な世界に狂乱を』……♠」
『イエスサー。フレェンズィモード……起動。……完了。ハヴアグッドタイム』

 そのキーワードと共に大剣から禍々しいオーラの様な物が吹き出し、それは仮面の男にまとわりつく。

「……さあ、暗躍を始めようか♠?」

 彼がそう言った瞬間、彼らの背後に無数の気配が現れた。その姿は様々だが、共通しているものは人間離れした容姿だろう。

 そう、無数の悪魔が現れたのだ。

『全ては【友】の為に♠♥♣♦』
「全ては我が【神】の為に」

 二人は悪魔達の元へと歩んでいった――――



【狂騒と狂楽の魔王】さんがログインしました。
【黒き風と疫病の邪神】さんがログインしました。
SF入りましたー!
暗躍入りましたー!

クレアシオンは色々やらかしてるので、色々な世界で逸話が残ってるような、ないような……。

クレアシオンの写真、購入者の声

「こ、こんな写真……ぼ、没収です!ウィルさんと木陰で寝てる姿とか、読書中に寝落ちしてる写真とか……。とにかく、売る前に私たちがチェックします!!」

「な、わ、私がそ、そんなもの買うわけないだろう!……あ、いや、その……こ、こんな写真が出回ったら、アイツの恥だからな……」

「ハァ、ハァ……。この刺すような視線!写真でも、最高ですわ!!」

「このゴミを見るような視線!……また、サンドバッグにしてもらいたいものだ!!がっはっは!!」

「本当に効果が有りました。これを見せた邪神が泣きながら逃げていきました。」

「これを買ってから、悪魔が寄り付かなくなりました」

※これらの商品は女神アリア様と天使イザベラの二人によって厳選されたものです。

クレアシオンの写真(盗撮)が彼の知らないところで魔除けとして販売されています。

「職業魔王にジョブチェンジ~それでも俺は天使です~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く