職業魔王にジョブチェンジ~それでも俺は天使です~

黒水晶

傲慢な道化師

遅くなってすみません。
授業とテストとか、馴れない一人暮らしで書く時間がありませんでした。



あと、五月病でした。……いや、忙しかったんですよ?ほんとですよ。黒水晶ウソツカナイ。



拝啓、お父様。

「う……うーん……」
「お、起きたか?」

 斬られたと思い、目が覚めるとそこには……

「大丈夫ですか?主が失礼をしました」
「え、ええ、大丈夫?よ」

 心配そうに私の顔を覗き込む精霊種の女の子、たぶん、変異種かしら?と。

「そんなことより、食べるか?」
「ご主人様!!」

 無惨に荒らされた私の育てた花壇と無数の腕が忙しなく動き、この世の物とは思えないほどの美しい料理の数々を作り上げ、その料理を凄い勢いで食べている男の子。

 どういう状況かしら?

◆◇◆◇◆

 クレアシオンがドリアードに刀を振るってから、しばらくし、ドリアードが目を覚ました。変わり果てたダンジョンボスの部屋――――主に荒らされた植物達をみて、目を白黒させている。土はひっくり返され、料理の香り付けに使う香草や食べられる植物が無くなり、毒草や本来食べられない植物ですら、根こそぎ食べられていたからだ。

 だが、何もかも魔王によって滅ぼされたかの様に思えたが、まだ希望はあった。クレアシオンが落ちてきた時に一緒に落ちてきた土砂に潰された場所は耕された後があり、早いものは、もう芽生えている。

「起きたか?」

 目を白黒させているドリアードに向け、クレアシオンは料理を方張りながら訊ねた。まだ、状況が飲み込めないのか、少しぼーっとしている。

 その間にも、強欲の腕が料理を次々と作り上げ、クレアシオンが次々と食べる、という一種の流れ作業が展開されていた。

 一体、あの小さな体の何処に収まっているのかしら?と、ドリアードが意味の解らな状況から現実逃避をしていた。

 今日、彼女の身に起こった事は、突然、轟音と共に、崩れることのない筈の家の天井が崩壊し、黒煙を上げるミノタウロス齢5歳程の子供侵入し落ちてきて、いきなり、料理を作りはじめて、食べさせられたと思えば、包丁で斬られたのだ。起きるとダンジョンボスの部屋が荒らされていた。

 災難としか言い様がないだろう。

「大丈夫ですか?主が失礼をしました」

 それを察してか、ソフィアが頭を下げる。クレアシオンと出会って日が浅い彼女はクレアシオンの突飛な行動が読めず、その行動に頭を悩ませていた。

 そんな彼女は、同じ被害者であるこのドリアードが同志の様に思えたのだろう。彼女が向ける視線には同情的なものが含まれていた。

 だが、諦めろ。創造神や付き合いの永いアリアと師匠、鬼狐結成前から彼と交友関係のある魔物も諦めた。『クレアシオンの暴走は自然災害だ。食い止める事は出来ない。嵐が過ぎるのをじっと待つんだ。我々に出来ることは避難だけだ。なに、人的被害は出ない。……ただ、神界の機能が壊滅するだけだ……』と。

「え、ええ、大丈夫?よ」

 ソフィアは言葉を詰まらせながら、なんとかに返事をしたドリアードを見て安堵する。いきなり、斬られた彼女を見て、外傷が無くても心配だったのだ。

 そこに、

「そんなことより、食べるか?」

 ずいっと、料理が盛られた皿を差し出して呑気にクレアシオンが訊ねた。

「ご主人様!!」 

 ソフィアがクレアシオンを怒るのを見て、ドリアードの顔に苦笑いが浮かぶ。だが、ここである異変に気がついた。

「……ウソ。神様でも出来ないはず……」

 そう、あり得ないことだった。邪気は魂を汚染し、変質してしまったら、神でもどうすることもできないと言われていたからだ。だから、諦めかけてしまっていたのだ。

 ドリアードは自信の体をペタペタと触りながら、言葉を溢す。邪気により、痣のように所々、変色していた身体は何事も無かったかように元通りに戻っていたのだ。

 涙が溢れてくる。自分が自分では無くなっていくという言葉にすることの出来ない程の恐怖から開放されたのだ。邪気が少しずつゆっくりと体を――――魂を侵食して自分が別の『何か』に変わってしまう何も出来ず、ただ、一人孤独に恐怖と戦う時間は永遠にも感じられた程だ。

「……怖かっただろ?我慢してた分、思いっきり泣け」

 俯いて嗚咽を鳴らしているドリアードの頭を雑にガシガシとクレアシオンがなでる。身長の低い彼はそのままでは届かないので、土属性魔術で足場を作り、精一杯背伸びをしてなでている。ぷるぷるとつま先立ちをしながら、優しくなでた。

「ええ……。もう、……助からないって……自分を失って……誰かを傷つけるんじゃないかって……」
「……ああ、怖いよな。自分が消えていく感覚は……自分が大切な人を傷つけるのは……」

 ゆっくりと、自我が溶かされ、消えていく恐怖は実際にそうなってしまった者にしか解らない。クレアシオンの場合はアリア達が命懸けで止めてくれたのと、完全に堕ちていなかったことから、助かった。否、助けられた。

 それに、クレアシオンは一度全ての記憶を失っている。何もない白い空間。時の流も感じられない何もないただ何処までも白い空間の中を漂っていた。真っ白な空間で、方角も時間も……自分さえも失うような場所だ。記憶も感情も何もかも真っ白に塗り潰されるような――――。

「……大丈夫?」

 アリアと出会う前の事を思い出していたクレアシオンの顔をドリアードが心配して覗き込んでいた。急にクレアシオンの顔から表情が消えたため、心配したのだ。

「ん?……ああ、大丈夫だ。まぁ、これでも食べろ。食べるってことは生きることだ。お前が足掻き続けて勝ち取ったものだ」

 クレアシオンはそう言って、満面の笑みでビーフシチュウを差し出した。

「ええ、頂くわ」

 ドリアードはクレアシオンからビーフシチュウを受け取った。

「わかったら、もう俺の前であんな顔をするな」
「飯が不味くなるから……かしら?」
「ああ」
「ふふ、傲慢ね」

 ドリアードは涙を流した。だが、それは先程までの悲痛な涙ではない。花が咲いたような笑顔で流れた涙だった。

 クレアシオンはおどけて見せ、タップを踏んで一回転すると、赤を基調とした服装に仮面をつけた格好にはや着替えしていた。

「ああ、俺は傲慢な道化師だからな」

 片手で仮面をずらし、ペロッと舌を出して見せ、恭しく一礼をする。

 いまだ、彼の記憶はまだ戻って来ていない。彼が何者だったか。なぜ、あの場所にいたのか、一切が不明なままだ。

 ただ。記憶を失うときに感じた恐怖のみ今でも残っている。

◆◇◆◇◆

「薬草ありがとな。そろそろ、帰るわ」

 そう言って、クレアシオンは皿を片付けていく。ショートカットダンジョン崩落出来て、予定より一日早いとはいえ、今この時も、エレノアは熱にうなされている。あまりゆっくりとしてられない。

「そ、そうよね。また、来てくれるかしら?私はリーフよ」

 ドリアードは、少し寂しげに訪ねてきた。このダンジョンが邪気で溢れてからは誰もこのダンジョンにこなかった。正確にはミノタウロスに殺されて来れなかったのだろう。

 長い間、一人で苦しんでいたため、再び一人になるのが嫌だった。けれど、引き留めることは出来ない。そんな事をしてしまったら、女の子が死んでしまう。

 そんな葛藤のなか出たのが、『また、来てくれるかしら?』っと言う言葉だ。

「俺はクレア――――クレアって呼んでくれ。また来る」

 そんな彼女の心境を理解して、クレアシオンはまた来ると約束をした。

 ドリアードの体は地面に根を張っている。ここから動く事は出来ない。動かそうとしたら、今のクレアシオンでは力が足りないだろう。

 似たような事を彼は思い出して少し遠い目をした。

 昔、アリアがクレアシオンに一つの種をくれた事があった。心鏡華という、育てた者の心を映すかのように育てた者の心理状態で花の色や形が変わる珍しい花だ。

 少しでも、心を癒してほしい、と。心から笑う事が出来なくなっていた彼に渡したのだ。

 その種をクレアシオンは一生懸命に育てた。まるで、自分の無くしたものを与えるように。大事に育て上げた。

 結果、種は芽吹き――――














 ――――神界は半壊した。魔物化したのだ。クレアシオンの強大な魔力に当てられ、クレアシオンの強い感情に当てられ――――魔物化した。

 その魔物は神界全土に根を深く張り巡らし、神界のほぼ全ての建物が崩壊した。

 その魔物は竜の形を模した植物で、焼き払っても直ぐに再生した。竜の形をしていても、正体は植物だ。蔦で出来た竜が次々と地中から現れ、幸、神や天使には被害が無かったが、建物が崩壊し、仕事が出来なくなり神々は頭を抱えた。神界の機能がほぼ壊滅していたのだ。

 その後、クレアシオン率いる、魔物達によって、その植物型の魔物は植え木鉢に移し替えられ、クレアシオンに【ヘルツ】と名付けられた。今では、【シュヴァレア】に根を張り巡らし、【鬼狐】の一員として防衛戦力として重宝されている。

 因みに、ヘルツが上木鉢に入った状態での姿は竜の草で編まれたぬいぐるみの様な姿で、イザベラが部屋に飾ろうとしていた。



鬼狐の魔物がクレアシオンを慕ってるのはクレアシオンの人柄とか圧倒的な強さとかがあるけど、苦しみを一番知っているからだと思う。理解してくれるとかじゃなくて、同じ苦しみを知っている、或いはそれ以上の苦しみを知っているから。
色々な苦しみや悲しみを知っている人ほど、他人に優しく出来ると思う。

ただ、クレアシオンがまだ子供なのが悔やまれる……。どんな事をしても、カッコつかない……。




神界を潰すことに置いてはクレアシオンの右に出る者はいない。神界に被害を与えた事件ランキングの1位から10位がクレアシオンが起こした事件で殿堂入してます。神界に被害を与えた個人の部ではぶっちぎりの一位。

過去、神界に攻め込んできた邪神たちとの一番大きな戦争でも、神界の二割弱の被害にも関わらず、クレアシオンはよく神界を半壊させていたりします。(クレアシオンの場合は死傷者なし)

「職業魔王にジョブチェンジ~それでも俺は天使です~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く